有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ Captain America:Civil War (米)(2016)(日本公開2016) + 0.5

監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
出演:クリス・エヴァンス、ロバート・ダウニーJr.、スカーレット・ヨハンソン、セバスチャン・スタン、アンソニー・マッキー、ドン・チードル、チャドウィック・ボーズマン


今まで何度となく地球を救ってきたアベンジャーズではあるけど、一般人を危険にさらしたり、犠牲にしたりしたことも事実。そのため、国連から国連の支配下に入るよう要請が来た。
トニー・スタークロバート・ダウニーJr.)は賛同し、署名したが、賛同するには友人のバッキーセバスチャン・スタン)を引き渡さなくてはならないので、反対をするスティーブ・ロジャースクリス・エヴァンス)。
今までアベンジャーズを引っ張ってきた2人の意見が対立したため、それぞれに賛同するメンバーが仲間割れ。
内戦(シビル・ウォー)が勃発?!

キャプテン・アメリカがひたすら親友のバッキーをかばうために、仲間割れになるのよね。
一時期は契約書にサインをしかけたんだけど。
《キャプテン・アメリカチーム》
キャプテン・アメリカ
ウィンター・ソルジャー
ファルコン
ホークアイ
スカーレット・ウィッチ
アントマン

《アイアンマンチーム》
アイアンマン
ウォーマシン
ブラック・ウィドー
ヴィジョン
ブラック・パンサー
スパイダーマン

チーム同士のバトルシーンはそれぞれの特技や必殺技を繰り出して楽しかった。
決着はつかなかったけど、バトルの間もジョークを飛ばすアントマンとスパイダーマンのおかげで、迫力あるバトルでありながら、結構笑って見てたわ。

バッキーはいつの間に洗脳が解けて、あんなにいい人というか普通の人になっちゃったのかしらね。
確かに前作である程度洗脳が解けて、スティーブのことを思い出してはいたけど。
バッッキーを演じてるセバスチャンスタンが可愛かったわ。
ウィンター・ソルジャーは洗脳されてるので、笑顔は絶対にないんだけど、今回ニッコリ笑うシーンがあって、それが可愛かった。
『キャンプテン・アメリカ』の1作目で、バッキーとして登場した時には特にかっこいいとは思わなかったけど、ウィンターソルジャーになってからは、ちょっとかっこいいかもって思うようになったのよね。
今回は出番もたくさんあったわ。

キャプテン・アメリカ&ウィンター・ソルジャーvsアイアンマンのバトルの時は、アイアンマンが殺されちゃうんじゃないかとドキドキしたよ。そんなことあり得ないとわかってはいたけど、ドキドキするものだわ。

映画の冒頭で、トニー・スタークの若い頃(大学生ぐらい?)が出てきたんだけど、本当にダウニーの若い頃の映像みたいで、興奮してしまいました。
20年ぐらい前のダウニーそのもので、ウケたよ!

スパイダーマンのメイおばさんとして、マリサ・トメイが登場。
トニー・スタークと一緒のシーンがあり、マリサとダウニーのラブコメ『オンリーユー』以来(?)の22年ぶりの共演シーンに興奮。
二人ともだいぶおじさん、おばさんになっちゃったけどね。
ソコヴィアの戦いで犠牲となった息子を持つ母親として出演していたアルフレ・ウッダードはダウニーと『愛が微笑む時』で共演してるので、このシーンでも、あ〜っ!と思ってた。
今回はトニーのお父さんだけでなく、お母さんも登場したけど、お母さんは初登場かな。

説明不足か、伏線としたのか、この人誰?という登場人物もいたわ。
マーベルユニバースの世界だから、過去のマーベル作品を見てないと相関図が理解できないかもね。
今回初登場はブラックパンサーだけなんだけど、アベンジャーズに初めて絡んできたのはアントマンとスパイダーマンもいる。
キャラがたくさん出てくるから、この作品いきなりだとあまり楽しめないかもしれないね。
私は全部見てるから、一応分かっているつもりだけど。
今回久しぶりにマーベル作品に登場してきたのは『インクレディブル・ハルク』のロス将軍。
今回は国連のロス長官として出てきたけど、彼のことを覚えていた人はどれだけいるかな(笑)
初登場のマーティンフリーマンのキャラは『ブラックパンサー』の単独作品で今後活躍するそう。
まだまだマーベルユニバースの世界は広がっていくみたいだね。
一体いつまで続くんだ?!

初日の初回を見たので、熱烈なファンが多かったのか、上映後、場内で拍手が沸き起こってたわ。
クレジット途中で席を立つ人もあまりいなかった。
例のごとくクレジット後のおまけ映像があるので、クレジットは最後まで見てね〜

ところでこの日本語タイトル。
原題とは逆になっている。
『キャプテン・アメリカ』シリーズは
『キャプテン・アメリカ:ファースト・アベンジャー』
『キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー』
となってて、この作品も同シリーズなので、
『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』とすべきなんじゃないかなあ。
なんで逆なんだろうね。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー