有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

真二@第1回日本ゴスペル音楽祭 昼の部

第1回日本ゴスペル音楽祭
東京:渋谷公会堂
2015年5月31日(日)昼の部14:00~ 


2時10分前ぐらいに会場に行ったら、中から声が聞こえて、すでに始まってるのかと焦った。
そしたら開演前に挨拶や表彰式をやっていたらしい。
会長の亀渕さんの挨拶のあと、湯川れい子さんからのビデオメッセージがあり、功労賞の授賞式。
淡野さんという男性が受賞したんだけど、亀渕さんは「私は授賞するというよりも一緒に受賞したいわよ!」
淡野さんも「先輩からもらうなんて畏れ多い」と恐縮至極。

2時になり開演。まずは福岡のクワイアから。
「昨日の地震はすごかったですね。福岡ではあまり地震はないので、驚いたんですけど。あれ?なんか(会場の)反応が薄いですね(苦笑)」
彼らが2曲やったあと、亀渕さん率いるVOJA(The Voices of JAPAN)の先鋭7名で構成されたSEVEN VOJAが加わり、1曲。そのあとSEVEN VOJAだけでメドレー2曲。

そのあと亀渕さんとVOJA本体が登場。
亀渕さんもそれなりの年齢なんだろうと思ったけど、プロフィールを見てびっくり。
もう70歳になっていた!
杖で歩いて、椅子に座って歌っていたんだけど、2曲目だったかな。
亀渕さんがリードを取る時に立ち上がって歌う姿に感動してしまった。
多少足腰が弱っていたとしても、歌声は健在。
素晴らしい歌声を聞かせていただきました。
そのあとにも2つのクワイアが加わり、かなりの人数で歌ってました。
♪Oh Happy Dayは私も知ってる曲。といっても♪Oh Happy Day~というコーラス部分だけだけど。

久米小百合(久保田早紀)さん登場!
真二の次に楽しみにしていた。
彼女は『天使にラブソング』のようなゴスペルの人たちが着る服を着て登場。
白地に赤いラインが入ったものでかわいらしかった。
「グリーンだったらVOJAに入れてもらえるかしら?(笑)」
彼女は現在、歌う伝道師として、教会、幼稚園、学校などでゴスペルや賛美歌を歌ってるそうですが、以前にテレビでその姿を見てました。
まずはアカペラで1曲。
そのあとピアノの弾き語りで2~3曲歌っていた。
歌の内容は確かに神様などゴスペルなんだけど、曲調はポップスでした。
「本当はこれで終わりにする予定だったんですけど、もう1曲歌います」
「私のデビュー当時、久保田時代のマネジャーが湯川れい子さんと親しく、私って声があまり出ないんですよ。それでボイストレーニングを受けた方がいいって話してたんですが、先生が忙しくて、レッスンを受けられないまま私は引退しちゃって.....。今日やっと先生にお会いすることができました」

「それから原田真二さん。デビュー当時から仲良くさせていただいて、真二くんって呼んでたんです。デビュー当時にラジオの公録でジョイントコンサートをしたのが真二くんでした。
今日も会った時に"真二くん!"って声をかけたんですけど、"あぁ"と(そっけない感じ)、そして"わからなかった"って言われちゃいました。30年ぶりぐらいなんですよね。お互いに年を取ったと話してました。(笑)」

真二のバンドメンバーが久保田さんのバックバンドをやっていたこともあったから、そういう交流もあって、当時は仲良しだったんじゃないかと思うわ。

「年月が経って、使用前/使用後みたいになっちゃうけど、歌は変わらないままですよね。ゴスペルでも賛美歌でもないけど、"異邦人"という言葉はバイブルによく出てきます。では、♪異邦人です」
ここで会場は沸きに沸きました。すごい歓声と拍手だった。
私も今日ここでこの歌を聞けるとは思ってなかったので、嬉しかった!

そのあとも3組のエントリー出演のクワイアがパフォーマンス。
3組目のクワイアがすごかった。
歌い出しはちょっとジャズっぽかったけど、そのあとが激しい。
歌もジェスチャーも表情もすごかったわ。
あまりの激しさに圧倒、唖然。

そのあといよいよ真二の登場。
こんなすごい集団のあとで大丈夫かしら?
司会の紹介のあと元気に登場してきて、
「あんな大人数のあとで、しかもドラムまであって、僕は一人ですよ(笑)」
甲高い声で「Ah~~~~!なんてすごかったでしょ。僕は一人ですが、みなさんが僕のクワイアです。頼みますよ。Voice of お客さん、Voice of AudienceでVOAですね。」

「ずっと客席から見てたんですけど、歌の力を感じて感動しました。みなさんの歌声は素晴らしいですよね」
まずはギターで♪Make it a Paradise
お客さんはみんないいノリで、手拍子もたくさんあったし、"Yeah!!"の声もすごかった。
真二も「すごいね~」
「さっき旧姓久保田早紀さん、久米夫人が僕のことをコメントしていたけど、実は今日彼女がいることをよくわかってなくて。リハーサルでステージで会った時に気付いてなくて、楽屋で会った時に"早紀ちゃん!"とやっとわかったんだ。いきなり失敗しちゃったね。でも素晴らしい驚きでした」

ピアノに移動。
今日はグランドピアノだったけど、大勢のクワイアが出演する関係で、ピアノの位置がかなり奥。
真二が遠い.......。
「改めて原田真二です。僕のことわかってますか?」
かなり大きな拍手。
「知ってる曲はある?」
客席から「キャンディ!」という声が。
「じゃあ、♪キャンディ」と♪キャンディ
時間がないのか、ちょっと急いだ感じで、しかも1コーラスのみの短いバージョンだった。
「コールはうちの親戚筋にお願いしてやってもらったんですが、みんなでやりましょう」と全員でやったら、すごかった。
クワイア関係の人が多いからね。

「渋公は実に懐かしいですね。昔、ここではテレビの公開番組をよくやってたので、よく来てましたよ。思い出がたくさんありますね。」
Modern Vision Tourもやってたし、私も何度かここで真二のコンサートを見たけど、今日がその見納め?!
今の渋谷公会堂は改装をしてるので、当時の渋谷公会堂と全く同じではないんだけど、今度は"建て替え"をするので、渋谷公会堂は今年解体をして、3年後に新装オープンの予定。

「この曲も知ってるかもしれない」と♪タイムトラベルのイントロを弾き出したら、拍手が沸き起こり、私はちょっと感動しちゃった。
親戚筋以外にも真二の歌を楽しみにしている人がたくさんいたのね。
今日は"ここは渋公"だった!
そして合唱ではもちろん三部合唱。
今日やらなくていつやる!
歌好きな人が多いので、みな協力的に歌ってくれるし、ハモリもばっちり!!
すごくきれいで、真二も大喜び。
最後はVOJAに参加してもらって♪YAMATOの英語バージョン。
今日も映像を流しながらのパフォーマンスだった。
これだけのクワイアが揃ってのコーラスは素晴らしかった。
真二もいつもより力が入っていたようでした。

一旦下がったあと、フィナーレの準備。
真二も久米さんも再登場して、フィナーレに参加。
フィナーレには亀渕さんや各クワイアのリーダーが参加。
歌う曲は♪We shall overcome
亀渕さんが歌の内容を説明し、一度みんなで練習。
はい、本番。
みんなで歌っていたけど、ちゃんと真二の声を聞き分けたよ。
時々真二はフェイクを入れたり、コーラスを付けたりしてました。
お客さんだけで歌わされたけど、みんなちゃんと歌ってた。
お客さんが歌う時には真二や久保田さんが前に出てきて、客席にマイクを向けていたので、ちょっとだけ真二が近くなったわ(笑)

フィナーレのあと、真二はファンの声援に手を振って、ステージを下がっていきました。

クワイアの人たちはみなテンションがすごくて、圧倒されっぱなし。
指揮をするリーダーもみな個性的だったわ。
たった一人でステージをやった真二もまた、大人数には負けないパフォーマンスで場内を盛り上げていた。
さすが真二!!
やっぱり真二はすごい人だった。

♪Make it a Paradise (ag)
♪キャンディ (pf)
♪タイムトラベル (pf)
♪YAMATO~The Global Harmony~ (pf) w/VOJA

~フィナーレ~
♪We shall overcome

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター