有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

アデライン、100年目の恋

アデライン、100年目の恋 The Age of Adaline(米)(2014)(日本公開2015)

監督:リー・トランド・クリーガー
出演:ブレイク・ライヴリー、ミキール・ハースマン、ハリソン・フォード、エレン・バースティン、キャシー・ベイカー、アマンダ・クルー


29歳の時に雷に打たれた影響で、歳を取らなくなってしまったアデライン・ボウマンブレイク・ライヴリー)は身を守るために、10年ごとに名前と身分を変え、引越しを繰り返していた。
真実を知る娘フレミングエレン・バースティン)
だけが心の拠り所だった。そんな最愛の娘も歳を取り、見た目にはまるで自分の祖母のようになっていた。人を愛することを拒絶してきたアデラインだったが、エリス・ジョーンズミキール・ハースマン)と出会い、ある決意をする。

ストーリーに惹かれて見に行ったのだけど、ハリソン・フォードが素敵だった
ハリソンさんはハン・ソロであり、インディー・ジョーンズであり、私のヒーロー。
でも今回はとても抑えた演技で、ベテランらしい落ち着いた感じが良かったわ。
かつての恋人でプロポーズまでしようと思っていた相手がある日突然消えてしまい、
そして40年以上も経ったある日、また目の前に現れるなんて。
再会の動揺した感じ、真実を受け入れた大人な対応。
いくら大好きだった彼女が目の前に現れたからといって、彼にはしっかり人生を生きてきた誇りがあるから、彼女になびいたりはしないのよ。
個人的には彼にアデラインを追いかけて欲しかったけど

雷に打たれて、電磁波の影響(?)で、歳を取らなくなったという設定だけど、アデラインが交通事故で沼だか池に落ちてしまい、仮死状態になるのを科学的に説明するので、なんだかとってもリアルな感じ。
ファンタジーでSFな設定なのに、リアリティがあるのが面白い。

アデラインは1908年生まれなので、現在は107歳ってことね。
107歳は世界最高齢クラスだけど、ありえない年齢ではないよね。
でも29歳の美貌を保ったままというのはありえない。
彼女は歳を取らないだけで、不死身という意味ではなかった。

20年代、40年代、60年代など時代時代のファッションと髪型で、彼女が本当に100年も生きて来た感じがよく出てたわ。
相手役のミキールが私好みのイケメンだった
彼はオランダ人だそうだけど、英語は全く問題ない人だった。
彼がハリソンさんの息子という設定も違和感がない。
そしてハリソンさんの若かりし頃を演じている俳優はどことなく、似ていてこれまた説得力があったわ。
声の感じも似ていたしね。

もう身分を偽ることをやめて、真実のままに生きる決意をしたところで、また交通事故に遭い、AEDにより電流を浴びてしまう。
これで元の体に戻り、自然と老化現象が起きるようになったみたい。
それをオープニングのように科学的に説明するんだけど、私には蛇足に感じた。
ファンタジーなんだからもう説明は要らない。
最後にアデラインが白髪を見つけてうれしそうに微笑むシーンだけで十分だわ。
これからはアデラインとエリスは共に年齢を重ねて幸せに過ごすと思わせてくれた。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索