有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

真二@Heart Aid東北支援ライブツアー 第9弾 前編

東日本大震災支援 Heart Aid東北ライブツアー 第9弾 前編
2015年3月28日(土)~29日(日)


《HOPE@ビッグパレット》

今回がたぶん今までで一番朝早い出発の支援ツアーだったんじゃないかと思うわ。
朝7時に東京駅をバスで出発するため、集合は6時50分。
私は6時45分ぐらいに到着したんだけど、すでにほとんどの人が集まってました。
みんな、早いなあ。
早起きが苦手な私は5時前に起きて、その時間に集合場所に行くのが精いっぱいだった。

今回は定員を超えての申し込みがあり、バスの座席数の関係上、お断りした方もいたらしい。
ということでバスは満席でした。
会場であるビッグパレットまで約4時間の長旅。
スケジュール、注意点、号令の練習のあと、
特別に車内で『下柚木小学校創立20周年記念式典』のDVDを上映。
式典に参加することもできないし、DVDを入手することもできないので、
基本的にこういう映像を見ることはないから、とても貴重な機会だわ。

前半は式典の様子が流れ、挨拶や来賓の紹介があり、「校歌斉唱」となったので真二が登場するのかと思ったら、そうではなかった。伴奏のピアノの音が真二の演奏でないことは、バスの乗客はみな分かっていた。
子供たちが実際に歌ってるのを聞いて、ちょっと感激。毎日こうして子供達は歌っているのね~

後半になり子供たちの大歓声に迎えられ、やっと真二が登場。
真二のライブ部分は権利上の問題でDVDには収録されていなかったけど、アンコールに校歌を歌ったシーンだけ入っていた。
ライブでいつも一部だけ歌うような感じで歌っていた。
スタッフの話によると、アンコールには別の歌を用意していたけど、子供たちから「校歌を歌って~」とせがまれて、急遽歌うことになったとか。いいシーンだよね。

子供たちが制作した校歌のMV(?)も収録されていた。映像というよりはスライドみたいで、歌詞になった文字を手のひらに一文字ずつ書いて、それを歌に合わせて映し出すというもの。すごくかわいらしかったわ。

ビッグパレットには予定よりも30分ぐらい早く到着。場内に荷物だけ置かせてもらい、しばしロビーで待機。しばらくすると中から真二がギターを抱えたまま出てきた。朝のバスには乗ってなかったから、今回会うのはこれが最初。だから思わず歓声があがってしまった。でも「ちょっと拍手が小さいよ!」と真二が言うので、「わぁ~」と盛り上がったけど、まだお客さんのいない静かなロビーでこんなに声を出しちゃっていいの?
真二はそのまま主催者スタッフに連れられ、楽屋(?)に移動。ギター抱えたまま歩いているから、まるで流しみたい
さっき荷物を置くのに中に入った時、司会のお兄さんが真二のプロフィールを紹介する練習をしていた。きっとそのあと真二のリハーサルだったのね。

そのあと中に入ってバザーの準備。
12時の開場時間からバザーを開始する予定だったけど、お客さんが来ていて、早めに開場したので、バザーも準備しながらさっそく開始。
今回は開演前しかバザーができないので、1時間ちょっとしか時間がない。
最初はぱらぱら来ていたお客さんもだんだん増えてきた。
お友達同士「あなた、これが似合うんじゃない?」なんて洋服を試してみたり、みんな楽しそう。おばさまたちもやはり“女子”なので買い物は楽しんでるわ。
「おまけ付けてよ~」とか「これも買うから安くしてよ」なんてやり取りもお互いに楽しみながらバザーは進行。
私自身は後方支援していたので、あまり直接お客さんとは接していなかったけど、初参加のSHINEメンバーも楽しんでいる様子。売るのが上手な子がいて、まるで自分が仕入れてきたかのように、上手に商品を紹介するので、彼女が商品説明するとすぐに売れる。私たちは彼女を"カリスマ店員"って呼んでた(笑)売ってほしいものがあると、「これもお願い!」と彼女に頼んでいたよ。

開演5分ぐらい前に終了して、一気に片付け。
空いている席に座ってもいいということだったので、後方2列の右ブロックに固まって座ってました。
まずは田部井淳子さんのお話。御年75歳とは思えぬ、元気はつらつとした話っぷり。しかもとても面白くて、聞いてるこっちも元気になる。
田部井さんは福島県の出身。震災支援活動の話を中心に、思い立って"山ガール"の仲間たちと始めたシャンソンのことなどを話してくれた。せっかくだからとシャンソンはコンサートまで開催して、その収益金を支援活動に利用したそうです。コンサートでの衣装で、女性のドレス三原則があるそうで、"(胸元を)開ける、透ける、光る"
真二ファンも今年のディナーライブにはぜひ、"開ける、透ける、光る"な服装でお出かけください!

10分ほど時間オーバーをして、田部井さんの講演が終了。
10分もかからないほどの準備時間のあと、真二のライブがスタート。
まずは被災者であるお客さんたちへの挨拶。
がんばってこられたことへの労いと感謝「ご苦労さまです。そしてありがとうございます

「震災のあと支援のために最初に訪れたのがここビッグパレットです。僕にとってはとても思い出深く、また支援の決意を心新たにした場所です」
元気に♪Make it a Paradiseでスタート。
"Yeah!"では「みなさん、声を出すと気持ちいいですよ!」と呼びかけ。
お客さんの年齢層は高かったけど、みんな元気に声を出していて、
「さすが、音楽の街、郡山ですね。郡山はブラスバンドの街なんですよね」
へぇ~そうなの?知らなかったわ。

「原田真二ってわかりますか?」
拍手が起きていたけど、「ありがとうございます。ここは拍手しておいてくださいね(笑)」
前の方に真二のことが好きな人がみたいで、とっても盛り上がっていた。
私たちの近くにも同年代の女性2人がいて、とてもうれしそうにライブを楽しんでました。
ここでトレードマークの♪キャンディ
この曲を知ってる人は結構いたみたいね。
「今日は郡山の親戚に頼んでコールをやってもらいましたが、みなさんもぜひやってください」とここでもいつものようにみんなでやりました。
「今、"郡山の親戚"と言いましたが、実は今日は僕のファンクラブのメンバーが東京から25人来て、後ろの方にいます。何かの役に立ちたいと全くのボランティアで参加してくれて、さっきバザーをやっていたと思いますが、ここで紹介させてもらいます」と紹介してくれた。

♪タイムトラベルの合唱の時には、またステージ前まで出てきて歌唱指導。客席内に降りてきて、歩きながら、「ありがたい(お経みたいな)感じに聞こえますよ!もっとはじけてください!」
私たちファンの近くにも来てくれた。

最後は♪大和
今日も映像を流しながらだったけど、客層の年齢が高かったからなのか、日本語だった。ちょっと久しぶりで新鮮な感じ。やはり被災地で歌う時には真二の心持ちも違うのか、いつもと違って聞こえた。
ライブのあとでみんなが真二に「ライブよかったですよ」というと、「ほんと?」
「特に♪大和がよかったです。日本語だったし」
「そうだね。日本語で歌うのは久しぶりかもしれないね」と真二

今日は時間の関係か、アンコールはなし。
予定より15分か20分ぐらいオーバーしちゃったからね。
あとで知ったけど、このあともホールを使用する人がいたらしく、長くは使えなかったみたい。
だからバザーも開演前だけで、終演後はできなかったのね。

真二が被災地での支援活動をスタートしたビッグパレットに来ることができて良かった。真二も感慨深かったんじゃないかと思う。
今はここに被災者は住んでいないので、当時よりも状況は良くなったのかと思っていたけど、会場の外に出て、ビッグパレットの横に仮設住宅らしきプレハブの建物があるのを見て、まだまだなんだなと思った。
私が被災地に来るのは1年半ぶりぐらい。
多少はよくなってはいるんだろうけど、現地に来る度に、まだまだなんだと感じます。

♪Make it a Paradise (ag) from 『Make it a Paradise』
♪キャンディ(p) Single
♪タイムトラベル(p) Single
♪大和~The Global Harmony~ (p) Single

コメント

No title 

参加させていただいた地元人です。
昨年秋、開成山界隈でB1グランプリが開催されました。
2日間とも絶好のお天気でしたので、かなりの大賑わいでした。こんな賑わいをここで見れるなんてと、震災の時の絶望感を思い出すと夢のようでかなり胸熱でした。
鎮守の杜コンサートや支援ツアーで開成山に来てくださった真二さんファンの方々にもお見せしたかった光景でした。

今回も福島に来てくださってありがとうございました。心より感謝です。
まげでらんに。
  • おGさん 
  • URL 
  • 2015年04月05日 12時49分 
  • [編集]
  • [返信]

ありがとうございます 

おGさん、

コメントありがとうございます。
B1グランプリ、ぜひとも見たかったです。
ここだけの話、また6月に福島へお伺いするかもしれませんよ。
内緒ですよ〜(笑)

  • Michiyo 
  • URL 
  • 2015年04月05日 12時56分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー