ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪
茶水
2018年04月15日 (日) | 編集 |
香港映画界には『茶水』という香港特有のスタッフがいます。
名前の通り、出演者やスタッフのお茶を用意する人。
食事の時間にお茶を出してくれるみたい。
私もやってみたいって思ったわ。

レッドカーペットに何やら場違いなおばちゃんがいて、一体誰?って思ってた。
レッドカーペットのリポーターが「わぁ〜ポーリーナ!」と大騒ぎ。
茶水と言ってるのは聞き取れたので、茶水のおばさんというのはわかったけど、なんで授賞式にいるんだろうと思った。

そしたらなんと『専業精神奨』という特別な賞を受賞した!
ジャッキー・チェンから賞を手渡されていて、しかも場内がスタンディングオベーション。
彼女についてコメントしてるスターたちの映像も流れ、
相当有名な茶水おばさんなんだわ。

スタンディングオベーションというのはある程度したら、みんな座るんだけど、
彼女がスピーチしてる間、ずっとみんなは立ったまま。
いかに香港映画の世界では茶水というのがとても重要な仕事なんだということがわかる。
いろんなスターたちのお茶の好みも覚えているんだろうか?
茶水おばちゃんのご機嫌を損ねると、撮影にも影響が出るとか。

香港特有といえば、香港アカデミー賞には『アクション賞』というのもある。
『動作設計』の賞なので、アクション指導とアクションの振り付けというか、デザインがいいってことよね。
今年はサモハンがノミネートされてたね。




香港アカデミー賞生中継
2018年04月15日 (日) | 編集 |
毎年楽しみにしてる香港電影金像奨(香港アカデミー賞)の授賞式。
以前はネットラジオで聞いていたけど、2〜3年前からネットで生中継してくれるようになったから、映像も見られるようになった。
レッドカーペットに華仔が登場して、思わず「きゃ〜っ!」
PC画面に映る華仔に手を振ってしまったわ

もうすぐ授賞式が始まる。
楽しみ〜

http://hkfa.tfidm.com



真二@いしだちゃん祭り Vol.109
2018年04月15日 (日) | 編集 |
いしだちゃん祭り Vol.109
東京・渋谷LOFT9
2018年4月14日(土)開場18:00 開演18:30


開演時間から見ることはできなかったけど、私が会場に到着した時は、
お笑いライブの前半の半分ぐらいだったかな。
今回の出演者ではパーマ大佐とタブレット純しか知らなかったけど、パーマ大佐はオープニングだったらしいので、見逃してしまい残念でした。
タブレット純は生で見ることができた!
中性的で話し声も優しいけど、歌う時には低く太い男性らしい声が出るのね。
歌謡漫談的な感じだったけど、最後には歌も聞かせてくれました。
なかなか個性的で面白かった。

真二の出番の時にはセッティングあるから、休憩時間になるのかと思ったら、そうではなくて主催の石田さんとアシスタントの女の子が出てきて、セッティングの間、おしゃべり。
真二のプロフィールを紹介し、アルバムが初めての初登場1位を記録下とか、10代で武道館公演をやった最初の男性ソロアーティストであるとか石田さんが言ってましたが、アシスタントは若くて、多分ピンと来てない感じでした。
石田さんは何度か真二にインタビューをしたことあり、今回その縁で、イベントの主旨を説明して、「"出ていただけますか?"とオファーしたら、快く引き受けてくださいました!」とのこと。

このイベントはお笑いライブですが、今回の隠れテーマが"松本隆SONGS"ということで、
出演者の交代時間には松本作品の曲が流れてました。
♪ルビーの指環、♪ロマンティックが止まらない、♪バチェラーガールなど。
そしてスピッツ版の♪タイムトラベルも流れたよ〜

やっと真二の出番!
ギターの準備をしながら、「僕も何かお笑いやりましょうか?あはは」
「ぶっつけ本番でやります」って、リハーサルはしてないのかな。
ギターの音を出すと、音が大きすぎて、「ちょっとうるさいよね?もう少し下げてもらえますか?」
ギターの音量調整が終わり、♪Make it a Paradiseでライブ開始!
「僕はお笑いライブを見るのは初めてなんですけど、裏で聞いてて面白かったです。テレビで見るのとは全然違いますね。最初から見たかったなあ。」

キーボードに移動して、
「原田真二ってわかりますか?今日の客層がよく分からないんだけど、下は?小学生?じゃあ、上は?」と聞いたら、年配の女性が手を挙げてました
「バックステージはすごいことになってますよ。たくさんの芸人さんがいて、僕は"この人誰?どこの芸人?"って感じで見られてるみたいでした。」

「代表曲をやりますね。♪キャンディです」というと知ってる人がいたみたいで、歓声が上がってました。
ここで、♪キャンディキャンディ。
ウケていて、「最近は♪キャンディキャンディを知らない世代もいるんですけど、今日はわかってくれてよかった。あははは」
「それじゃあ、僕の♪キャンディを」と♪キャンディ
"真二コール"に「今日は17人の親戚筋が来ていて....。驚いたでしょ?」
お笑いライブということで、男性客も多く、みんなでやった"真二コール"は元気でした。

「次の曲は、さっきスピッツのが流れていたけど、♪タイムトラベルは僕の曲なんですよ」と言ったら、場内から「えっ?」という声も聞こえ、がちょっとざわざわ。
もしかしたらスピッツの曲だと思っていた人がいたのかも。
「若い人たちがカバーしてくれるのは嬉しいですよね」とオリジナルの♪タイムトラベル
今日は歌詞もオリジナル通りに、"ここは東京"
だって、実際に東京だからね。
そして今日もみんなで合唱しました。

ギターに移動して、「早いものでもう時間が....」
真二の持ち時間は30分なのでね。
「最後はデビュー曲ですが、これを歌うには僕はtoo oldかな。だって♪てぃーんずぶるーすだから」
ということで、♪てぃーんずぶるーす

アンコールではキーボードに移動。
「確か今日は熊本地震からちょうど2年になりますね。まだまだ仮設にいる人もいます。今日のお笑いライブで爆笑をして、その笑顔を持ち帰って、周りの人に笑顔を伝染させてください。」と震災支援についての話をして、
「19歳の時の拙い歌詞ではありますが、聞いてください。」
最後は♪OUR SONGでした。
みなさん、聞き入ってるようで、最後にスタインディングオベーションをした人もいました。

真二のライブ後は休憩時間。
真二は早速外のテラスに出てサイン会。
40周年のパーカーが欲しかった私は「パーカーはありますか?」
「3枚だけですけど」と出して来たので、見ていたら、
横から真二が「全部買い占めちゃえば?」
「いえいえ一つで大丈夫です(笑)」
もちろん一つだけ買いました。
この日、3枚しか持って来てなかったのか、最後の3枚か分かりませんが、数に限りがあるかも。
今、行われてるAll Japan Tourの会場で買えるかなと思います。
今の季節にはちょうどいい1着だね。

今日も楽しかったです

♪Make it a Paradise (ag)
♪キャンディ (p)
♪タイムトラベル (p)
♪てぃーんずぶるーす (ag)

〜アンコール〜
♪OUR SONG (p)



スケジュール更新 2018.4.14
2018年04月14日 (土) | 編集 |
FM aiai尼崎『music♪energy』
毎週日曜 13:30~
2015年10月より毎月1回第一週に出演

40周年記念CD『タイム・トラベル40th シングルコレクション』
発売:2017年7月26日(水)
*デビュー40周年を記念して、レコード会社の垣根を越え、40曲のシングル曲が収録されてます。
真二本人によるライナーノーツが全曲あります。

コロムビア・イヤーズ・コンプリート発売
発売:2017年9月20日(水)
*日本コロムビア在籍時代の作品が5枚組のCDでコンプリート

雑誌 『Fine』連載
毎月9日発売
2018年4月号(3/9発売)より「あの人にアンコール」連載スタート

『A面に恋して』
発売:2018年3月16日
*インタビューが掲載されてます。

================================

いしだちゃん祭りVol.109 〜アバンギャルドで行こうよ
日時:2018年4月14日(土) 開場18:00 開演18:30 
会場:東京・渋谷LOFT
料金:特別価格4000円+1オーダー500円以上(整理番号付き)
出演:ねじ/三福エンターテイメント/Gたかし/ゾフィー/東京ホテイソン/土佐兄弟/おぐ/タブレット純 他
HALF TIME -FRONT ACT-原田真二

Shinji Harada Premium Night Vol.14
日時:2018年4月19日(木) 開場18:30 開演19:00 Dinner 20:30
会場:大阪・RUIGI Douyama(るいじ堂山)
料金:16000円(ライブ ディナー フリードリンク プチギフト)
出演:原田真二/岡澤方子
*完売となっています。

40th Anniversary All Japan Tour in 佐賀
日時:2018年4月20日(金) 開場18:00 開演18:30
会場:佐賀・佐賀市文化交流プラザ交流センター エスプラッツホール
料金:前売4800円 当日5000円(税込)
*整理番号順入場・自由席
*別途アフターパーティあり(別料金)

40th Anniversary All Japan Tour in 福岡(美音プレミアムコンサート オープニング特別公演)
日時:2018年4月22日(日) 開場14:30 開演15:00
会場:福岡・田川 池のおく園 美音
料金:12000円(飲み物代は別途)
*昼の食事12:30〜 夜の食事17:30〜

40th Anniversary All Japan Tour in 奈良
日時:2018年4月28日(土) 開場16:30 開演17:00
会場:奈良・ビバリーヒルズ
料金:前売6500円 当日7000円(別途2ドリンク 1000円)
*整理番号順入場・自由席
*別途アフターパーティあり(別料金)

40th Anniversary All Japan Tour in 京都
日時:2018年4月29日(日) 開場15:30 開演16:00
会場:京都・Blue Eyes
料金:前売6500円 当日7000円(別途1ドリンク 500円)
*整理番号順入場 自由席
*別途アフターパーティあり(別料金)

GWスペシャル 小田原ダイナシティpresents原田真二ミニライブ
日時:2018年5月3日(木祝) 14:00〜
会場:神奈川・小田原ダイナシティ ウエスト1F キャニオンステージ
http://www.dynacity.jp/cm/sp/news/7216
*観覧自由

高槻JAZZ STREET2018
日時:2018年5月4日(金) 16:00
会場:大阪・高槻市立桃園小学校グラウンド内(FM COCOLOステージ)
*入場無料
https://cocolo.jp/pages/pickup_detail/1171


第1回大阪大人バンドコンテスト in Vintage Cafe 昭和
日時:2018年5月5日(土祝) 
会場:大阪・Vintage Cafe 昭和
*審査員として参加します

Living Radio Show
日時:2018年5月23日(水) 開場18:30 開演19:30
会場:東京・渋谷 plus LIVING ROOM & DINING
料金:7000円(税込 飲食代別途)
*別途アフターパーティあり(別料金)

40th Anniversary All Japan Tour in 盛岡 〜原田真二ライブ&トーク〜
日時:2018年6月1日(金) 開場17:30 開演18:30
会場:岩手・盛岡市民文化ホール(小ホール)
料金:前売5800円 当日6000円(税込)
*整理番号順入場・自由席

40th Anniversary All Japan Tour in 香川 〜原田真二と唄おうwith100人コーラス〜
日時:2018年6月3日(日) 開場13:30 開演14:00
会場:香川・志度音楽ホール 大ホール
料金:前売6500円 当日7000円
*整理番号順入場・自由席
*別途アフターパーティあり(別料金)

長江健次cafe特別公演〜いろいろありましてん〜
日時:2018年6月20日(水) 開場18:00 開演18:30
会場:東京・マイナビ赤坂BLITZ
料金:前売5000円 当日5500円(1ドリンク 500円)
出演:伊藤銀次/杉真理/原田真二/井上昌己/久宝留理子/鈴木結女/宮崎隆陸/久保田洋司(The東南西北)/長江健次/長江健次バンド
オープニングアクト:越野翔子/call....it sings
*全席自由

40th Anniversary All Japan Tour in 岡山
日時:2018年6月29日(金) 開場18:30 開演19:00
会場:岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
料金:前売6500円 当日7000円(別途1ドリンク 600円)
*整理番号順入場 自由席

40th Anniversary All Japan Tour in 松江
日時:2018年6月30日(土) 開場16:30 開演17:00
会場:島根・松江 LIVE&BAR Mix
料金:前売6500円 当日7000円(別途1ドリンク 500円)
*整理番号順入場 自由席
*別途アフターパーティあり(別料金)

40th Anniversary All Japan Tour in 鳥取
日時:2018年7月1日(日) 開場15:30 開演16:00
会場:鳥取・After Hours
料金:前売6500円 当日7000円(別途1ドリンク 500円)
*整理番号順入場 自由席
*別途アフターパーティあり(別料金)

FOREST JAZZ
日時:2018年7月27日(金) 受付・ディナーバー 17:30〜
開場:18:00 開演:19:00 終演:21:00
会場:東京・池袋 リビエラ東京
料金:6500円
*MUSIC&DINNERセットもあり


詳細やチケットの申し込みなどは公式サイト公式ブログでご確認下さいませ。



ラーメンが喉を通らない!
2018年04月13日 (金) | 編集 |
『FINE』連載第2弾。
小学生時代のエピソード。
内容的には知ってる話が多かったけど、合唱団の写真は初めて見たかも。

真二が放送が終わったら、ショックでラーメンも喉を通らなかったほど大好きだったという『ザ・モンキーズ・ショー』
私も大好きだったなあ
但し、私が見たのは80年代のリバイバルブームの時で、高校生だった。
モンキーズのレコードは全部買ったし(ブームに乗っかりレコードは全て再発されたのよ)、メンバーのソロ活動のレコードまで買ったよ。
映画も見に行ったし、ソロだけど、来日公演も見に行ったよ。
番組は音楽も良かったし、ドラマも楽しかったなあ。

ピーターがベルトのバックルの位置を少しずらしているのがカッコよかった。
多分バックルでギターを傷つけるのを避けるためだと思うけど。

何年か前にスカパーで放送されていたのも見ていたよ。
また放送されたらいいなあ。