有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

杉原千畝 スギハラチウネ

杉原千畝 スギハラチウネ Persona Non Grata (日ポーランド米)(2015)(日本公開2015)

監督:チェリン・グラック
出演:唐沢寿明、小雪、小日向文世、ボリス・シッツ、アグニェシュカ・グロホフスカ、ミハウ・ジュラフスキ、ツェザリ・ウカシェヴィチ


外交官として在ロシア日本大使館に赴任するのを目標にしていた杉原千畝唐沢寿明)は諜報能力に長けていたために、ソ連から警戒され、入国拒否となる。
その後、リトアニア・カナウスの日本領事として妻幸子小雪)ら家族を伴って赴任することとなった。
ドイツがポーランドに侵攻し、迫害されたユダヤ人たちが出国のために、日本の通過ビザを求め、領事館に集まってきた。
日本政府からは了承を得ないまま、独断でビザ発給をすることを決意する。

実話なので、あらすじはわかっていたものの、リトアニアに赴任する前の杉原さんの活動は知らなかったし、外交官があんなに諜報活動をしていたとは思わなかった。
それに杉原さんの行動は家族を生命の危機にさらすほど危険なことだったなんて。
ゲシュタポにも狙われていたみたいね。
確かに政府の許可なしにビザを発給したので、違法行為があったかもしれないけど、2000年に杉原さんの名誉が回復するまでの外務省の扱いはひどかったのね。
ビザを発給され、助かったユダヤ人が戦後外務省を訪ねてきても、「そんな人は先にも後にもいたことがない」と答えてるのよね。
実際、杉原さんは外務省を退職しているし。
リトアニア地元やヨーロッパではとても尊敬されているのにね。

こういう人道的行動をしたのはシンドラーさんが有名だけど、
杉原さん以外にもアルゼンチンや中国の外交官も同じようなことをしてるらしい。
あまり人に知られていないだけよね。
自分が同じ立場ならこんなことできないだろうなあ。
どの時代にも勇気ある人が必ずいるものよね。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター