有縁再見!
ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪
真二@40th Anniversary All Japan Tour in 横浜
40th Anniversary All Japan Tour in 横浜
神奈川・横浜パラダイスカフェ
2018年1月20日(土)17:00〜


私にとって今年初のライブ!!楽しみ〜
ライブは定刻にスタート。
この店ではいつも真二は厨房から出てくるのよね。
客席の間をぬって、ステージへ。
客席とステージは段差もほとんどなく、すぐ目の前にお客さん。
キーボードの前に座った瞬間に「近いっ!」と真二
目の前のお客さんも照れちゃうよね。
「もしかしてここの席はE万(3万)ぐらいですか?(その隣のテーブルを指して)そこはD万(2万)ぐらいかな。あはは」
「お茶の間ライブみたいだね」

いきなりキーボードを弾き始めた。
お、これは久しぶりの通称♪Welcome Songだわ。
時々やってくれるんだけど、即興でメッセージを歌にするもの。
♪40周年を迎えられて、皆さんありがとう
♪心の底から言わせてもらいます I Love You Baby!

最後のI Love You Babyは囁くように言って、「あ、ちょっとエロかった?」
もっともっとたくさん歌ってくれたけど、全部の歌詞(メッセージ)を覚えてなくてすみません。

曲の終わりに「はい、ここで拍手だよ!
いつもの曲じゃないからどこで終わりなのかよく分からず、拍手があまり起こらなかったから、思わず真二が拍手を催促しちゃった。
そして、新年の幕開けにふさわしく♪Curtain Rise
次のイントロを聞いて、え?まさか?と思ったけど、久しぶりの♪Sportsです。
ロックピアノがかっこいいし、躍動感があっていいね。
そのあとの♪Good Luckではイントロだけで、歓声が上がった!
このまま『Feel Happy』が続くかと思ったわ。

「皆さん、改めまして原田真二です!ここはパラダイスカフェですね。楽しみにしてました。今日初めての人は?
それなりに手が挙がってました。
「All Japan Tourはやはり日本の歴史の始まり山口、長州からってことで、山口からスタートしましたが・・・。あはは。そんなことはないです。偶然です。山口、大分、そして今日が横浜です。デビューから1年とか1年半、せいぜい2年ぐらいはテレビに出ていたので、よく見てくれていた、とか聞いてくれていた人も多いかと思いますが、38年間の空白の時間を埋めたいんです!そういう人たちを全国に掘り起こしに行きます!All Japan Tourは別名"掘り起こしツアー"です。皆さんのリビングルームまでお邪魔しますよ」
客席から「え?うちにも来てくれるの?」とざわざわ。それこそお茶の間ライブだね。

「さっき『Feel Happy』の中の曲をやったけど、当時聴いてくれた人はたくさんいたかと思います。中学生や高校生のファンが多かったと思うけど、僕が聞いたところによると、クラスの8割が僕の下敷きを持っていたとか?」
私も下敷きに真二の切り抜きを入れてました!!

「今の曲は知ってたかな。これなら絶対に記憶にあるであろう曲をやります。♪キャンディです」
ここで拍手と歓声が上がったけど、お約束の♪キャンディキャンディ。
ファンも手拍子だけでなく、一緒に歌っちゃう。
「なんで止めてくれないの!先日のEX Theaterでは1コーラス歌っちゃいましたよ。当時はよく間違えられてましたね」
ここで最近のバージョンの♪キャンディ
初めてのお客さんがいるから、"真二コール"にウケてる人が結構いたわ。

「初めてのお客さんは"真二!"って聞こえてびっくりしたでしょ?何かの宗教?って。ええ、宗教法人です。嘘ですよ。」
みんなで練習するのに、「初めてのお客さんもぜひ覚えて帰ってくださいね。いつもやってる人たち、ゴールド会員の方たちもちゃんとやってくださいね」
いつもちゃんとやってるよ〜
2〜3回やって「いいレベルに達しました!ありがとうございます」
合格点をいただいたのね。
真二のいつものギャグに大ウケしてる人たちがいて、それに真二も私たちも大ウケ。
「いつも聞いてる人たちは知らないふりして聞いてくださいね」

「♪キャンディは当時怒りながら"カックラキン"とかで歌ってたんですよ。蒲田の電子工学院で当時テレビ収録をやってて、男性が滑り台から降りて来て、女性が一人を選ぶとかそういう番組があって、僕は滑り台には乗ってないですよ。歌のゲストですよ。そういう番組でも歌ってましたね。」

「昨日取材があって、そのうち2冊ぐらいに出ますけど(雑誌にインタビューでも出るのかな?)、当時♪キャンディをどういう気持ちで歌っていたか聞かれて、"すっごい嫌だった"って答えたら、大爆笑になっちゃって、"歌手がそんなこと言わないですよ!"と言われちゃいました。」

「自分としてはロックでデビューしたつもりだったんですけど、まあ、ポップな曲やハードな曲などいろいろ作ってて、キャンディのあの歌詞が来た時に、"え?キャンディ?もろアイドルっぽいじゃん"って思ってました。それで怒りながら歌ってたんですよ」

「さっき初期の曲をやりましたけど、これから少しあとの曲をやりますね。♪キャンディってこんな感じでしょ?」とちょっと跳ねた感じで、リズムに合わせて首を左右に振って、「こんな感じのものをやります」
え?似たような曲ってあったっけ?
そしたら、そのまま♪a dayへ、
「ほら、跳ねてる感じがするでしょ?」
そして♪風をつかまえて
ここでは歓声が上がったよ。
♪Let's have a good time〜は真二が目で「やってね」と合図して、みんなでコーラス
そしてそして久しぶりの♪Music Box!!
私も「きゃ〜っ!」と言っちゃったわ。
可愛らしい曲で大好きだよん

「どうでしたか?今のは♪Music Boxという曲で、Music Boxというのはオルゴールという意味なんですけど、最後はだんだんネジが緩んで、オルゴールが止まるっていう演出になってたんですけど、わかっていただけましたか?」
ちゃんとレコードと同じように再現されてましたよ!

「次は80年代〜90年代の曲をやりますが、その前にこれをやっておきましょう」
♪シャドーボクサーです。
いよいよ80年代〜90年代のメドレーです。
♪Still I Love Youでは、友だちと小さいな声で密かにコーラス部分を歌っちゃいました。
ここの店はカウンター席があるから、本当はMVみたいにカウンター席に座ってコーラスやりたかったわ(笑)
そしてもう1曲メローな感じの♪Love Operator
この曲では♪Love Operator〜と♪I see you later〜のコーラスはみんなでしっかりやりました。
真二がやってねって表情をしていたので。
メドレーの最後は♪恋は500マイルでした。

「知らない曲ばかりだったと思うけど」と言ったら、
みんな「知ってるよ!」
すると真二は「38年の空白がある人を対象に言ってます」
あ、常連ファンに言ってるわけではないのね。

最後は平和のメッセージやVote for Peaceの話をして、「ちょうど時間となりましたね!」と♪OUR SONG

アンコールで「1部はキーボードの曲ばかりでしたけど、2部はギターの曲を中心にやりますね。懐かしい曲もやりますよ。まだやってない曲がひとつあるよね」
いやいや、ひとつどころじゃないでしょ。

「この曲はギターバージョンでやりましょうね」と♪タイムトラベルのアコギバージョン。
実はギターバージョンはオリジナルよりもキーを下げていて、合唱の途中で変調して、オリジナルのキーに戻してから、真二はキーボードに移動。
最後はキーボードで合唱をして締め!

「2部も待ってま〜す!」とステージを下がって、楽屋に戻ろうとしたら、真二は「え?なんだって?」とステージ正面の奥の席の方に行った。
すると初めてのお客さん(多分)が「♪てぃーんずぶるーす歌ってください!」とリクエスト。
どうしようかと一瞬迷った様子だったけど、ステージに戻り、キーボードに座る真二にみんな大喜び
「すでにかなり時間オーバーしちゃってるんだけど」と言いながら、いつもより若干早めのテンポだったけど、♪てぃーんずぶるーすを歌ってくれた。
リクエストしたお客さんは「ありがとうございます!!」とお礼。
真二は「そうだね。この曲もやってなかったね。ごめん、ごめん」
この"ごめん、ごめん"がめちゃくちゃ可愛くて、それにファンも「きゃ〜、可愛い」と興奮。
リクエストしてくれた人、ありがとう!
予定よりも多く歌を聴くことができました。

今年初ライブ。レア感があり、好きな曲もたくさんで、とても楽しくて大満足でした
諸事情により私は2部は見ていないので、ライブの様子はわかりませんが、2部のセットリストは下記の通りだそうです。

♪Make it a Paradise、♪キャンディ、♪下柚木の丘はいつだって、♪Heart Aid、♪黙示録、♪サウザンドナイツ、♪Modern Vision、♪てぃーんずぶるーす、♪タイムトラベル、♪MARCH

♪Welcome Song (p)
♪Curtain Rise (p) from 『Feel Happy』
♪Sports (p) from 『Feel Happy』
♪Good Luck (p) B side of ♪キャンディ
♪キャンディ (p) Single
♪a day (p) Single
♪風をつかまえて (p) from 『Feel Happy』
♪Music Box (p) from 『natural high』
♪シャドーボクサー (p) Single
♪Still I Love You (p) from 『urban game』
♪Love Operator (p) Single
♪恋は500マイル (p) Single
♪OUR SONG (p) Single

〜アンコール〜
♪タイムトラベル (ag) Single
♪てぃーんずぶるーす (p) Single


真二@T-Palette Records presents meets palette
T-Palette Records presents (live) meets palette
東京・代官山UNIT
2017年12月17日(日)12:30〜


以前にもアイドルたちと共演したライブがあったけど、今日もそんな感じかな。
ギリギリまで行けるかどうかわからなかったので、当日券で入場。
真二の出番が14:45頃ということで、14:30頃に行くと、入り口で真二ファンたちに遭遇。
階段を降りて行くと、場内入り口でも真二ファンに遭遇。

中に入ると真っ暗で、どうなってるのか全くわからず。
場内には2つステージがあり、右側のステージでトークショーをやっていた。
お客さんは男性ばかり。
背が高いから目の前は壁って感じ。
目が慣れて来て、なんとなく場内が見えてくると、前の端にスペースがあるのが見えて、
人垣を抜けて前に出ると、そこにも真二ファンがいた。
「こんなところで、前に出て来て見ても大丈夫なのかな?」と聞くと、
その真二ファンが「ここは女性専用スペースだから大丈夫よ」と教えてくれた。
確かに壁に『女性専用スペース』と貼り紙がしてあった。
柵の中には大勢の男性客がいて、
柵の外の端っこのスペースが『女性専用スペース』になっていた。
なんともありがたい!
たとえ前方にいても、男性の後ろでは全く見えない。
そのうち他にも真二ファンがやって来て、『女性専用スペース』というよりも
『真二ファン専用スペース』みたいになって来たよ(笑)
これだと真二も自分のファンがどこにいるかすぐに分かっていいよね。

楽器のセッティングが終わると、暗闇の中に真二が出てきた。
私たちが「きゃ〜真二〜!」と歓声をあげると、すぐに真二は私たちに気づいてくれた。
ここでキーボードやギターのチェック。
準備が整ったところで、ステージが明るくなって、真二のステージがスタート!

「原田真二です!」と挨拶すると、すごい歓声。
そう、男性陣たちも大きな声で真二を迎えてくれた。
そんな男性陣の大きな声援に大喜びの真二
「前にも会った事あるよね?」
「おぉ〜!」
3月にもアイドルネッサンスと共演したから、そのことを言ってるのよね。
「ああよかった。聞いた事ある人がいて。それにしても男性のエネルギーがすごいですね。熱いなあ」
するとまた男性陣が「真二〜」とか叫んでくれてる。
今度は私たちを指差して、「そこのゴールド会員たちも負けないでよ!」というので、
私たちも「きゃ〜真二!」と叫びました。

「僕が出てきてガラッと雰囲気が変わって申し訳ないけど、クリスマス時期なので、まずはクリスマスソングを歌います」と♪The Christmas Song
そしてそのまま観客に手拍子を促し、「みんな上手だね。テンポを保ってるね」
その間に真二はギターの準備。
「あれ、早くなって来たかな」
そのまま♪Make it a Paradiseへ。
"Yeah!"がすごいよね。
「いつもコンサートは女性客が多いので、女性の"Yeah"っていうのもいいけど、男性のエネルギーがすごいね」ともう一度男性たちに声を出してもらって、「あぁ〜気持ちいい!楽しいなあ。なんか新しい部分が刺激されたかも。あはは」

キーボードに移動。
「みんな僕のライブにも来てよ!バンドはうるさいよ。もうこのまま僕のライブに移動させたいぐらい!」
男性の盛り上がりがかなり気に入った様子。

「もうちょっと待っててね。僕のコーナーはさっさとやっちゃって、もう少ししたら彼女たちを呼ぶからね」
その言葉に真二ファンから「えぇ〜!!」
「じゃあ、もうちょっとやらせてね。デビューの頃は完全にアイドル扱いで、"王子様"って呼ばれていたけど、今はすっかり"おじいさま"。実際に孫もいるから、本当におじいさんだよね。あははは」
「それでは元祖アイドルの曲を歌おうかな。♪キャンディってわかる?本当?」と♪キャンディキャンディを歌い出すと、ウケていた。
「僕の♪キャンディはこれです」と本物の♪キャンディね。

♪キャンディ アイラブユー 目覚めてよ (真二!)←真二ファンのみ
♪窓を超えて 僕は来た(真二!)←男性客もやってる!

さすがアイドルファンは掛け声に慣れているので、すぐに反応してくれて、やってくれてる。
真二もそれを聞いて笑っちゃってるよ。
男性も結構やってくれてたけど、歌の後にもう一度みんなでやり、
「ゴールド会員だけでやってみよう」というので、真二ファンはいつもよりも大きい声で頑張りました!

ステージではギターが片付けられた。
そろそろアイルネたちの登場かな。
スケジュールでは、真二は14:45から約30分、その後アイルネとのコラボ時間が10分だったけど、
真二コーナーの途中で、アイルネが参加。

「では、そろそろ彼女たちを呼びますね。こんなジジイと若いアイドルがなんで繋がってるのか?1曲の楽曲が結びつけてくれました!アイドルネッサンス!!」
真っ白いワンピースを着たアイルネちゃんたちが登場。
「うわ〜真っ白!純白!汚れがない!(自分を指差して)汚れてる!」と真二
「衣装でわかるよね。こちらは真っ白で、僕は限りなくグレー。」

「なんか急に緊張してきちゃったなあ」と言いながら水を飲んだので、いつものように真二コール。
するとアイルネもアイルネのファンも唖然。
真二はアイルネたちに、
「僕が水を飲む時に僕のファンは僕の名前を呼んでくるんだよ。バンドの時はいいけど、こうやって一人でやってる時は水を飲む時に話すことも歌うこともできなくて、注目されちゃうでしょ。それで僕を一人にしないってことで名前を呼んでくれるんだよ」と優しく丁寧に説明すると、彼女たちは感心しきり。
そのあと真二が水を飲む度にアイルネのファンも「真二〜」と呼んでくれる(笑)
なんていい人たちなんでしょう!

「カバーしてくれてる♪風をつかまえてをやりましょう」
♪風をつかまえては3月に共演した時よりも上手になってるみたい。
この曲は朝の空気のように爽やかで可愛らしい曲なので、彼女たちにぴったりだと思う。
♪軽く飛ばせ (飛ばせ) 飛ばせ(飛ばせ) 
ここで手を挙げながら ♪飛ばせ〜っていうのがとっても可愛い。
アイルネちゃんたちはコーラスをつけたり、所々ハモったりしていた。
最後に真二が「ハ〜イ!キャンディ!」というと、アイルネ全員が「Fine. How are you doing?」
「僕は今、"ハイ、キャンディ"って言ったんだけど、みんなキャンディなの?」
「はい、そうです」
「じゃあ、キャンディ1、キャンディ2、キャンディ3とか?あははは」

「みんなはキャンディキャンディなんて知らないよね?」
アイルネちゃんたちはぽか〜んとしてる。
一人が「お母さんが知ってます!」
「あぁ、お母さんね」
でもそのお母さんもきっと私たちより年下でしょうね。

「じゃあ、もう1曲、例のやつね。えっと、何だっけ?」と真二がボケてると、「タイムトラベルです!」とアイルネちゃんたち。
今日のメインだね。
♪タイムトラベルは盛り上がりましたよ!
アイルネのファンにもお馴染みの曲だからね。
♪Woo〜Woo〜時間旅行のツアーは
この♪Woo〜Woo〜でアイルネたちが人差し指を突き上げて歌うので、
思わず私たちも真似しちゃいました
合唱はみんなでやりましたが、男性の声がまたすごかったです。
歌が終わると、「やった!楽しかった!」と真二
「彼女たちは本当にすごいよね。生で歌ってちゃんとハモりができるアイドルグループなんてほぼ皆無だもんね」

「大変申し訳ありませんが、ここで彼女たちには一旦下がっていただいてもよろしいでしょうか?あとでたっぷりやっていただきますので、すみません」
ここでアイルネたちは退場。
「最後にもう1曲!じゃあ、僕の原点です」
最後は♪てぃーんずぶるーす
♪ラララ〜も今日は男性の声が多く低めの感じでした。
今日はアンコールはなし!
アンコールをしようかなあと思ったけど、真二が下がるとすぐにBGMが流れてきてしまいました。

アンコールもないし、短い時間だったけど、実に楽しいライブでした。
真二自身がすごく楽しんでて、弾けていたのもよかったかなあ。
真二もしきりに「楽しい!」と言ってました。
ライブはすごく盛り上がっていた。
アイルネファンのtwitterにも「ほかはやっぱり原田さんが一番よかった。歌や演奏もいいけど、MCも楽しいし、ファンの気持ちを読んでいてすごい。本物」とか書いてる人がいた。
そりゃあアイドルたちの中にいて、唯一の本物のアーティストだもんね。

今日が私にとって年内最後のライブです。
今年もいろいろなライブに行って楽しかった

♪The Christmas Song (p)
♪Make it a Paradise (ag)
♪キャンディ (p)
♪風をつかまえて (p) w/アイドルネッサンス
♪タイムトラベル (p) w/アイドルネッサンス
♪てぃーんずぶるーす (ag)


Glistening Holidays 2017 in Tokyo
Glistening Holidays 2017 in Tokyo
東京・日本福音ルーテル市ヶ谷教会
2017年12月15日(金)19:00〜


私にとって今年唯一のクリスマスライブ。しかも教会でのクリスマスライブなんて期待。
教会には外壁にツリーをかたどった電飾が施され、夜の街にきらびやか
ステージの真上にも十字架ステージ右には大きなクリスマスツリー

Vote for Peaceの映像の後、
襟と袖口に花柄をあしらった白いシャツに黒のジャケットを着た真二が登場して、ピアノの前に座った。
オープニングから♪White Christmas、そして♪Honey Christmasとクリスマスソング!
♪hurry up, hurry up darlingもちゃんと歌えてたと思うけど、ちょっと控えめだったかなあ。
「みなさん、こんばんは!クリスマスライブも残りあと2回です。いよいよ東京ですが、楽しみにしてました!この教会は素敵なところですよね。皆さんの見る角度にもよるんですけど、こちらの壁にも十字架があるんですが、見えますか?」
ステージ奥の壁にも十字架が見えるんですが、それは天井から掲げられている十字架の裏に電球があり、それが奥の壁に反射して、十字架が見えるんですよね。なかなか素敵な演出です。

ピアノに移動して「今日初めての方?」
何人か手が挙がり、「38年ぶりとか39年ぶりって方もいるかもしれませんね。それではトレードマークの曲をやりましょう。」と歌いだしたのは♪キャンディキャンディ。今日はほんのワンフレーズだったけど、「早く止めてくださいよ!この間のEX Theatherの時みたいにワンコーラス歌っちゃうところでした!♪キャンディキャンディからの♪キャンディもありなんですが、今日はこんな感じで」と最近のジャズっぽいバージョンです。
♪キャンディの後すぐに♪I Love You Gently
大好きな曲なので嬉しい〜
そして♪寒がりのVoiceです。
「かなり寒くなってきましたので、冬の曲をお送りしました。♪寒がりのVoiceなんて言ってますけど、結構16ビートの激しい感じの曲なので、体を動かして汗かいて、♪暑がりのVoiceになってますよ。あははは」

「クリスマスディナーライブを全国でやってますが、今日の東京はディナーはこの後ですけど、各地でそこだけでやる曲がありまして、今日は東京だけやる曲をやりますね。この場所にふさわしいかと思います」
ちょっと久しぶりの♪The Lightです。確かに教会で聞くのはいい感じ。
各地ではそれぞれ何を歌ったのかなあ。ちょっと気になるわ。
残るは仙台。最後の仙台では何を歌うのかしら。

ギターに移動して、♪Natural Stream
おぉ〜これも好き
そしてオリジナルのクリスマスソング、♪Oneです。
ここで♪てぃーんずぶるーすだったので、思わず友人と顔を見合わせて、
「なんとなくもう終わりみたいな感じだね(笑)」

ピアノに移動して、「クリスマスソングをメドレーでやりましょう」
まずは♪Sleigh Ride。これも最近は定番のようになって来たね。
次の♪Santa clause is coming to townでは、♪Sant Clause is coming to town〜というコーラス部分から始まり、「みんなも一緒に!」
サビのコーラスでは全員が歌い、ステージの前に出て来て「もっと元気に!もっと大きい声で!これじゃあ、サンタさん来てくれないよ。サンタさんに来て欲しいでしょ?」
だんだんと大きな声になってくると、真二がツリーに近づき、何をするかと思ったら、ツリーのところに置いてある袋を取り、「一人1個ずつね!」と言って、1ブロックにひとつずつ袋を配り出した。
袋の中にはプレゼントが入っていて、私が手にした頃に、すでにもらっていた人たちが開けてしまったらしく、「すぐに開けない!」と真二
プレゼントは真二の画像が印刷されたチロルチョコでした!
いろんな種類があったみたいで、それぞれ違うものを手にしたと思います。
全国各地で同じようにやっていたかどうかわからないけど、真二サンタからのクリスマスプレゼントです!

プレゼントに夢中で、途中からは誰も歌ってないし、プレゼントを開けちゃうし...(笑)
後ろの方の席に小さい子(女の子かな)がいたんだけど、その子はプレゼントを受け取ると「ありがとう!」
大人たちはお礼も言わずに、大騒ぎ。反省しないとね
最後は♪Silent Night
真二は英語で歌っていたけど、日本語で切り替えた時に「みなさんも一緒に!」
会場全体で♪きよしこの夜〜
私も含め、みんなちゃんと歌詞を覚えているのね。
みんなが歌っているところに真二がフェイクを入れていく感じ。
みんなでコラボだね!

アンコールでは
「クリスマスソングってクリスマスの時期しか歌えないでしょ。僕はスタンダードなクリスマスソングが大好きで、毎年何を歌おうかなって楽しみにしてて、新しく覚えたりしてます。じゃあ、まずはスタンダードナンバーの定番をやりましょう」
♪The Christmas Songはほぼ毎年、クリスマスライブで歌ってるよね。
これを聞くと、あぁ〜クリスマスって感じ
そしてイントロがなく、いきなり♪街の外れの〜と歌い出した。
今日は教会ってこともあり、「やっぱりゴスペルみたいに合唱しましょう!」と今日は三部合唱をやりました。
なかなかうまく行ったんじゃないかな

2回目のアンコールでは出てくるのにちょっと時間がかかっていた。
「もう少しやってもいいですか?」って確認でもしていたかな。
なんとか出て来てくれて、「では僕のメッセージソングの原点」ということで、最後は♪OUR SONGで締めくくり。

ライブの後にアフターパーティがあり、そこでのミニミニライブでハプニング。
ギターのみでのライブでしたが、誰かが♪MARCHをリクエストすると、
「難しいなあ」とか、ちょっと歌ってみて「なんか怠惰な感じがするなあ」と言いながらも、
♪MARCHのアコギバージョンを聞かせてくれました
真二って何でもできちゃうのね。
この貴重なバージョンもまた、真二サンタからのクリスマスプレゼントだね!

♪タイムトラベルもアコギバージョンだったんだけど、
♪FBIもタップダンス〜のところのフレーズを何回かやって、
「ここのところのテクニックがすごいでしょ!みんなちゃんと分かって聞いてる?」
分かってますよ〜

Merry Christmas and a Happy New Year!!

♪White Christmas (pf)
♪Honey Christmas (pf)
♪キャンディ (pf)
♪I Love You Gently (pf)
♪寒がりのVoice (pf)
♪The Light (pf)
♪Natural Stream (ag)
♪One (ag)
♪てぃーんずぶるーす (ag)
♪Sleigh Ride (pf)
♪Santa Clause is coming to town (pf)
♪Silent Night (pf)

〜アンコール〜
♪The Christmas Song (pf)
♪タイムトラベル (pf)

〜アンコール2〜
♪OUR SONG (pf)


真二@40th Anniversary Live 「タイムトラベル」
40th Anniversary Live 「タイムトラベル」
東京・ROPPONGI EX THEATHER
2017年11月11日(土)18:00〜


開演から15分ぐらい遅れてスタート。
当初幕は開いていたのに、場内が暗転すると幕が閉じられた。
ラジオ番組のスタートのようなジングルの後、赤坂泰彦さんの軽快なMCが流れた。
「ベストヒットジャパンの時間です。1977年の新人原田真二を紹介しましょう!ではデビュー曲の♪てぃーんずぶるーすです!」というとオリジナルの♪てぃーんずぶるーすが流れ、幕が上がると、なんとデビュー当時のようなカーリーヘアの真二がそこにいた!
音源に合わせて口パクとエアピアノ。
場内大歓声!!
曲が終わるとギターの準備をして、カツラを取り、ギターをジャ〜ン!
曲はもちろん武道館バージョンの♪てぃーんずぶるーすです!!
やっぱりこのバージョンはかっこいいよね!!
ギターは『PRESENCE』のジャケットと同じシルバーのパーカーです。
黒のスーツに黒のTシャツ姿。
バンドのメンバーも皆黒を基調にした衣装です。

次は♪サウザンドナイツです。
♪サウザンドナイ〜ツ!とみんな大合唱。
おぉ〜ギターソロの時には真二はギターを弾きながら降りてきて、最前列を横断。
そして♪タイムトラベルがこんな早くに!
しかも今日はフルコーラスだぞ!
"ここは東京"とオリジナルのまま。
みんなが合唱してる間にギターの準備をして

「みなさん、こんばんは!今日はたくさん集まってくれてありがとうございます!10月25日にデビュー40周年を迎えました。41年目に入りましたが、こうして来れたのもみなさんのおかげで、ただただ感謝しかありません。」
男性が「今夜は最高に盛り上がろうぜ!」みたいなことを言ったら、真二は「全部言われちゃったね!」
「今日はなんだかアイドルみたいな応援が。うちわが..."大好き"、"ありがとう"、"おめでとう"、"お身体を大切に"あははは。最後のは冗談です。これからはアイドルでいいよ!」

「10月25日に発売された『PRESENCE』の中の曲を今日は全部やりますよ!これはどうかな」
♪Happinessです。
今日は厚みのある音に聞こえるわ。またろうさんとようこちゃんのおかげかな。

ピアノに移動して、ちょっと久しぶりの♪Woo Lady Stopだ!!
好きだわ〜
♪Love me baby〜 Love me baby〜が特に好きなのよね。
うっとり〜
この後♪Melodies of Romances♪恋は500マイル、そして♪永遠を感じた夜と一気に。

このあと場内が暗転。真二が上手に歩いて行ったぞ。
明るくなったらなんと真二は上手の階段のところに座ろうとしていた。
おぉ〜近くなったよ!
「本当は明るくなったらいきなりパッとここにいるってやりたかったけど、暗くて足元が見えなくて.....」
スタッフがマイクと譜面台とアコギを用意。
階段に座って、「じゃあ、ちょっとアコースティックをやるね。何が聞きたい?」
え?リクエストに応じてくれるの?
「え?♪Every Night?」
すぐに♪Every Nightを歌ってくれたけど、あっという間に終わった。
「あははは。短かったね」

「今まで歌ったので、知ってる曲はあった?全部知ってる?全然知らない?じゃあ、これなら知ってるでしょ。これを知らないと....」
すると誰かが"キャンディ!"
「なんだって?よく聞こえない。なんか遠慮がちに言ってるみたいだね」
今度は数人が大きめの声で"キャンディ!"

「そうそう。♪キャンディキャンディ」とアコギで♪キャンディキャンディを歌い出した。
なんと1コーラス歌っちゃったよ。
しかもそのまま♪キャンディへ。
大きな"真二コール"でした。
「どうでしたか?キャンディキャンディからのキャンディ!知ってましたか?今日は初めてキャンディキャンディを1コーラス歌っちゃいました。あははは」
水を飲むと"真二〜!"
これは20年以上前からやってるんだけど、真二が水を飲んでる間は歌えないし、喋れなくて、場内がシーンと
なってしまう。
それで真二が「一人にしないで」ってよく言ってて、名前を呼ぶようになったのでした。
「皆さんへの感謝の気持ちを込めて、"君が僕のエネルギー"って曲です。まさにそうですよね」
今日の♪You are my Energyも英語と日本語のミックスで。
そして「知ってる人はコーラスを歌ってね」と♪Heart Aidも英語と日本語で。

アコギからステージに戻った真二。リズムが始まっているにも関わらず、エレキを持つでもなく、ピアノの前にも座らずに、歩いて行ってしまった。
どこに行ったかと思いきや、ステージ奥の一段高くなったところへ。
そこにはSweetieの3人がいるんだけど、真二は一番左のキーボードの前に立った。
そう、♪シャドーボクサーです。
武道館でオルガンを弾いていたバージョンをエレピで再現。
間奏ではそれぞれのメンバーのソロ。
ソロをやってる間に真二は下に降りてきて、ジャンベを叩き始めた。
最後はまたろうさんとパーカッション合戦。
ふぅふぅと息を吹きかけている真二の手のひらは真っ赤。
ピアノに戻って、間奏の続き。
エレキを準備して、「さあ、ガンガン行くよ〜」
♪Make it a Paradiseはアコギでやることが多いけど、このロックバージョンがオリジナル!!
おぉ〜”アオ!アオ!”、このイントロは♪バンドは金曜日に出来ただね。
今日は金曜日じゃないけど、『PRESENCE』に収録されてるからね!
どうしてもヒザを曲げて踊りたくなってしまうわ〜
盛り上がっている中、♪Modern Vision、そして♪No Time
♪No Timeの間奏では、真二とウォーネルがギターを弾きながら、客席内に降りてきた。
中通路で二人が交差!
今日はほぼ中央の席だったため、交差してるところを正面で見られてサイコー!
やっぱりギターを弾いてる真二はかっこいい
ピアノに移動して、「次は最後の曲で」
当然「え〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!」
「大丈夫。曲はまだ用意してあるから(笑)この後どうするかわかってますよね?海外ではスタンディングオベーションというのもあるんですよ。あ、すでにみんな立ってますね」
最後は♪Wake Upです!!
大好きだけど、実は武道館でやったバージョンが好き。二度と聞く機会はないけど。
♪Let's sing together!
盛り上がる曲だよね〜

もちろんアンコール!!
真二は胸に一輪の赤いバラが描かれた黒のTシャツに着替えてきた。
ピアノの前に座り、静かに♪Information Networkが始まった。
カッコイイ曲だよね。そして洋楽にしか聞こえない。
あれ?今日はギターを背中に背負ってピアノを弾かないのね。
あの姿がとっても好きなんだけど。
ギターの後、ピアノに戻った時にギターはスタンドに置いてたわ。
でもでもやっぱりカッコイイね。
次はロックバージョンの♪キャンディだよ。
みんな思い切り"真二!"って叫んでるよ〜
ええ、もちろん私もね。
ここで終了してしまい、え?終わり?と思ったら、再びアンコール。

2回目のアンコールではピアノの前に座り、演奏が始まると思いきや、場内に音楽が鳴って、ケーキの登場!
女性3人(陽紅ちゃん、ユリカちゃん、ミカちゃん)がケーキを運んで来ながら、♪Happy Birthday〜を歌っていた。
ファンも全員"Happy Birthday dear SHINJI"
お誕生日ではないけど、アニバーサリーだから、birthdayなのね。
ケーキの上にはピアノが乗ってるみたい。
ただ、テーブルにはツリーっぽい飾りがあって、クリスマスっぽい?!
真二は「何も知らないよ!ピアノを弾こうと思ったら、いきなり真っ暗になって、あれ?って思った。なんかクリスマスっぽいね。みなさん、ありがとうございます!!」とろうそくを吹き消した。
「この後どうしたらいいのかな?」と自分でケーキを片付けてた。
行進するようにリズミカルに歩いていたら、それに合わせてリューベンがドラムを叩き始めた。
楽しいね。

ピアノにもどって、♪OUR SONG
みんな立ったままアンコールをしていた。
バラードにも関わらず、立ったまま聞き入ってる人が多かった。
エンディング部分はピアノではなく、ギターで、いつもとはちょっと違っていた。
ピアノのあの盛り上がりが聞けなくてちょっと残念。
客席からお子さんの声で"真二〜!"
「ん?"オジイ"に聞こえるんだけど」
まだ子供の声が聞こえ、2階席を見上げると、真二のお孫さんが!
やっぱりあの声は"シンジ"ではなく、"オジイ"だったのね。
最後の最後はマーチングドラムが聞こえ、元気よく♪MARCH
最後にメンバー全員が横一列に並んでお辞儀。
あ〜写真撮りたかったわ。

コンサートは終わってみれば9時頃になっていた。
2時間半以上だね。
終演後の握手会では、「すっごいかっこ良かったです!」と言ってきた。
すごい行列でした。
握手会のために並んでいる時、客席の扉が開き、芝ちゃんが出て来たり、リューベンにそっくりな息子さん、原田一家も出て来て、大興奮。

真二はコンサートの最後に
「次は50周年かな。50周年まではみんな付き合ってよ!」
50周年では真二もファンもみんな還暦すぎだよ〜
あと10年頑張らなくちゃね。

♪てぃーんずぶるーす(音源)
♪てぃーんずぶるーす (eg)
♪サウザンドナイツ (eg)
♪タイムトラベル (pf)
♪Happiness (eg)
♪Woo Lady Stop (pf)
♪Melodies of Romances (pf)
♪恋は500マイル (pf)
♪永遠を感じた夜 (pf)
♪Every Night (ag)
♪キャンディ (ag)
♪You are my Energy (ag)
♪Heart Aid (ag)
♪シャドーボクサー (ep)
♪Make it a Paradise (eg)
♪バンドは金曜日に出来た (eg)
♪Modern Vision (eg)
♪No Time (eg)
♪Wake Up (pf)

〜アンコール〜
♪Information Network (pf, eg)
♪キャンディ (eg)

〜アンコール2〜
♪OUR SONG (pf, eg)
♪MARCH (pf)


真二@MATAROセッキョウライブ2017
MATAROセッキョウライブ2017
東京・目黒Blues Alley Japan
2017年10月23日(月)19:30〜


すっごく楽しみにしてました〜
チケットも平日16時からの予約だったので、緊張しながらゲットしました。

ステージには所狭しとパーカッションが並べられてて、壮観です!
15分ぐらい遅れてスタート。
まずはMATAROさんが登場して、床に座って演奏を始めた。
2人の男性が歩いてきたので、遅れて来た人のかと思ったら、出演者だった。
MATAROさんの演奏に加わり、次にまた出てきて、最終的には5人のパーカッショニストが参加。
みなさん、MATAROさんのお弟子さんかな。
すごい迫力です!

次にやったのは54歳の時のバースデーライブでやった曲で、5454(ゴシゴシ)に合わせて、「4/5と4/4拍を組み合わせて、9拍子にしてあります。そんな難しいリズムに手拍子をやってくれとは言いませんが」と言いながら、手拍子を要求。
メンバーの一人がずっと9拍子のリズムを刻んでいたので、彼に必死に合わせながら手拍子してました。
難しいよ〜

パーカッションには叩いて音を出すタイプ、振って音を鳴らすタイプ、そしてこすって音を出すタイプがあるけど、「5454ゴシゴシ」にちなんでこすって音を出すタイプのものだけ使って演奏。
「演奏の後に楽器を紹介する?それとも演奏の前に紹介する?」
演奏の前に楽器を紹介することになり、一つ一つ紹介。
坂井さんが持っていたのは小さいサイズの鍬見たいな形のもの。
一応名前があったけど、MATAROさんは「なんだっけ?(名前は)よくわかんないから、もう"クワ"でいいじゃん!」
元々鍬を楽器代わりに使っていたところから作られたものだから、確かに鍬が原型なのよね。
他の楽器も珍しいものばかり。
演奏が始まってすぐに「こんな感じでずっと地味です(笑)」
こする楽器ではあまり音階がないから、メロディっぽい感じがないからね。
"セッキョウライブ"という名前の通り、お客さんから質問や悩みを募集して、その場で回答&説教。

「なかなか恋人ができない」とか「年のせいで譜面がよく見えない」とか。
チャラ男さんは「僕は譜面を見たいタイプです」と言っていたけど、MATAROさんは「僕の個人的な意見ですけど、譜面を見ない方がお客さんにパフォーマンスをアピールできていいですよね!」
ラテン系の曲や新曲などをやって第1部が終了。
「第2部にはあの人がゲストで出ます!」

2部はまずMATAROさんが一人で演奏。
そして「ゲストの原田真二さんです!」と紹介し、真二が登場!
真二はギターを準備して、「今日はおめでとうございます!」と歌い出したのは「MATARO! Happy Birthday!」とアドリブ。
客席とのコール&レスポンスで、
「MATARO!」
「MATARO!」
「Happy!」
「Happy!」
「Birthday!」
「Birthday!」

オープニングは♪Make it a Paradise
ギターとパーカッションだけでも素敵。
そしてMATAROさんがコーラスもつけてくれてる。
いいね〜

次の♪キャンディでは、二人のパーカッショニストも参加。
最近のジャズっぽいバージョンにパーカッションが入って、ちょっと雰囲気が違って、これも良いわ。
MATAROさんが「あの"真二コール"いいですよね」というと、
「MATAROさんもそういう曲を作ればいいんですよ」と真二が言うと、
「そうか」とMATAROさんはアドリブで演奏して、「MATARO!ってこういう感じにすればいいのか。絶対に作ろう!」
きっと"MATAROコール"ができるような曲ができると思いますよ!
「今日は初めての人もいるので、"真二"を覚えてもらいましょう」とみんなでコール。
最後には「MATAROコールもしよう!」とみんなでMATAROコール。
MATAROさんはすっごい嬉しそう。「絶対に作るぞ!」

「次はラテンっぽい感じ」というようなことをMATAROさんが言ったので、
真二が「ラテン系ってことはヒスパニックですね」
なにやらスペイン語らしきものを喋り出した真二
でもよく聞いてルト、「キミ ダレカーノ?ナマエーノ?」と日本語をスペイン語風に言ってるだけだった。
すると坂井さんが「ボク ラムジーノ!」と答えたので、
真二が「さすが!MATAROさんの弟子は違うね!」
坂井さん、素早い反応でした。

他の3人も加わり、♪シャドーボクサーもラテン風であり、ゴージャズ。
MATAROさんが「パーカッションのオーケストラです」と言っていた。
♪シャドーボクサーでは間奏でパーカッション合戦。
真二とMATAROさんは以前にもライブで見たことあるけど、
今日は真二 vs MATAROさんだけでなく、他の二人のお弟子さんともパーカッションバトル。
かっこよかったわ〜
真二もいつもより長くパーカッションを叩いて、テンション高かったみたい。

セッキョウコーナーはないかと思ったら、そうではなかった。
真二も「さっき柱の陰から見てましたよ〜面白いですね」
昔やっていたピアノをまた始めたけど、なかなか上手くなれないって悩みに、
MATAROさんは「そんなの練習すればいいんだよ!」
すると真二がキーボードで、チャンチャン!と鳴らしたので、
MATAROさん「もう終わり?じゃあ、今度は真二さんに質問しましょう。ピアノはいつ頃から?」

「小学生の頃、家にアップライトのピアノがあったんですよ。母が小学校の教師で、ピアノを教えてくれて少しバイエルもやったんだけど、全く興味がなくて、宇宙ばかり見てました。宇宙飛行士になりたかったんですよね。中学でギターを始めて、少しずつコードを覚えて、高校でエルトンジョンを聞いて、ロックピアノがかっこいいなあと思って、自分もやってみたくなって。あ、広島だから、"かっこええのお〜わしもやってみるかいのお〜"(笑)」
MA「わしですか?」
真「幼稚園からこんな感じですよ。広島ではみんな"わし"ですから。あはは」

「ギターで覚えたコードをピアノに置き換えて、Cならドミソで」とCコードを弾きながら説明。
「それからこんな感じで弾いて、ちょっとエルトンジョンっぽいでしょ?自分でもできるなあと思って。例えば♪キャンディならAマイナーだから、これで、♪キャンディ アイラブユー。ほら、できたでしょ?歌いながらやったら楽しくできるんじゃないかな」
MATAROさんが「あれ、"真二!"のところまでやらないの?期待してたのに」
「あの後のコードはちょっと難しいんから。あはは」

「次の曲はみんなにも歌ってもらいます。ディナーショーみたいにそっちに行きますからね」
パーカッションオーケストラが加わっての♪タイムトラベルはいつもと違う。
パーカッションの人たちは裏リズムを刻んでいたし、MATAROさんがドラムパートをやってくれてた。
みんなで合唱もしました。
最後は♪てぃーんずぶるーすで、みんなで「ラララ〜」

アンコールでは、休憩時間に配られたサイリウムを用意して、
そして真二が♪Happy Birthday to you〜と歌い出し、みんなで合唱。
坂井さんの合図で、みんなでクラッカー
このままアンコールに突入して、最後はMATAROさんの曲をみんなで。
MATAROさんはステージの前に出てきて、ギター&ボーカル。
真二はキーボードで伴奏。
「MATAROさんはパーカッションはもちろんのこと、ボーカル、そしてメロディメーカーとしても素晴らしいです!」と真二
♪旅に出ようってタイトルだったと思うけど、素敵な曲でした。

実に楽しいライブだった。1部では色々MATAROさんが面白いこと言って、大笑いしてました。
真二もMATAROさんも他のメンバーもみんな楽しんでるみたいでした。

♪Make it a Paradise (ag)
♪キャンディ (p)
♪シャドーボクサー (p)
♪タイムトラベル (p)
♪てぃーんずぶるーす (ag)

〜アンコール〜
♪旅に出よう (p)




プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する