有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

真二@アースキャラバン2015

アースキャラバン2015
東京:増上寺
2015年7月19日(日)開演 11:45〜


いや〜暑い!!
今日梅雨が明けたみたいね。
台風も困るけど、暑いのも困るね。

11:45からずっと見てました。
トップバッターのアコースティックデュオ、和楽器を使ったロックバンド、
ベリーダンサー、創作舞踏、各宗教家のスピーチ、僧侶のバンドなどなど。
真二が出てくるまで長かったわ〜
ステージが始まる直前、ステージ裏でインタビューを受けていたけど、あれってどこで見られるのかな。
ステージ後もインタビューを受けていたみたいだけど、あれはどこのインタビューなんだろう?

司会の人が真二のことを紹介してる時に、「僕も同年代で...」といった言葉にファンがウケてしまった。ちょっと上に見えたので....。
「"同年代"がおかしかったですか?(笑)」
そのあとデビュー同時のエピソードなどを話し「アルバムが初登場1位になったそうです。いいですか?合ってますか?(と最前列のファンに確認)ファンの方とお見受けするので、一応確認しておいた方がいいかと思いまして」
そんな紹介が終わり、真二が登場。
今日は涼しげな水色のTシャツです。

「みなさんこんにちは!暑い中、ありがとうございます。大丈夫ですか?もう本当に暑いですよね」
「このイベントにはなんらかの形で関わらせていただきたいって以前から話をしてました。今日は参加できてうれしいです。それにここ増上寺の本殿の目の前でできることもとてもうれしいです。まずは一礼したいと思います」と本殿に向かって一礼。私たちファンも思わず一緒に一礼。

ステージに向き直ると「あれ?静かになっちゃったね。じゃあ、暑いのでライブもささっと終わらせます」
「え〜〜〜〜〜〜っ!!
「あははは、ちゃんとやりますよ」

まずはギターで♪Make it a Paradise
"Yeah!"の声は結構すごくて、境内に響いてました。
「原田真二ってご存じですか?いいんですよ。知らなくても」
「僕の代表曲がありまして....」とここで、ステージすぐ横の階段で見ていた女性が「キャンディ!」
「♪キャンディ!そう来ましたか。そうですね。じゃあ、♪キャンディですが、ギターとピアノどっちがいいですか?」
みんな一斉にピアノを指差す。
ステージからはその光景が面白かったらしく、真二も同じように指差して笑っていた。
キーボードに座り、「(ピアノだと)オリジナルの感じですよね」と♪キャンディへ。
「♪キャンディ知ってましたか?
たくさんの人が手をあげていて、その中に外国人がいたらしく、
真二は「Are you sure?」って声をかけていた。
その外国人の答えは聞こえなかったけど、どうやら本当に真二のことを知っている様子でした。
以前にどこかでライブを見たことあるのかも?

観覧スペースには一部椅子が用意されていて、前2列に真二ファンが多く座ってました。
コールもそこに集中していたので、「今日は前の方のうちの親戚筋が....。」
次は「"ごめんなさい"と"ありがとう"を言えないといけないですよね」と♪下柚木の丘はいつだって
そして「僕のメッセージソングの原点です」と♪OUR SONG
今日この曲が聞けると思ってなかったので、うれしかったわ。
しかもエンディングのピアノではすごく熱くなってて、かっこよかったわ。
「次の曲はもしかしたら知ってるかもしれませんね」と♪タイムトラベル
合唱ではいつものように「みなさんもっとはじけましょう!こんな感じ(読経みたい)になってますよ。あ、まあ、今日は(増上寺だから)それもいいんですが(笑)でもやはりはじけましょう!」
今日は僧侶もいるし、お寺だし、読経風も悪くない?!

ギターに変えて、「今日は本当にありがとうございます。では最後の曲です」
「え〜〜〜っ!
「なんか前の方の関係者だけみたいになってて、総意ではないみたいなんですが.....」
全員で「え〜〜〜〜っ!」とやって、最後の曲♪てぃーんずぶるーすへ。

アンコールはピアノ。
「NYのピースコンサートで毎回歌ってるんですが、こういう機会にこそ歌いたい曲です。♪ひろしまから始めようという歌なのですが、これは終戦55年の時に作った曲です」
もう15年も前になるのね。
「今年も8月の広島、長崎の日にライブをやりますが、この日に日本でいったい何が起きたのか。誰の責任とか悪いとかではなく、海外の人に知ってもらうのはもちろんですが、その前に日本人が知るべきだと思います。広島や長崎ではこの時期になると原爆の勉強をきっちりやりますが、広島から東京に移り住んだ時、広島から外に出ると、まったく違っていて、その温度差に驚きました。日本人は必ず広島や長崎に行って、何が起きたのか知ってほしいです」
この話をしてる間、あちこちから「そうだ!」とか「その通り!」と声があがっていて、真二はその度に「ありがとう」と答えていた。
そして最後は♪ひろしまから始めよう
「まずはこのフレーズを歌って下さい」と♪ひろしまから始めよう〜のサビ部分を何回か練習して、そのまま歌へ。
実際にみんなで歌う時に、「後ろの人たちは適当に歌って下さい(笑)」
前の方はファンなので問題なかったと思うけど....。
最後のリピートでは、"ひろしま"以外に"東京"
「ほかにどこかありますか?」
「ふくしま!」
「ほかには?海外でもいいですよ」
「ながさき!」
♪ふくしまから始めよう〜
♪ながさきから始めよう〜

♪ひろしまから始めようの時に私はすご〜く会場の一体感を感じて、感動しました。
それと昼前からずっといろんな人を見ていて、ほかの出演者の経歴はよく分からないけど、
やっぱり真二はプロだなと思った。
もしかしたらファンの欲目もあるかもしれないけど、
真二は声が出ている(通っている)し、ピアノもギターも全然音が違う。
ステージングというか盛り上げ方もうまい。
歌唱力や演奏の技術だけでなく、真二はすごいなって改めて思った。

暑い一日だったけど、とてもいいライブを楽しませていただきました。

♪Make it a Paradise (ag) from 『Make it a Paradise』
♪キャンディ (p) Single
♪下柚木の丘はいつだって (p) Single
♪OUR SONG (p) Single
♪タイムトラベル (p) Single
♪てぃーんずぶるーす (ag) Single

〜アンコール〜
♪ひろしまから始めよう (p) Single

コメント

ありがとうございました! 

michiyoさん

ライブレポ
ありがとうございました!

どんなだったか
とても気になっていたので
すごーく嬉しいです(≧∇≦)!

OUR SONG
素敵だったんですね。

今回のLIVEで
真二さんの思いが
より広く、多くの人達に
伝わったことでしょうね(^^)。
  • ふんわり 
  • URL 
  • 2015年07月20日 19時35分 
  • [編集]
  • [返信]

ありがとうございます 

真二の熱いメッセージは会場にいた人たちに届いたと思います。
最後はとても一体感を感じました。
  • Michiyo 
  • URL 
  • 2015年07月22日 23時02分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー