有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

マイティ・ソー

thor.jpgマイティ・ソー Thor (米)(2011)(日本公開2011) +0.5
監督:ケネス・ブラナー
出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキンス、トム・ヒデルスソン、ステラン・スカルスガルド、コルム・フィオール、レイ・スティーブンソン、イドリス・エルバ、カット・デニングス、浅野忠信、レネ・ルッソ


神く国アスガルドの王オーディンアンソニー・ホプキンス)には二人の王子がいた。長男のソークリス・ヘムズワース)は強くて勇敢だが、それゆえにごう慢で向こう見ず。次男のロキトム・ヒデルストン)は魔術に長け、饒舌だが、王になるにはちょっと頼りない感じ。
父王オーディンは成長した息子たちを見て、ソーを次期王にと決め、それを宣言しようとした日、氷の巨人たちに宮殿が襲われた。怒りに狂ったソーは父親の命令に背き、ロキやウォリアーズ・スリーの仲間を伴って、氷の国ヨトゥンヘイムへと向かった。多勢に無勢のソーたちは最初だけは勝っていたか、万事休すとなった時にオーディンに助けられ、なんとか国に戻った。
仲間をケガさせ、戦争を始めることになったので、オーディンの逆鱗に触れ、ソーは神としての力と無敵のハンマー、ムジョルニアを奪われ、ミッドガルド(地球)へ追放されてしまう。このムジョルニアにはそれにふさわしい人にしか持ち上げられない(力が与えられない)とオーディンによって封印をかけられていた。
地球でのソーは何の力もなく(一般人よりは多少力は強そうだったけど)、普通の人間と同じだった。
ごう慢なソーは地球で天文学者のジェーンナタリー・ポートマン)たちと出会い、謙虚さや優しさを学んでいく。
同じ頃、SHIELDのコールソン捜査官クラーク・グレッグ)が地球に落ちてきたムジョルニアを発見し、ソーのことを調べ始めていた。

オレ様ヒーローのソーは笑うととてもチャーミングな神様。
人物描写としてはパンフレットに「総身に知恵がまわりかねる大男」と書かれていた通りかも。性格はとても明るく豪快。天真爛漫とも言える。そして力が強いので、なんでも力で解決しようとする単純明快な部分もある。
粗暴だけど優しい、「気は優しくて力持ち」的な人物(神様)。
きっとこの素朴さに、いつもは解明に苦労する科学を研究するジェーンは惹かれたんじゃないかな。
神の国からやってきた(降ってきた?)ソーはカルチャーギャップとでもいうのか、まじめな顔してズレたことを言うのが、面白かった。
ムジョルニアを取り戻しに行くのに、乗り物が必要になり、ペットショップで、「馬をくれ!」なんて言い出す。「いや~うちは犬やネコ、鳥のようなものしか置いてないんですが」と店員も困惑。
ジェーンたちに別れの挨拶をするのにも、「Farewell!(字幕では"さらばだ!")」と古めかしい言葉使い。王子なので挨拶のキスも頬ではなく、女性の手の甲にしてる。
そういうカルチャーギャップなやり取りは何度かあり、笑わせてもらいました。
ソーの明るさなのか、映画も明るい感じに仕上がっていて、コメディ要素もほどよく、もちろんアクションもあり、ヒーローの格好良さもありで、バランスのよい映画だった。
今回、驚いたのがシールドの捜査官であるコールソンさんの出番が多くて、大活躍!!
『アイアンマン』シリーズでは時々ちらっと出てくるだけだったのに、今回はシールドでは彼が指揮官のように、部下たちに指示を出したりしてたよ。結構コールソンさんは偉い人だったの?!

今回のヒーローは神様。誰よりも強いし、衣装も宮殿も派手。へたするとばかばかしく滑稽になりかねないけど、そうならなかったのは、ひとえにケネス・ブラナー監督アンソニーホプキンスの質の高さのおかげでしょう。
クリス・ヘムズワースもチャーミングでかっこいい神様だと納得するような大きな体ときれいなブロンドがとてもお似合い。身長は190センチもあるそうです。違和感なく見られたのは彼のルックスのおかげかも。
ムジョルニアを振り回す姿もかっこ良かった!『マイティ・ソー2』もあるらしいので、その時にはぜひ来日して頂きたいわ。

異次元に通じる橋を戦いの中で壊してしまい、もう地球に行けないと悲しがっていたソーだけど、『アベンジャーズ』に登場するんだし、ラストシーンを見たら、別の方法で地球に行かれそうな感じだったね。
橋の門番、ヘイムダル(彼がまたカッコイイ!)は異次元の国の様子を見聞きできる人で、「彼女(ジェーン)はあなた(ソー)のことを探してますよ」と言っていたから、次回に期待。
『アベンジャーズ』に登場するホークアイも今回カメオ出演(クレジットなし)みたいな形で出てきた。彼はシールドの人間だったのね。
ますます『アベンジャーズ』が楽しみ。

マーベル作品恒例のクレジット後の映像だけど、知らない人が多かったのか、クレジットを見ずに帰った人が結構いて、逆に残ってる人はわかってて残ってるって感じだった。
なんだか不思議なキューブが登場。あとでわかったことだけど、これは『キャプテン・アメリカ』に出てくる物体らしい。ただ、一体何なのかは不明。コミックを読んでる人ならわかるんだろうけど。
マーベル作品の場合、クレジット後の映像はとても大事。ほかの映画のように単に"その後"などをおまけ的にやってるんじゃなくて、次回作などに繋がるシーンが出てくる。
『アイアンマン2』の時には今回のムジョルニア発見シーンが出てきたからね。
本編でも『キャプテンアメリカ』『アベンジャーズ』の伏線になるようなものも出てきてるらしいので、もう1回ぐらい見ないとわからないなあ。
というかそれは次回作を見て初めて気付くものなのかもしれないけど。

映画ではコミックのすべての設定を盛り込めないので、ちょっと違った形で取り入れたり、2つのキャラをひとつにしたり、と工夫してるみたい。そうしないとコミックファンが納得しないからかも。
『マイティ・ソー』のコミックでは、地球に追放されたソードナルド・ブレイク医師という人間の身分で暮らしていて、看護婦のジェーンと知り合い、愛し合うことになってるらしい。本当の身分がわかった後もジェーンソーと一緒にいようとしたけど、それができなかったために、記憶をすべて消されて、ソーにそっくりな男性と結婚することになってるらしい。
映画ではドナルド・ブレイクという名前はジェーンの元カレとして登場し、シールドに捕われたソーを助けるための偽名としても使われている。
オリジナルのコミックを知ってるともっともっと楽しめるのかも。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー