ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪
ジョン・ウィック チャプター2
2017年07月26日 (水) | 編集 |
ジョン・ウィック チャプター2 John Wick :Chapter 2 (米・香港・伊・加)(2015)(日本公開2017)

監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーヴス、イアン・マクシェーン、リッカルド・スカマルチョ、コモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジョン・レグイザモ


ロシアンマフィアとの復讐劇から5日後。
ジョン・ウィックキアヌ・リーヴス)はまた静かな生活に戻ろうとした矢先、サンティーノ(リッカルド・スカマルチョ)から暗殺の依頼が入った。
依頼を断ったジョンは家を爆破されてしまい、仕方なく依頼を引き受け、ローマに向かった。
仕事を片付けたにも関わらず、依頼主のサンティーノは、復讐のため、ジョンに700万ドルもの賞金をかけたことで、彼は世界中の殺し屋から命を狙われることになってしまった。

1作目同様、ひたすらジョンが撃ちまくってました
前作では80人ぐらいを撃っていたけど、今回は100人以上撃ってたみたい。
見てても、今回はかなりたくさん撃ってるなあって感じましたから。

前作もそうだったけど、ただただキアヌがかっこいい
前作では殺し屋専門のホテルとか、電話1本で死体を片付けてくれるとか、ユニークな設定が面白かった。
今回は殺し屋向けのテイラーとか武器ソムリエとか出てくるのよ。
テイラーは最初、「昼用ですか?夜用ですか?」とか「ズボンはどうしますか?」「細身でお願いします」とかってやり取りだったので、
普通のテイラーかと思ったら、最後に「裏地は?」と聞いて、「防弾です」って。
ジャケットの裏地は防弾になっているというすごいスーツだった。

武器ソムリエも、まるでワインでも紹介するように恭しく、上品にやるから余計に面白い。
最後に「デザートは?」と言われ、紹介してくれたのはナイフだった。
いや〜実に楽しかった。

アクションもパワーアップしてて、銃の扱いだけでなく、ナイフさばきもいいし、カンフーや柔道なども披露。
リアルを求めるため、ちゃんと弾切れにもなるし、銃槍を入れ替えるシーンもちゃんとあるのよ。
銃槍の入れ替えも素早くやって、すぐに撃って....というスピーディーな動き

ストーリーは相変わらずなくて、ただキアヌが撃ちまくり、キアヌがひたすらかっこいい映画。
キアヌファンにはたまらないよね。
おそらく第3弾もあるんじゃないのかなあ。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する