ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪
 香港電影天堂 最終章
2015年04月13日 (月) | 編集 |
残念なことにシネマート六本木が6月で閉館になってしまう。
最近はなくなっちゃう映画館が多いよね。
アジア系の作品を上映してくれていて、よく見に行っていたわ。
香港映画のセミナーみたいのもやってくれていた。

クロージングとして香港映画特集をやってくれる。
どれもこれも見たい作品ばかりで困っちゃう
まだ日程も出てないから、今からどう調整しようかと思案。

http://cinemart.co.jp/theater/special/closing-hongkong/

『男たちの挽歌』シリーズ、『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』シリーズ、『無間道(インファナル・アファ)』シリーズ、『誰かがあなたを愛してる』『狼たちの絆』『風の輝く朝に』『過ぎゆく時の中で』

香港映画を見始めた頃、日本では(香港でも)チョウ・ユンファがすごい人気で、
彼の作品は旧作を含めて、公開されたり、ビデオがあったので、私は見まくっていた。
『男たちの挽歌』なんて私の香港映画の原点よ!
『誰かがあなたを愛してる』も銀座シネスイッチで当時記録になってたぐらいに人気作品だった。
今でも大好きな作品。
『狼たちの絆』は香港留学中に香港で見た作品なので、思い入れもある。
レスリーが引退する前最後の作品だったかな。
豪華出演者で、確か旧正月の公開だったかも。
『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3』も香港で見たわ。
このラインナップだけでもすごいけど、これに『ゴッド・ギャンブラー』シリーズもあったらもっとよかったのに。
若かりし華仔に会いたいなあ。

全部を見ることはできないけど、できる限り見たいわ
DVDを持ってるものもあるけど、やはりスクリーンで楽しみたい。
今では映画館で上映される機会が少ないものを優先して見ようかな。

他にも台湾映画特集もあるんだけど、見るヒマなさそう。
せめて『恋恋風塵』だけでも見れたらいいなあ。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する