有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

おちゃめな夜警さんたち

今日はNight Ranger(=夜警団)のインストアライブを見に、山野楽器銀座本店に行ってきました。会場は7階にあるイベントスペースでした。

開店時間の10時半から整理券を配布するってことだったけど、朝っぱらから並ぶほどでもないかと、私たちはのんびり12時に行きました。この日は整理番号は200番まであったけど、私たちは真ん中あたり。整理券の注意書きに「お立ち見になる方が多いです」と書いてある。え?立ち見?そんなことを考えていなかったよ。椅子に座れる人数の方が少ないってことは、整理番号が真ん中あたりの私たちは立ち見??
はい、立ち見でした。でも立ち見の中ではまだ3列目ぐらいだったので、隙間がある左側にポジションを取り、なんとか人と人の間から見ることができました。
私としてはオリジナルメンバーの3人、ジャック・ブレイズ ブラッド・ギルス ケリー・ケイギーが見れればいいと思っていて、私のところからはちょうど3人だけが見えるのでOK
新メンバーの2人はほとんど見えなかった。

3時ピッタリに始まったんだけど、メンバーは私たちがいたすぐ近くの扉から出てきた。ラッキー♪
こんな近くでNight Rangerが見れるなんて嬉しい。彼らのライブを見るのは25年ぶりぐらい?14日のコンサートも楽しみだけど、今日のライブはアコースティックだし、こんなに狭い場所なので、とっても貴重。

オリジナルメンバーのおじさん3人はとっても元気。私は特にジャックケリーが好きだったんだけど、美形のジャックやステキだったケリーよりも今はブラッドの方が渋くて(年相応に)かっこいいかも。
ライブは30分だとアナウンスされていたので、せいぜい4曲ぐらいかなって思った。
でもライブを始める前に進行役が質問をした。
「ジャックさん、大阪と名古屋ですでにコンサートをやってますが、どうでしたか?」
通訳がちゃんといて、彼女が英語で質問。
この"ジャックさん"という呼びかけに会場からは笑いが....。

ジャックは「Hi! I'm Jack! How are you? I'm fine. English lesson!」といきなりジョーク。彼はとてもゆっくりはっきりしゃべってくれたので、英語はとても聞き取りやすくて、通訳が要らないんじゃないかっていうぐらいだった。
大阪が初日だったと思うけど、どうやら地元南カリフォルニア以外では、大阪がツアーの最初になるらしく、ニューアルバムからの曲を演奏するのは初めてで、とてもexcitingだったようなことを言ってました。
それにすごく盛り上がって、観客が興奮していたのか、自分たちの方が興奮していたのか、どっちが興奮していたのかわからないぐらいだったと言ったら、横からブラッドが「僕が一番興奮していたよ!」と挙手してました。

次に「ケリーさん(ブラッドは飛ばすの?)、アルバムのことを教えてください」
ケリーは「去年の12月から今年の4月にかけて、じっくり時間をかけてレコーディングした。今回は僕とジャック、ブラッドだけでなく、(新メンバーの)ジョエルも曲づくりに参加してくれた」というようなことを言っていた。
いよいよライブってことで、司会者が「では演奏をお願いします」と言ったら、
ジャックが手を挙げて、「I have a question!」と言い出して、会場爆笑。
ジャックは隣にいるブラッドに向かって、「Brad, how many times have you been to Japan?」と英語の教科書に出てきそうな文章で質問。
ブラッドはちょっと数えて、「18回!一番最初は14歳の時で、パイロットの父と兄と一緒に来ました。」と親日家ぶりが判明。
「父が仕事でいなかった時に、兄と二人で新幹線に乗って富士山に登ったり、ホンダの工場でバイクの製造工程を見学して楽しかった。でも僕が買ったのはカワサキだったけどね」とオチも忘れない。通訳するまでもなく会場爆笑。
次に新メンバーのギターのジョエルに「日本の観客はどう?」と質問。
彼は「日本の観客は世界一!音楽の知識はあるし、フレンドリーだし、リスペクトしてるよ」とのこと。
するとジャックが「そうそう。日本の観客は何でもわかってるから、ミスするとバレちゃう」(笑)
最後はキーボードのエリックに「君は今回初来日だけど、日本の印象は?日本の一番好きなところは何?」と質問すると、「そうだよ、初めてだよ。日本の気に入ってるところは思いやりの心」ととても優等生なお答えでした。私の場所からは彼の姿はまったく見えず、声だけが聞こえました。
「ジャックさん、もうこれで質問は終わりですか?」と司会者が聞くと、「う~ん、たぶん」(笑)
彼はメンバー全員に話をする機会を設けたいと思ったんでしょうね。
すると今度はケリーが「I have a question!」(笑)
彼は「みんな、僕らの音楽を聞きたいかい?」
観客が「Yeah!」と叫ぶとライブ開始。
まずは新曲の♪Glowing up in California
イントロ演奏中にジャックが「(この曲を)アコースティックでやるのは初めてだよ!」とぼそっと言ってました。この先もこの曲をアコースティックギターで演奏する機会はそうそうなさそうよね。
アコギでもオリジナル音源なみにギターを聞かせてくれたよ。
サビでは合唱も起きていた。今日CDを受け取ったばかりの友人は「まだ聞いてないのに歌えないよ~」。
でも覚えやすいメロディだから、2番ではもう歌えちゃうと思う。

次はケリーがボーカルの名曲、♪Sister Christianでした。「次はSisterの歌だよ」と言っただけで、もちろん何の曲かはすぐわかる。「誰のSister?君のSister?」なんてジョークを言っていたけど、ここでいうSisterはもちろん姉妹ではなく、修道女の方ね。
ケリーは「Do you want to sing?」と聞いたけど、一瞬みんな何のことやらって感じでシ~ンとなってしまい、「Do you want to sing with me?」とゆっくり言い直して、曲がスタート。歌い出しはみんなで合唱。残念ながら私は歌詞を覚えていなかったので、歌えなかった。

次はまたニューアルバムからの曲で、「新曲だけどいいかな?じゃあ、いくよ」と歌っていたけど、なんだったかな。たぶん♪No Time To Lose Yaだったと思うけど。
ここだったかな、ジャックが「明日CCLemonに行く人?」と聞いて、行く人たちが挙手。私は危うく間違えて手をあげそうになった。そして「火曜日にCCLemonに行く人?」と聞き、それぞれ手を挙げた。最後に「どっちも行かない人?」と聞くと、どうやら正直に手を挙げた人がいたらしく、ジャックは「Buy a ticket! Two tickets! One for your friend!」と言っていた
「みんなニューアルバムは買った?」とも聞いていたけど、買ったからみんなここにいるのよ~

次はブラッドがしゃべり出して、「次は最初のアルバム"Dawn Patrol"からの曲で、一番最初の曲」と言うと、ジャックが「え?昔の曲?♪Rock in America?♪Sentimental Street?」と言い、ブラッドが「違うよ。」と言ってるのに、何やら勝手にタイトルを言い出した。「こんな感じ?」ってさわりだけ演奏するつもりが、盛り上がってしまい、しばらく演奏してました。でも最終的には「この曲だよ」と本当の演奏が始まった。力強いドラムのリズムで始まるこの曲はデビューシングルの♪Don't tell me you love meでした。これもサビは大合唱!そしてアコギなのに、オリジナル通りのギターソロ!アコギでもやろうと思えば、あんなすごいギターソロが弾けるんだね。ブラッドは最後にアームをぐい~んとやるフリをして、「あ、なかった!」とおどけてみせてました
ブラッドジャックジョエルと順番にギターソロ。かっこ良かった!ベーシストのジャックのギターソロを聞くのも貴重だよね。

一応これでライブは終了。前方の席のファンは握手してもらったりして、いいなあ。
最後に「ジャックさん、挨拶をお願いします」と言うと、「みなさん、今日は来てくれてありがとう!明日はCCLemonで会おう。火曜日もCCLemonに来てよ。それからアメリカにも来てね!」って。
そのあとなかなか彼らはステージから去ろうとしてなくて、どうしたのかと思ったら、ジャックは「One more?」と聞き、アンコールになりました。
こういうインストアライブでアンコールしていいとは思ってなかったので、真面目な日本人はみんなこれで終了だと素直に受け入れていただけなのよね。
最後に♪Close your eyesを歌い、やはりサビは大合唱。私はタイトルだけでは曲がすぐに分からなかったけど、曲が始まったら、サビは歌えちゃいました。
最後は全員で三本締めでシメジャックは一体どこで覚えたのかしら。
実はNight Rangerのアルバムって2枚ぐらいしか持ってなくて、ヒットした『Dawn Ptrol』も『Midnight Madness』は持ってなかったりするのよね。
全然予習ができてないわ。
でも今日のライブがかなりの予習になったかも。あさってのコンサートがますます楽しみになってきた。

将来、真二がやるかもしれないことを踏まえて、参考までに入場券の入手方法などをご紹介しておきます。

まずはCDを買うとインストアライブの入場券をもらえるんですが、山野楽器各店舗でそれぞれ配布。店によって配布枚数が違うので、店によってはすぐになくなってしまう。私の友人は情報をゲットした翌日に池袋店に朝行ったけど、すでに配布終了。別の友人は横浜店に電話したけど、やはり終了。新宿店に電話した友人が無事にゲット。私は銀座本店に電話して、池袋店で入手できなかった友人の分と2枚予約。
その時に説明されたのは、「もしも入場券を先に引き取りたい場合は、CDの代金を先に払っていただければ、CD発売前でもお渡しできます」と言われ、なんでそんな早く入場券が必要なんだろうと思っていた。
「当日引き取りでもいいですか?」と聞くと、「はい。大丈夫です。でも整理券は当日開店の10時半から配布します」と言われ、だから先に入場券を持っていた方がいいというわけね。私は念のため発売日に引き取ってきました。

整理券だけど、たとえ入場券を複数持っていても、一人1回1枚しかもらえないので、もし友だちの分ももらいたい場合は、1枚もらった後に、列に並び直してくださいと言われた。私は自分が先に行って、整理券をもらったら、映画でも見て時間をつぶすつもりだった。それはできないってことで、友だちと待ち合わせたけど、開店時間をはずせば、もう行列はないので、一人で複数枚の整理券をもらうことは可能。
今日は200人に対して、椅子席はせいぜい60~70席って感じかな。イベントによって椅子の数は変わってくるのかもしれないけどね。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索