有縁再見!
ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪
Good Luck!!
友だちがチョコ好きな私にスペシャルなキットカットをプレゼントしてくれました。

Good Luck!と文字が入っている〜
チョコを見る度に、♪Good , Good Luck!と歌いたくなるわ〜

2018020409310000.jpg



真二@節分ライブ
節分ライブ
東京・六本木Room 39
2018年2月3日(土)16:30〜


『PRESENCE』購入者限定トーク&ミニライブの応募者が多数だったことで、急遽同日同会場で有料のライブを開催!
どちらも50名限定なので、有料ライブも完売。
私は購入者限定ライブに当たらなかったので、有料ライブのみ参加しました。
申し込みがギリギリだったので、整理番号は最後の方。
当然入場も最後なので、一番後ろで立って見ることになると想像していた。
でも前の方にポツンとひとつ席が空いていたため、前方で見ることができてラッキー

場内は満席で、かなりびっちり入っている感じ。
真二は入り口から入ってきて、客席の合間を縫って、ステージへ。
「たくさん来ていただいてありがとうございます!この間(横浜パラダイスカフェ)もかなり近かったけど、今日も近いですね。さっきのライブに来ていた人とそうでない人がいるみたいだけど、そうでない人はもしかして外れた人?あははは」
そうですよ!抽選に外れましたよ!
「さっきライブをやったばかりだから、すでにウォームアップされてる感じ。じゃあ、さっきのはリハーサルか?って?そんなことないですよ」
でもなんだか登場早々真二はテンションが高い。やはりウォームアップされてるみたい。

「抽選に当たったからと遠くから来ていただいた方もいて、日本の端と端から(沖縄や九州と北海道ってことかな?)来てくれてましたね。ありがとうございます!」
「先日、長江健次くんのライブに参加して来たんですけど、これがすごかった!かなり盛り上がりましたよ。やばかった。ドラムがすごいんですよ。もうおじいさんだけど。あ、僕ももう人のこと言えないけど。仙波さんがすごいんですよね。それで今日はそのライブをやりたいと思います。バンドはいないけど、いると思ってくださいね。でもまずはこの曲から」
オープニングはなんと♪黙示録
しっとりしていいね〜
そして♪Make it a Paradise
場内が人でびっちりとなった中での"Yeah!"はすごかった。
基本的にお客さんはFC会員のみというのもあるかな。
次にアコギバージョンの♪Modern Vision
歌い終わってから、コップの水を一口。
ここで男性が一人、「真二!」と叫んだので、場内が「おぉ〜」と盛り上がったけど、真二は「おぉ〜男性が呼んでくれましたね。他は誰も言ってくれなかったけど」
確かに

ピアノに移動して、マイクのの位置を調整していたら、マイクが固定せずに動いてしまうことに気づいた。
斜めになってしまい、首を傾げながら、「こうやって歌えばいいんですよ!」とピアノを弾いて、軽く歌い出した。
「でもこれじゃあ、そっち(真二の後頭部しか見えない方角)は困るよね?マイナスドライバー、じゃなくて、プラスのドライバーありますか?」
すると店のスタッフがドライバーを持ってきて、真二に手渡すと、真二は自分でネジを締め始めた。
場内からは「え?自分でやるの?」と言う声。アーティストにやらせちゃうの?
真二はしっかり固定したのを確認して、
「じゃあ、ここでじじいの♪キャンディをやりましょうかね」
パラパラとした拍手に、「あれ?いま、やりましょうかねって問いに誰も答えてくれないんですか?」
もう一度やり直して、大きな拍手の中、♪キャンディへ、と思いきや、♪キャンディキャンディのイントロ。
でも♪キャンディキャンディを歌うのではなく、♪キャンディのオリジナルのイントロへ流れ、その後ライブバージョンのイントロへ、3段階のイントロからの♪キャンディ
なかなか聞けないバージョンだけど、それにしても真二は器用だなあ。

トークで、急に「最近の相撲問題はどう思う?」と真二
「誰か相撲女子はいる?」
誰も手を挙げなかった。実は私はかつては相撲女子だったかも。今は以前ほど興味はないけど。
すると今度は「じゃあ、真二女子は?」
ほとんどの人が手を挙げた
でも挙げそびれたのか、瞬時に反応できなかったのか、手を挙げてないファンもいて、
真二は「挙げてなかった人がいたね!」とツッコミ。
私はちゃんと挙げましたよ
教育や平和の話をして、「ちょっと久しぶり」と♪下柚木の丘はいつだって
Vote for Peaceのタオルを出しながら、「もうみんなは知ってるよね。Vote for Peace」
なぜか真二の後にみんなで復唱。
「Vote」
"Vote"
「for」
"for"
「Peace」
"Peace"

「この間の神戸のライブだけど、本当にすごかったんだよ。当日にちょろっと合わせただけのものもあったけど、そういうのって化学反応が起きるもんだね。次の曲の途中からバンドが加わるんだけど、今日はいないけど、いるような気持ちで聞いてください」
その曲は♪OUR SONG
私は2年連続で見に行っていたけど、今年は行けず。この曲がすごく良かったと噂では聞いていた。
今日はバンドなしだけど、その雰囲気が味わえて良かった。
あのエンディングのところで盛り上がったんだろうなあということが想像できた。

歌い終わって、真二もはぁはぁ。
「この曲って最後は息してなくて、いつも息苦しくなっちゃうんだよね」
それだけ入り込んでパフォーマンスしてるってことだよね。
聞いてる方も息してないかも?!
「そうだ!せっかくだからここで乾杯でもしましょう!僕にも何かお願いします!」
ビールが用意され、スタッフがステージに運んでいくと、「え?もしかしてこれってビールですよね?いや〜困ったなあ。まだ仕事中なんだけどなあ。皆さんもどうですか?待ってますよ」と言ったけど、すでにみんなドリンクはあったので、ビールを注文する人はいなくて、「じゃあ、今日は節分なので、新しい年の始まりってことですよね。Happy 節分!乾杯!」

ピアノに戻ろうとしたら、「すみません!(譜面で)見えません」という声が。
「あ、ごめん!いつもどかすのに、忘れてた。ごめんね〜」と譜面台を動かす真二
「じゃあ、こうやって歌おうか?」とさっきのマイクが傾いていた時のように、首を傾げて、その譜面が邪魔で見えないと言うファンに向かって歌う真二

「今年還暦になるけど、今日が節分で新しい年の始まりで、気持ちを新たにしますね。誰か豆を持ってませんか?豆を投げてもいいですよ。鬼は僕ですかね。僕に投げてもいいですよ。」
残念ながら、誰も豆を持ってきてなかった。
「今日は間に合わなかったんですけど、赤い衣装、すごいのを用意してるんですよ。ただのちゃんちゃんこです。あはは。まんまじゃん!あれ、なんで赤いのを着るんでしょうね。魔除けかな。知ってる方は事務所までご連絡ください」

今年、どこかで赤い衣装を着る真二を見られるかも。

「じゃあ、ここでロックな曲をやるよ!今ビールを飲んじゃったから、げっぷが出ちゃうかも?近い席の人は近いなりの弊害があって、げっぷとか出ちゃうかもしれませんので、ご注意ください。」
まずは♪Sweet Baby
これは長江カフェのライブでは毎回やっている。
長江さんのリクエストでやってるんじゃないかな。
めちゃかっこいいです。

次の♪タイムトラベルでは、久しぶりのフルコーラス!!
そして「ここで本当はバンドのソロになるんだよね。どうしようか。そうだ!みんなにソロをしてもらおう。じゃあ、テーブルごとに何か余興して!」
え?余興?そんな急に言われても・・・・。
♪時間旅行のツアーはいかが〜のコラース部分で各テーブルのソロ。
「はい。そこ!」
私のところのテーブルが最初。
最初に回ってきたので、打ち合わせする暇もなく、どうしようと思いつつ、とりあえずみんなで歌った。
「歌うだけでもいいんだよ。踊ってもいいし」というので、
歌いながら、両手を挙げてゴスペル風に左右に振ってみた
それでOKとされて、次のテーブルへ。
ほとんどのテーブルがやはり歌うだけになってしまう。
一部はハモったりしてるところもあったけど。
真二は「踊って!」と何度か言ってたけど、踊る人はいなかった。
最後は「カウンター!」
一番後ろはカウンター席。
カウンターの人たちは拝むポーズで歌っていた。
真二は「え?何?拝み系?
そう、カウンターの人たちは念仏風に歌っていて、場内は大ウケ。
「拝み系ならちゃんとこうしてよ」と本当に読経するみたいに歌って見本を聞かせる真二
カウンターの人たちは一生懸命やっていたけど、拝み系は低く歌うので、聞こえにくい。
真二は「聞こえないから、みんな静かにして!」
いや〜実に面白かった。
真二もだいぶ気に入ったらしく、「ソロコーナーは面白かったので、またどこかでやりたいです。みんな練習しておいてね。一気飲みでもいいし、早食いでもいいよ。あはは」
練習しておくって言っても、いつも同じ人たちと同じテーブルなわけじゃないから、どう練習すればいいんだ?
いつどこで急にソロを振られるかわからないので、全国のファンの皆さんも何か考えておいてくださいね(笑)

次の♪雨のハイウェイにすぐに行きたかったみたいだけど、エレピの音色を切り替えるのにちょっと手間取ってしまい、「ちょっと待って!」
でもイントロを弾いた瞬間、場内から歓声。
歌い終わってから、「これって色々変えられるんだよね。でもすぐにできなくて。ホンキートンクもできるんだ」と言って、ホンキートンクの音色にして、ホンキートンクピアノをちょっと弾いてくれた。

「そろそろ時間になりました。最後の曲です」と言ったら、いつものように「え〜〜〜〜っ!」
そしていつものように「大きい声じゃ言えないけど、実はこの後.....」と言い出したので、
「まだ曲を用意してるんですよ」と言うのかと思ったら、
「曲は用意してないんです」と言ったので、すごい声で「え〜〜〜〜っ!
真二は「さっきよりすごい声だったね。本心の声だね」
「とにかく最後の曲です!」
最後は♪Wake Upだったので、スタンディングになりました。
ところが「う〜ん、この曲は座った方がいいかも。多分後ろは見えないかもしれないから。座ったままで足を鳴らしたりして盛り上がってね。下の店に迷惑かもしれないけど」
と言うことでみんな座って、♪Wake Upを楽しんでました。
ただ、盛りがってるサビでマイクが動いちゃって、「Let's..... Let's.....なんかCDのデジタル飛びみたいになっちゃったね。あははは」

アンコールがかかると、「座っているけど、これはスタンディングオベーションですね」
ギターに移動して、譜面をパラパラ。
「あ、これか。あ〜これもあるね。ふ〜む」と言いながら、今度はチューニング。
チューニングしながら、歌うと、「今のは曲なんだよ。新曲!」
もちろん新曲ではないですよ。チューニングしながら言葉を乗せていただけ。真二ノリノリです。

「本当にこの間のライブはやばかったですよ。もう鳥肌もの!会場がチキンジョージだけにね」
このジョークに会場は大ウケ、大拍手
真二は予想以上のウケに、「本当に?そう?じゃあ、夕方の番組に出られるかな」と笑点のテーマ曲を歌ってました。
今日の真二のジョークはキレてるね!

アンコールは♪てぃーんずぶるーす
歌の途中で「知ってますか?」と聞くことがよくあるけど、今日は「知ってるよね?」
もちろんみんな知ってますよ!

いつもライブはとても楽しんでいるけど、今日はその前のライブでウォームアップされ、最初からテンションが高かったせいで、真二も最初から飛ばしてるし、ジョークも楽しい。
「なんだかみんながアーティストを見に来ると言うよりも、僕がみんなを楽しみに来てるみたい。ツッコミどころ満載なんだよ。みんなは」って。
私たちが真二を楽しんでる間、真二も私たちを楽しんでるのね。
実に楽しいライブでした。
そうそう、今日のライブは特に名前はついてなかったけど、真二がライブ中に何度か「節分ライブ」と言っていたので、『節分ライブ』としました。

♪黙示録 (ag) from 『Feel Happy』
♪Make it a Paradise (ag) from 『Make it a Paradise』
♪Modern Vision (ag) Single
♪キャンディ (p) Single
♪下柚木の丘はいつだって (p) Single
♪OUR SONG (p) Single
♪Sweet Baby (p) Single
♪タイムトラベル (p)♪ Single
♪雨のハイウェイ (p) Single
♪Wake Up (p) from 『natural high』

〜アンコール〜
♪てぃーんずぶるーす (ag) Single


スケジュール更新 2018.1.27
FM aiai尼崎『music♪energy』
毎週日曜 13:30~
2015年10月より毎月1回第一週に出演

40周年記念CD『タイム・トラベル40th シングルコレクション』
発売:2017年7月26日(水)
*デビュー40周年を記念して、レコード会社の垣根を越え、40曲のシングル曲が収録されてます。
真二本人によるライナーノーツが全曲あります。

コロムビア・イヤーズ・コンプリート発売
発売:2017年9月20日(水)
*日本コロムビア在籍時代の作品が5枚組のCDでコンプリート

================================
長江健次Cafe 2018
日時:2018年1月28日(日) 開場16:00 開演18:00
会場:兵庫:神戸チキンジョージ
料金:前売6000円 当日6500円(別途ドリンク代500円)
出演:長江健次/原田真二/仙波晴彦/高橋香織
*全席自由

RainbowtownFM 『Crystal Rainbow Club』
放送:2018年2月12日(火) 21:00〜22:00
*生放送!!

http://www.クリスタルレインボークラブ.com

https://www.facebook.com/crystalrainbowclub/

原田真二トーク&ライブ〜ライブ歌謡選抜 Vol.3〜
日時:2018年2月23日(金) 開場18:30 開演19:00
1st 歌謡選抜公開収録 原田真二 MC:長井英司 鈴木啓之
2nd ライブ
会場:東京・Space mo 池袋
料金:前売り5500円 当日6000円
*入れ替えなし

40th Anniversary All Japan Tour in 大阪
日時:2018年2月25日(土) 開場15:30 開演16:00
会場:大阪:心斎橋BIG CAT
料金:前売7000円 当日7500円(別途ドリンク代600円)
*全席自由(整理番号順入場)

青春ヒットソング グラフィティ
日時:2018年3月3日(日) 開場16:15 開演17:00
会場:東京・狛江エコルマホール
料金:全席指定 5000円
出演:原田真二/杉山清貴/サンプラザ中野/中西圭三

Sharing〜シェアリング〜 2018 in 新宿
日時:2018年3月17日(土) 開場14:00 開演14:30
会場:東京・全労済ホール スペース・ゼロ
料金:全席指定 前売2800円 当日3300円
出演:いわさききょうこ/岡崎倫典/桜田マコト&石野ゆうこ/沢田知可子/庄野真代/中川五郎/原田真二/PANTA/わいわい合唱団with田川律&竹田裕美子

詳細やチケットの申し込みなどは公式サイト公式ブログでご確認下さいませ。


スター・ウォーズ 最後のジェダイ
スター・ウォーズ 最後のジェダイ Star Wars The Last Jedi(米)(2016)(日本公開2017) +0.5

監督:ライアン・ジョンソン
出演:マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライバー、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック


ルーク・スカイウォーカーマーク・ハミル)の居場所を突き止めたレイアキャリー・フィッシャー)率いるレジスタンスは助けを求めるため、レイデイジー・リドリー)にライトセイバーを持って、迎えに行かせた。
ところがルークは全く興味がなく、チューバッカの説得にも首を縦に振らなかった。

逃げても逃げてもファースト・オーダーの艦隊に追いつかれてしまうレジスタンス。フィンジョン・ボイエガ)は警備員のローズと、追跡装置を切る為に、暗号解読者を見つけ、ファーストオーダーの艦隊に潜り込む事に成功したが・・・。

"衝撃のスター・ウォーズ"が今回のキャッチフレーズ。
何が衝撃か?
やはりルークが消滅してしまう事かな。
それに全体的なトーンが暗い。
私にとっての衝撃はスノークがカイロ・レンにあっさり殺されてしまったこと。
結局スノークって何者だったの?
悪者がここでいなくなってどうする?

私は最初見た時に謎だらけで、『フォースの覚醒』の方が面白かったと思ったけど、
2回目にルークの視点で見てみた。
ルークが消滅する時、空に2つの太陽。
そしてあのルークのテーマ曲(?)が流れて来て、じ〜んとしてしまった。
ルークは妹レイアのため、弟子レイのため、レジスタンスのため、最後の力を振り絞って消えていく姿に感動。

エピソード9ではルークは霊体で登場するのかな。
レイアは?
レイの出自は?
カイロ・レンはダークサイドに堕ちてしまう?
いろんな謎が解けるんだろうね。
待ち遠しいわ。


ブレードランナー2049
ブレードランナー2049 Blade Runner 2049 (米)(2016)(日本公開2017) +0.5

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、ロビン・ライト、マッケンジー・デイヴィス、カーラ・ジュリ、レニー・ジェームズ、デイヴ・バウティスタ、ジャレット・レト


2049年ロサンゼルス
ロサンゼルス市警の捜査官Kライアン・ゴズリング)は旧型レプリカント、レクサス8号の"解任"の任務のため、スピナーを飛ばして農場にやってきた。
農夫となっているネクサス8号のサッパー・モートンデイヴ・バウティスタ)は死闘の末、Kによって"解任"されてしまう。
その後モートンの家の敷地に箱が埋められていることを発見し、上司のジョシロビン・ライト)に報告。
その箱には骨が入っていて、それがレイチェルショーン・ヤング)のものと分かり、かつての"ブレードランナー"であるリック・デッカードハリソン・フォード)を探しに行く。

続編が作られる事に一抹の不安を抱えながらも、公開が待ち遠しかった。
映画は『ブレードランナー』の世界観そのままでありながら、美しく新しい。
2049年のロスはますます荒廃が進み、ブレードランナーでさえレプリカントということに衝撃を受けた。
以前より言われている「果たしてデッカードはレプリカントか?」という疑問に明確な答えはないまま。
けれどレプリカントのレイチェルとデッカードの間に娘が生まれていたので、
二人共にレプリカントだったら、それはないと思うので、デッカードは人間なんじゃないかな。
レイチェルは特別なレプリカントだったから、生殖能力があったのかも。
その娘を奪われてしまう(研究対象にされる?)ことを恐れ、デッカードは完全に娘とは連絡を断ち切って、ずっと隠れていた。
今回Kの計らいで再会するシーンに感動。
レイチェルのコピー(クローン?)みたいのが出てきた時にはびっくりしたよ。
すでに亡くなっているという設定だったから、デッカードの気持ちを思うと、辛かったわ。
ただ、彼はすぐにニセモノだと見抜いたけどね。
瞳の色が違うと。

やっぱりこの世界観は好きだなあと改めて思った。
前作で描かれていた2019年は来年だけど、あと1年で車が空を飛ぶことはないだろうね。
2049年(私はいないかも)も映画ほど進化はしてないだろうね。
今回、AIのジョイちゃんがめちゃくちゃ可愛かった。
いろんな服に着替えたりして、どれもこれも可愛い。
あんなAIだったら欲しいなあと思う男性は多いんじゃないかしらね。
特別な機械を買えば、外に"持ち歩く"事も出来るらしいから。
女性向けにイケメンのAIも作って欲しいよね(笑)




プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する