有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

22年ぶり!

アジアのポップレジェンド、Dick Leeのコンサートに行って来た。
一昨日の金曜日に知って、大慌て
すぐに友人2人に声をかけたら、一人は都合が悪く、もう一人は仕事だけど、7時半からの第2部なら行かれるという。
空席を確認して、コンサートの前日に電話予約。

Dickは90年代のアジアミュージックブームの立役者で、一時期は日本に住んで活動もしていたし、ポンキッキの挿入歌だかも歌っていたのよね。
日本でミュージカルを上演したり、日本のミュージカルの音楽を担当したり、日本のアーティストに曲を提供したり、ユーミンとユニットを組んだり、とにかく日本とはとても縁の深い人。
単独公演として22年ぶりの来日公演。見逃すことはできない!次はいつになるかわからないからね。

開場時間に行って、自分の番号が呼ばれるのを待っていた。
前日に予約したばかりなので、当然番号は最後の方。
とにかく見れればそれでいい!
友人は仕事帰りに駆けつけるので、開場時間には間に合わない。
一人でロビーにいたら、後ろから「好耐無見!小姐!」と広東語で話しかける声がして、振り返ったら、香港留学時代の友だちだった。
あまりの驚きに抱きついちゃったよ。
彼女は「全く知らないけど、付き合わせた」という旦那さんと来ていた。
二人があまりにも興奮して大騒ぎしていたから、旦那さんはちょっと引いていたかも(笑)

彼女たちは私よりも早い番号なので、先に入場。
私は後から入って、席を選んでいたら、近くに彼女たちがいることに気づいて、背中合わせになる席にした。
ところが旦那さんが店員に、「どこか3人で座れる席はないですか?」と聞いていた。
「せっかくだから一緒がいいですよね!」と。
でも「友達がいるので4人になっちゃうんですけど」
端だけど、一番前のテーブルが空いていた。
店員は「角度的に見にくい。スピーカーがそばにある」とあまりおすすめしないようなことを言ってたけど、前で見たかったし、みんなで一緒に座りたかったから、最前列にしました。
ここからならピアノを弾くDickの顔がよく見えるね!

スクリーンにDickのライブ映像が流れた。
それを見終わったら、いよいよライブ開始。
Dickはスカーフ柄のような派手なドレスシャツに白いパンツ姿で登場。
相変わらず背が高くスラッとしてかっこいいわ。

まずは♪Mad Chinaman。
今日はDickのピアノの弾き語り。
ピアノもDickの歌声もよく聞こえる。
歌をじっくり聞けていいわ。

「僕風のアジアの歌を聴いてね」と♪Mustapha、♪Wo,Wo,Ni,Ni、♪Rasa Sayangなど。
この辺りの曲を聴けるとは思ってなかったので、嬉しかった。
♪Mustaphaはジャシンタとのデュエット曲だから一人で歌うなんて思ってなかった。

「僕も去年60歳になったんだ。信じられないよ!もうおじさんになっちゃった。髪の色は地毛だよ!みんなも本物?あははは」
Dickは白髪混じり。かなり白髪の方が多いけど、ロマンスグレーって感じでカッコイイ!

「僕の最初のコンサートに来た人?27年前のことだよ。マッドチャイナマンツアーだね」
その時の写真が写し出され、「僕の短パンが見える?ショートパンツだよ!」
友だちがショートパンツで登場して来て驚いたという話を聞いていたけど、本当にそうだったのね。
エイジャメイジャーツアー、オリンタリズムツアーなど、それぞれのツアーのチラシを見ながら説明。
最後にやったツアーが95年のシンガポールツアー。
このツアーから22年ぶりの単独公演。
イベントでは色々参加して来日してるので、4年前、レスリーの没後10年の追悼イベントで、ゲスト出演して歌っていたのを見たのが直近かな。

レスリーに提供した♪追を広東語で歌ってくれた。
この曲はDickが初めて手がけた映画用の曲。
レスリーとの思い出を語った後、歌ってくれた。
うるっとするシーンだった。

今年、Dickは初めて映画監督に挑戦。
自分の若いころ(17歳〜19歳)、初めてアルバムを作るまでを描いた作品。
映画監督をやりたいとは思ったことはなく、話が来ても断っていたけど、4年目に引き受けることにしたそう。
今はとても楽しくて、自分の新たなキャリアになるって。
Dickはマルチタレントで、シンガーソングライター、プロデューサー、演出家、ファッションデザイン、実業家などいろんな顔を持つ。
それに今度は『映画監督』が加わるのね。
シンガポールで8月に公開されるけど、「日本でも見れるといいよね。首相に手紙を書いてね!」
東京国際映画祭で上映してくれるといいなあ。
監督としてDickが来日してくれたらいいよね。
その映画の中の曲を歌ってくれた。

民謡(フォークソング)として作った曲も歌ってくれたけど、
「シンガポールは若い国家なので(建国51年)、民謡というものはない。民謡というのは100年以上経ってなるものだよね。この曲は僕が作曲したけど、民謡っぽい曲調にしてるだけで民謡ではない。でも今後歌い継がれて行って、民謡になってほしい。その時を僕自身が見ることはできないけど」

他には♪スキヤキ
「僕の歌を全部歌いたいよ!」と各アルバムから満遍なく歌ってくれた。

「日本のみんなにだけこっそり教えるね。シンガポールでは言えないことなんだけど。もしシンガポールに来る時にはエアアジアに乗って来てね。今度ターミナル4というのができるんだよ。そこのショッピングエリアで映像が流れてるんだけど、僕が演出した映像で、僕の曲、♪ブンガ・サヤンが使われているんだ。あ、まだターミナル4はできてないよ。今年の終わりぐらい。だから明日シンガポールに行ってもダメだからね!」

Dickの英語はとても分かりやすいので、トークのほとんどが理解できた。
楽しい話ばかりだった。
「最近はあちこち移動してばかり。昨日は大阪で、今日はここ。この後スペインでAudiの仕事があって、オーストラリアにも行くし、ブラジルにも行くんだよ!」って。
必ずしもシンガーとしての仕事ではないんだろうけど、世界中駆け回ってるのね。
日本には91年〜97年まで滞在し、その後3年香港にいたらしい。
一時期ソニーミュージックのアジア地区の副社長をやっていたことがあって、"歌う副社長"ってタワレコのポップに書かれていたこともあったね。

アンコール前には♪Fried Rice Paradise、アンコールで映画の曲、そして♪We can change the worldを歌っていた。
日本との繋がりが深いDick。
最近新しく曲を提供した人がいるという。
なかなかその人の名前をうまく言えなくて、やっと言えたのが杉山清貴だった。
「彼は今日見に来てくれてるよ」
後ろのボックス席にいた!
隣のボックス席にいるのはサンディーと森口博子では?
一旦場内が暗くなり、「僕が一番多く曲を提供したのはサンディー。彼女も来てくれてます!」
場内が明るくなり、サンディーが立ち上がると大歓声。
Dickファンにはおなじみだもんね。
サンディーもハンカチを振り回して、歓声に応えていた。
「森口博子さんもいるね。彼女には曲を提供したことないけど」
「ソーリー!アイアムまだシンガー!」というと、Dickは「Ok! Tomorrow!」

とっても懐かしくて楽しいコンサートだった。
旧友に再会する機会を与えてくれたDickに感謝!!
香港の楽しい思い出も思い出したよ。
彼女とは香港でサンディ・ラムのコンサートを一緒に観に行って、そこにDickがゲストで出てきて、二人だけ大興奮していたのを思い出すよ。
香港人は特にDickの登場に騒いでいなかったからね。
喜んでいたのは私たちだけだったかも。

ライブの後もしばし友人と語らっていた。
まだまだ時間は足りなかったけど、連絡先も確認したことだし、また別の機会に会えたらいいね。
最初は静かにしていた旦那さんも別れ際には「今日は本当に良かったですね!」と我が事のように喜んでくれたわ。
とても思い出深いコンサートとなりました。
見逃さずにギリギリで情報をゲットして、行けて本当に良かった!
その分、真二のラジオは間に合わず、最後の5分しか聞けなかったけど、収録に参加してリアルタイムで楽しんだからよしとしよう!

Dick、楽しいコンサートと旧友との再会に感謝します!!

2017070218350001.jpg


コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー