有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

スキーツアー 2015

凝りもせず、今年もスキーツアーに参加して、足腰痛いです(笑)

去年は苗場だったけど、今年は飯綱高原。
宿泊先はなんとホテルアルカディア!!!
ここは『ENTRANCE』のレコーディングをした場所であり、過去に何度もFCイベントで利用した場所。
そして真二が結婚式を挙げた場所でもある。
私は一度も訪れたことがなかったので、今回念願叶ってうれしい。

私は2日目のみ参加。
昼前に行って、午後からスキーをするつもりだった。
飯綱高原スキー場行きのバスを待ってる時に、前日から参加してる友人に、「去年みたいにゲレンデでの集合時間ってあるの?」とメールしたところ、「今からみんなで(戸隠)神社に行って、戻って着替えてからスキーをする予定。Michiyoさんたちがホテルに到着する頃には誰もいないかも」
え?ホテルには誰もいなくなっちゃうの?

同行の友人らと「どうする?」と相談。
アルカディアや戸隠神社に行ったことがある友人が現地の状況や距離感などを教えてくれて、「行くなら早い方がいい」とみなで戸隠神社へ直行することを決断。
「戸隠神社に向かってるから、待ってて〜」と先に行ってる友人にメール。
もしかしてすれ違うかもしれないけど、メールしておいたら、待っててくれるかも?と淡い期待(笑)

奥社の入り口から本殿(?)までは山登り状態。
それを雪が積もった中で30〜40分歩かないといけないので、荷物を持ったままというのは無謀。
どこかのお店に預けることができればいいけど、冬場は神社の参拝客も少ないので、お店が開いてる保証はないとタクシーの運転手さんは言ってた。

奥社の入り口脇にあるおそば屋さんが営業していたので、そこで荷物を預かってもらうことにしました。
店主はとても親切で「帰りにおそばを食べることができないかもしれないけど、いいですか?」と言うと、
「大丈夫ですよ」
「じゃあ、せめて預け賃だけでもお支払いします」と言っても、「大丈夫ですよ。荷物はそこに置いといてください。」と笑顔で荷物を預かってくれました。

なんとか真二たちご一行に追い付こうと、かなり早足で雪が積もった山道を歩いたけど、なかなか到着しない。途中、雪に埋もれた鳥居もあったから、2メートルぐらい雪がつもっていたということかも。
雪が積もった杉並木の美しさを楽しむ余裕もなく、その中をせっせと登って行き、時々下りてくる人たちとすれ違った。そのうち真二たちとすれ違うかもしれないと思ってたけど、まだ大丈夫そう。
だいぶ進むと、上の方にグループで歩いている人たちが見え、先頭を歩いているのが真二だとわかった。友人も私に気付いてくれて、手を振ってくれた

私たちが真二たちに追い付いたのはちょうど本殿に到着した時。
やっと到着して、みんなが集まってるところに私たちが行くと、「よく間に合ったね!」と真二
あとで聞いた話ではSHINE一行はみな、私たちが追いかけていることを知っていたそうで、みんなから「早い!」「すごい!」と言われました。

参拝が終わり、下山(?)する時にやっと周りの景色を楽しむことができた。途中で杉並木をバックにツーショット撮影会。でもこの時に真二がすごくいい笑顔を見せたのはスマホで自撮りしていた時
あの自撮りの写真をどこかにアップして欲しいわ。

ちょうどお昼時になったので、私たちが荷物を預けていたおそば屋さんで戸隠そばのランチ。
荷物を預かってくれたお返しができた気分。
その後、アルカディアに戻って、支度をしてスキー。
アルカディアからスキー場までは徒歩3分。
その前に一部の人を除いて、みなスキー道具をレンタル。
アルカディアと提携してるショップなので、めちゃくちゃ安い!
一気に大勢で行ったので、大変そうだったけど、おじさんが一人でテキパキと対応。
ほとんどがスキーをレンタルしてたけど、スノボをレンタルする人もいたし、真二は去年同様、スキーとスノボの両方をレンタル。

すでに午後になっていたので、リフトは半日券でいいだろうってことだったけど、料金表を見ると、「シニア(50歳以上)」というのがあり、窓口の人は「証明書要らずの自己申告」というので、みなシニア券を購入。
ほとんどが実際にシニア券適用で問題なかったでしょう(笑)
でも50歳以上で「シニア」って呼ばれちゃうのはどうよ?
スキーだから?
スキーの世界では50歳以上がスキーをするのはもうシニア扱いなのかな。
ちなみに苗場ではシニアは55歳以上でした。

どんどんとみなリフトに乗って、上へ。
私はとろとろしていたので、リフトに乗ってる時にすでに滑り降りてくる真二やSHINEメンバーの姿を目撃。
去年30年ぶりにスキーをして、あれから1年。
カンを取り戻すのに時間かかってしまったわ。
1本目は何度か転んじゃって、自力で立ち上がれない時には人に助けてもらってた。
SHINEメンバーはみんないい人だ!
滑りながらの方向転換がうまくできなくて、わざと転んで板の向きを変えようとしていたら、リフトから「頑張れ〜」という真二の声が聞こえた。嬉しいけど、恥ずかしい〜

3本は転びながらなんとか滑り、4本目からは一度も転ばずに滑ることができて、楽しくなってきたのに、時間切れ。
私は6本のみ。上手な人たちは早く滑り降りられるから、10本ぐらい滑っていたかな。
リフトの営業は4時半まで。
4時25分頃にリフトに乗る時に、係員に「最後ですよ〜」と言われた。
真二は前半スキー、後半にスノボ。
最後の1本は全員の到着を待って、「みんな揃った?じゃあ、行こうか」とみんなで滑降。
遅れたファンを待ったりして、中腹で真二が止まると、一部のファンも休憩。
私は途中で止まるなどという芸当はできないので、ゆっくりながら真二を追い越して、滑り降りました。
すでに下にいた他のファンと一緒に、滑り降りてくる真二をカメラ片手に待ち構えてました。
スノボで滑り降りてくる真二を何とかカメラに収めることができたけど、あっという間に目の前まで降りてきてた。
ズームで撮ってたから、ファイダーの中にいきなりどアップで真二の顔が飛び込んできて、びっくりしたわ。

ゲレンデで記念撮影をして、スキー終了。
ちょっと時間が短くなってしまったけど、今年も楽しかったわ。
来年もスキーツアーがあるかどうか知らないけど、
次回はもう少し上手に滑れるといいなあ。

今朝、ホテルの無料送迎バスで帰る私たちを真二が見送ってくれた。
「ありがとうございます。また長野に来てくださいね」と真二
そして私たちは「お世話になりました。来年また来ま〜す!(笑)」

Comment

NoTitle 

一度は行ってみたいスキーツアー。
私も20年以上は行ってないし腰も痛めてるから滑れないかも。
真二の自撮りした写真見てみたいです。
その時を誰か撮ってはいなかったのかな?

いつも楽しいレポをありがとうv-221
  • posted by narumi 
  • URL 
  • 2015.03/08 14:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

自撮り 

あまりにも景色がきれいで思わず自撮りしてしまったんでしょうね。
自撮り写真自体を私たちが見る機会はないでしょうけど、
自撮りしてる真二の姿は撮りましたよ(笑)
  • posted by Michiyo 
  • URL 
  • 2015.03/09 01:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター