有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)(米)(2014)(2015年日本公開)+0.5

監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
出演:マイケル・キートン、ザック・ガリフィナキス、エドワード・ノートン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ


かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡したリーガン・トムソンマイケル・キートン)はその後パッとしなくなり、俳優人生を賭けてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。ところが共演者はどうしようもない俳優でクビにし、代役のマイクエドワード・ノートン)は俳優としては素晴らしかったけど、舞台で本物のお酒を飲んで酔っぱらうし、付き人をやってもらってる娘のサムエマ・ストーン)に手を出すわでトラブルメーカーである。
なんとかプレビュー公演は切り抜けたそんな時に自分の中のバードマンが語りかけてきて、悩まされていた。
いよいよ明日は初日公演。果たして幕は上がるのか。

アカデミー賞作品賞を受賞したので、あちこちで内容は紹介されていたけど、いや〜面白かったわ。
コメディでもドラマでも恋愛ものでもなく、ジャンル分けはできないけど、ブラックコメディとでもいうのかな。
全体的にヒーロー映画を皮肉ってる感じ。
主演のマイケル・キートンは『バッドマン』で一躍有名になったけど、2作品のみで『3』は降板。脚本が面白くなかったらしい。確かに『3』はヒットしなかったよね。それはマイケル・キートンが出なかったせいもあるかも?
エドワード・ノートンは『インクレディブル・ハルク』で主演して、監督や脚本ともめて、結局続編が作られなかったし、その後『アベンジャーズ』にもハルク役で続投することもなかった。
二人ともヒーロー映画なんかもう出たくないって感じかも。
エマは『アメイジング・スパイダーマン』シリーズに出てるよね。
代役を探す時に実名で俳優の名前がいろいろ出てくるんだけど、みなヒーロー映画に出てる人ばかり。
舞台はヒーロー作品ではないから、別の俳優でもいいと思うけど、わざとヒーロー映画に出てる人の名前を使ったのかもね。
ダウニーは映像まで使われて、「半分の才能もないのに、ブリキを着て人気者になってる」みたいな言われ方をしてたわ。
私も思わず笑っちゃったわ

俳優や映画を知らないと笑えない部分もあるので、あまり一般向けしないかも。
でも映画好きの人なら十分楽しめる映画だと思うわ。
それにしてもマイケル・キートンはタイムズスクエアを下着姿で歩くなんて、役者根性を見せつけられました。
エドワード・ノートンもアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされただけの演技を見せてもらいました。実際に彼は共演者やスタッフともめることも多いので、"トラブルメーカー"の役は皮肉かも(笑)

全編に響くドラムスコアがかっこよかったです。それが+0.5かな

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー