有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

You can still rock in Japan!!

やっぱりロックコンサートは楽しいよ~!

今日のNight Rangerのコンサートで思いっきりエキサイトしてきた。気持ち良かった!
彼らは80年代の原点回帰って感じのサウンドになり、コンサートの構成も見た目にも80年代。
今だにブロンドのロングヘアを振り乱してギターを弾いたりして、懐かしい。
聞いてるこっちも80年代の人間なので、これでいいのだ。
別に新しいことしてくれなくても、そのままで十分。
ステージには特別なセットもないし、照明も特に凝ってもいない。
シンプルだからこそ、演奏で勝負。

Night Rangerはツインギターに、ベーシストとドラマーが歌うツインボーカルというちょっとユニークな構成。これこそが他のバンドとは違う個性。
ツインギターがかっこいいのよね。
ボーカルもハードなジャックとメロウなケリーの組み合わせがいい。
曲によって担当したり、1曲の中で分担したり、ハモったりといろんなパターンで楽しませてくれる。

私が彼らのコンサートを見るのは25年ぶりかな。
この10年間にもちょこちょこと来日していたのは知っていたけど、一緒に行ってくれる人がいなくて、気になりながらも行かずじまい。
今回は一緒に行こうと誘ってくれた友だちがいて良かった!

もう57歳になるとは思えないジャックのエネルギッシュな若さはすごい!オープニングから動き回ってるし、叫びまくってるよ。くるくる回りながらベースを弾いている。目が回らないのかな。以前もこんなだったっけ?
ステージで見るジャックはやっぱり小さくてかわいかった。
お茶目なのは先日のインストアライブでも見たけど、コンサートでもお茶目だった。
メンバーたちでじゃれあってるし、遊んでいる感じ。

ギターのブラッドは以前オジー・オズボーンのグループに在籍していたことがあり、ジャック
「みんな、ブラッドがオジーオズボーンでプレイしていたのは知ってる?」
「ブラッドがオジーオズボーンのアルバム(タイトル忘れた)に参加していたのは知ってる?」
「ブラッドがオジーオズボーンと一緒に日本でコンサートをしたのを知ってる?」
とオジーの話をし始め、「じゃあ、何かオジーの曲をやろうよ。ブラッド、君が一番好きなオジーの曲は?それをやってよ」と、オジーオズボーンの曲を1曲やりました。どうやら有名な曲だったらしく、会場は大合唱になったけど、私はオジーの曲なんて知らないので、何の曲かはわからなかったけど。

ケリーの提案で、以前ジャックがやっていたバンド、ダム・ヤンキーズの曲も1曲やっていた。残念ながらこちらの曲も私には分からず。

新聞のインタビューに「新旧とりまぜた曲をやるよ」と言っていた通り、前半はニューアルバムからの曲が多めで、後半にがんがんヒットナンバーを揃えてた。

途中で、ジャックは「僕らは日本がひどい災害に遭ったことは知ってる。だからこそ僕らは日本に来てプレイしなくちゃいけないと思ったんだ。どうしてかというと、みんなに笑顔を取り戻して欲しかったから。キーボードのエリックが君たち日本のために曲を作ったんだ。目を閉じて、リラックスして、じっくり聴いてほしい。気持ちを感じて欲しい」と語り、エリックが弾き語り。かなり荘厳な感じの曲でした。

あとはやはりお茶目なおじさんたちだったわ。いや、ステージは若々しく元気に動き回っていて、息が切れないのかな?と心配になったぐらい。80年代よりも動きが激しくなったような気がするんだけどなあ。
ジャックはベーシストだけど、プレイスタイルがまるでギタリスト。あれ?ギター弾いてるの?と錯覚しそうになったのは一度ではなかった。でも確かに4弦だったよ。

新しい曲も古い曲もシンプルで覚えやすいメロディの彼らだからできることなんだろうけど、とにかくサビの部分は常に大合唱状態になっていた。
特に♪When you close your eyes ♪(You can still) Rock in America ♪Don't tell me you love meなど。

本当に楽しいコンサートだった。ストレートなロックを楽しむのも久しぶりだったしね。昨日やった♪The secret of my successが今日聞けなかったのは残念。そのかわりに歌ったのは何なんだろうなあ。
ブラッドがオジーのバンドにいたことから、なぜかこのバンドはヘビメタ扱い。本人たちは「自分たちをヘビメタを思ったことはない。ポップスでもないしね。僕らはロックンロールなんだよ」と言ってます。私にはちょっとポップなハードロック(矛盾してる?!)って思ってるけど。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索