有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

サイコ

サイコ Psycho (米)(1960)(日本公開1960)

監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー、ヴェラ・マイルズ、ジョン・ギャヴィン


ある日、アリゾナ州フェニックスの不動産会社で働くOLマリオン・クレインジャネット・リー)は頭痛を理由に早退し、社長から銀行に預けるように言われていたお金を持って、恋人サム・ルーミスジョン・ギャヴィン)の住むロスへ向かった。途中で警官や中古車店で不審がられながらも、夜ベイツ・モーテルにたどり着く。
経営者のノーマン・ベイツアンソニー・パーキンス)は親切な青年だったが、どこが変わっていた。
そしてシャワーを浴びている時に何者かに襲われマリオンは命を落としてしまう。
妹の失踪を心配した姉のライラヴェラ・マイルズ)はサムや会社が雇った私立探偵と共に妹を探し始める。

怖かった!
こんなに怖くてドキドキする映画は初めてだと思うほど怖かった。
あの有名なシャワー室の殺人シーンは知ってるけど、実はちゃんと見たことはなかった。
ストーリーは想像とは全然違っていたし、シャワーのシーンは前半に出て来ちゃうのね。
あの殺人がメインストーリーではなかった。
最初はマリオンがお金を盗んで逃げる話かと思ったら、早い時間に呆気なく殺されてしまう。
後半は姉と恋人のマリオン探しになり、視点はノーマン・ベイツへ。
あらすじをネットで見てしまったので、ストーリーを知った上で見たにも関わらず、相当に怖かったわ。
こんな映画を55年も前に作っていたなんて、当時は今よりももっともっと衝撃的だったでしょうね。
ヒッチコックはすごい!

ノーマン・ベイツがいかにして猟奇殺人鬼になったか、前日譚を描く『ベイツ・モーテル』というドラマがあって、去年見ていたんだけど、映画に出てきたノーマンの屋敷もモーテルもドラマで見たものと同じ!
当たり前なんだけど。

55年前だからモノクロなんだろうけど、このモノクロの映像が余計に不気味さを表現してて恐怖感を増してるのよ。
カラーならカラーでリアルで怖いのかもしれないけど、モノクロも十分に怖いわ。
ドラマ『ベイツ・モーテル』もかなり怖い。
もうすぐ第2シーズンが始まるので楽しみだけど、きっと怖いだろうね。
だってノーマンの凶暴性がだんだん現れてくるんだから。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター