有縁再見!
ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪
海難1890
海難1890 Ertugrul1890 (日本・トルコ)(2015)(日本公開2015)

監督:田中光敏
出演:内野聖陽、忽那汐里、ケナン・エジェ、アリジャン・ユジェソイ、笹野高史、川野直輝


1889年親善視察団を乗せたオスマン帝国(トルコ)のエルトゥールル号が日本に向け、イスタンブールを出航。明治天皇の謁見などの活動を終え、1890年9月帰国のため、横浜港を出発したが、台風に遭い、和歌山県沖で座礁、水蒸気爆発を起こしてしまう。
爆発音を聞いた村民たちが岸壁から見たものは無数の人と船の残骸。
生き残った人をた助けようと、台風の中、漁師たちが海から遭難者を引き上げた。
島の医師田村内野聖陽)、彼の助手のハル忽那汐里)は救護に当たり、村長の佐藤笹野高史)ら村民一丸となって、遭難者を命がけで助けた。
その95年後、イラン・イラク戦争の最中、テヘランに取り残された邦人たちは国の救援機もなく、途方にくれていた。
各国の旅客機もすべて出発し、最後の望みはトルコの救援機。なんとか日本人のためにももう1機出してもらうことにはなったが、空港にはまだたくさんのトルコ人が待っていた。

何年か前にエルトゥールル号の事件を知って感動をしたのを覚えている。
貧しい漁村で、自分たちの食料も十分にないにもかかわらず、
救助した69名の世話をし、犠牲者の葬儀も執り行っている。
この事故のおかげで、日本とトルコの友好関係が続き、テヘラン邦人救助につながるんだけど、
日本政府が救援機を出さなかったことに怒りを感じるわ。
トルコ政府が助けてくれなかったから、どうなっていたことやら。

日本とトルコの俳優はそれそれよかったんだけど、演出が若干気になったかなあ。
忽那汐里は帰国子女なので当たり前だけど、内野さんは英語が上手だった。
上手というよりも英語が喋れるって感じだったわ。
個人的には夏川さんの遊女ぶりがよかった。
そして我らが川野直輝くんが出演してるのよね。
すぐには気づかなかったけど、日本編に出ていたわ。
そういえばgenerationのライブのトークで、トルコ語を喋っていたよね。
きっと共演したトルコ人俳優から教えてもらっていたのよね。
救助されたトルコ人乗員の役でたくさんトルコ人が出ていたからね。

一度、和歌山の遭難場所に行ってみたいな。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する