有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

ターミネーター 新起動(ジェニシス)

ターミネーター:新起動(ジェニシス) The Terminator :Genisys(米)(2015)(日本公開2015)+0.5
監督:アラン・テイター
出演:アーノルド・シュワルツネッガー、ジェイソン・クラーク、エミリア・クラーク、ジェイ・コートニー、J.K.シモンズ、イ・ビョンホン


2029年のサンフランシスコ。核戦争の後、スカイネット率いる機械軍と核戦争を生き残った人間軍の戦いが繰り広げられていた。人間軍を率いる指揮官ジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)との戦いに苦戦を強いられている機械軍は彼の母親であるサラ・コナー(エミリア・クラーク)がジョンを生む前に抹殺しようと、1984年に殺人マシンターミネーター T-800アーノルド・シュワルツネッガー)を送り込んだ。
サラを守るため、人間軍も戦士カイル・リースジェイ・コートニー)を送り込んだが、彼が到着した1984年は事前に聞かされていた世界とは違っていた。

あらすじを聞いて、あまり期待できないなあと思っていたんだけど、その"期待"通りだった。
いい評価もたくさん聞くけど、何をメインに見るかによって評価は分かれるのかな。
シュワちゃんを見たい人には若シュワ、中年シュワ、老シュワが出てきて、シュワ同士の闘いもあって面白い。
でも私はサラとカイルを見てしまうので、う~ん......
私の中ではマイケル・ビーン演じるカイルが最高にかっこよかったからね。

ネタバレしちゃうけど、今回は過去を書き換えてしまったために、別の時間軸の1984年が舞台をなっている。
だから、カイルが到着した時にすでにサラはカイルがジョンの未来の父親であることを知っているし、
T-800は1984年以前の1973年(だったかな)に何者かに送り込まれ、そこでサラを強い女性に育ててしまっている。
だからカイルの存在価値は薄い。
ジョンの父親であること以外に役目はない?!
しかもその役目自体も不要かもしれない。
というのも今回の最大の敵はジョンだから。
カイルが1984年に送り込まれる時にジョンはスカイネットに襲われ、サイボーグ化されてしまい、
スカイネットの起動装置であるジェニシスを止めるべくカイルとサラが行った2017年では、
ジョンがそれを阻止するために襲ってくるのよ。

1984年にタイムスリップする時にカイルがジョンから母親になるサラへのメッセージを預かる。
「未来の人類のために必ず僕を生んでください」
でもその人類の救世主であるはずのジョンがスカイネットに寝返ってしまってるなら、
むしろジョンを生む必要はないかも?
それでは「ターミネーター」の根源を覆してしまうのよね。
カイルは死ななかったし、サラとカイルは"合体"もしなかったし。

時間軸を変えてしまったら、もう何でもアリ。
すると今回の新シリーズで続編が作られるとしても、
元の歴史上の2029年も変わってしまってるということよね。

ただ、旧作ファンとしてうれしかったのは、1984年の再現。
シュワちゃん登場シーンやカイル登場シーンが忠実に再現されているのよ。
アングルからせりふから何もかも。
あれは面白かったなあ。

新たな展開になったストーリーもすべてがダメというわけではなく、
面白い部分もあったけど、ジョンが敵になってしまった以上、今後どうなるのかな。
クレジット後のオマケ映像を見ると、続きはあるみたいだし、
ジョンはまだ生きているような感じ。

1973年に善人のT-800を送り込んだ人物がなぞのままになっているので、
もし続編があるとしたら、それが誰であるかがキーになるかもしれない。
ストーリーからしてジョンでもカイルでもなさそうだけど。

そうそう、ビョンホン演じる液体金属T-1000はよかったんだけど、
途中でサラとT-800にやられてしまうので、活躍の場が少なかった。
「T2」では最強の敵だったのに、今回は最強の敵T-3000(ジョン)の前ではあまり強くないように見えてしまいました。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索