有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

リマール

21日にリマールのライブに行ってきました
友達に誘われた当初は興味はあるけど、大ファンじゃないし、レコードも持ってなくて、♪Too Shyと♪The Never Ending Storyの2曲しか知らないし・・・と思ってた。
でも結局行くことにして、思わずカジャグーグーとリマールのコンピレーションCD、そして映画『ネバーエンディング・ストーリー』のブルーレイをポチッ

2曲しか知らないと思ってたけど、CDを聞いてみたら、知ってる曲は7曲ぐらいあるじゃん!
ファンでもないのに、これだけ知ってるってことは、結構ヒット曲があったということね。

仕事の関係で時間的に1部を見るのは難しかったので、かなり遅いけど2部を見ることにした。
比較的前の見やすい席をゲット。
地方から来た熱狂的なファンもいるみたい。
やはり年齢層は高めね。おじさんも結構いたわ。

バンドメンバーが登場して、演奏が始まってからリマールの登場。
ベージュっぽいジーンズにTシャツに黄色いジャケット姿。
ずいぶんとカジュアルなのね。普段着みたい。
リマールは想像通り、小柄で華奢。
顔もちっちゃい!

最初は知らない曲だったけど、歌詞を聞いていたら、
♪K・A・J・A・G・O・O・G・O・O〜って歌ってたから、カジャグーグーのテーマ曲かしらね。

「コンニチワ!ジャパン!久しぶりだね。じゃあ、Let's go back to 80's!」というので、
カジャやリマールの80年代のヒット曲を歌うのかと思ったら....。
このイントロってもしかして、ジョー・ジャクソンの♪Stepping Outじゃん!
思わず友達と顔を見合わせちゃったよ。
80年代の代表的な曲として選ぶにはちょっと地味?!

持ち歌の♪Ooh to be Ah、♪Only for Love、♪Big Apple、♪Turn your back on meとか歌いながら、コール・ポーターの♪Love for SaleやTalk Talkの曲、デュランの♪Save a Prayerも歌ってた。
リマールは若い頃ロンドンのクラブで働いていて、そこにニック・ローズが飲みに来て、音楽をやってる話をしたら、「じゃあ、カセットを送ってくれる?って言われたんだ。みんな"カセット"ってものを覚えてる?(笑)それでカセットを送ったら、ニックが電話をくれて、EMIに紹介してもらいデビューできたんだよ。だからニックにはとても感謝してる」
ということでデュランの曲を歌ったのよね。
Talk Talkも地味な選択よね。日本ではあまり知られてないんじゃないかな。
私はたまたまアルバムを1枚持ってるから知ってたけど。

それぞれの曲をひとつひとつ曲紹介しながら歌うので、歌う前に何の曲を歌うか、わかってしまう。
「街について書いた曲っていろいろあると思うけど、ニューヨークについて書いた曲もあるよね」と♪Big Apple。

「今、恋をしてる人は手を挙げて!」
上の方の席で手を挙げてる人がいて、「男性が一人手を挙げてるね!それじゃあ、今夜恋を求めてる人は?あ、二人いるね」
そして♪Only for Love。
私の友達がこの曲の12インチシングルを持ってきていたので、掲げていたら、リマールは気がついてくれて「おぉ〜!」って顔をして、指をさしてくれてたよ。
こういうことができるのはビルボードだからかな。

2008年にカジャグーグーの再結成ライブがあった話もしていた。
「楽しかったよ!」って。
その時にカジャとして新曲を出したみたいでその曲も歌ってた。♪Space Cadetとか言ってたかな。

ライブの最後はやはり♪The Never Ending Story。
「84年に僕は武道館にいた。ここでジョルジオ・モロダーと知り合った。彼が僕のマネジャーに連絡してきて、新作映画に参加しないかと。レコーディングはミュンヘンで行ったんだ。というのも映画の原作がドイツだったから。そうネバーエンディングストーリーだね」
盛り上がったわ。
生で本物が聞けるのはやはり嬉しい。

♪ネーバーエンディングストーリー あ〜あ〜あ〜
あ〜あ〜あ〜の部分をファンに歌わせるべく、マイクを客席に向けてた。
まだ演奏があるのに、歌が終わるとリマールは一目散でステージから消えた。
唖然としてしまった。
なんで急にいなくなる?

アンコールではオープニングと同様、まずはバンドメンバーが出てきた。
聞こえてきたイントロは♪Too Shy。
もうこの曲しかないもんね。
登場してきたリマールは水色のスーツ姿。
最初からこの衣装の方がいいんじゃないの?
こっちの方が素敵なのに。

アンコールということで、観客はスタンディング!
♪Too shy shy hush hush eye to eyeのサビはみんなで大合唱。
楽しかったわ。

最後なんとステージ上からリマールはポストカードを配り始めた。
私もちゃっかり手を出して、ポストカードをゲットしたわ。
楽しいライブでした

売店では特にCDやグッズの販売がなかったので、サイン会はないんだなあと思い、時間も遅いので、そそくさと帰ろうと思ったら、
「写真撮影会を行います。希望の方は精算を済ませて、お並びください」
ミーハーな私たちは早速精算を済ませて、列に並びました。
「写真撮影だけです。サインはありませんので、ご了承ください」というのを何度もアナウンスしてたわ。
写真は一人2枚まで撮れるというので、スタッフに「可能なら、タテとヨコでお願いします」とお願い。

自分の番になったら、バッグとコートを端に置いて、ちょっと身支度してたら、
それを見たリーマルがなぜか「Ooh!」
「日本に来てくれてありがとう。今日はお会いできて嬉しいです」と握手しながら言ってから、写真撮影。
背中に手を回してくれて、ちょっとかがんでパチリ。
カメラをタテに構えたら、全身が写ると思ったのか、背筋を伸ばして立ってたわ。
撮影の後、「また来てくださいね」とまた握手してしまった。
リマールはにこやかでいい人だったよ。
2ステージもやった後で疲れているのに、写真撮影会をしてくれるなんてね。
1部でもやってたかどうか知らないけど、特にファンからリクエストがあったわけでもないのに、ビルボードってファンサービスがいいところよね。

特にファンではないけど、リマールのライブを十分に楽しんでしまいました。
また来日したら行こうかな


コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー