有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

ゴーン・ガール

ゴーン・ガール Gone Girl(米)(2014)(2014年日本公開) 

監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、タイラー・ペリー


結婚5周年記念日の朝、妻エイミーロザムンド・パイク)が失踪してしまった。マスコミに登場して、情報提供を呼びかけた夫のニックベン・アフレック)にとって不利な状況証拠ばかりが発見され、世論だけでなく、警察からも妻殺害の容疑をかけられてしまう。弁護士(タイラー・ペリー)を雇い、なんとか無実を証明しようとするニックだが。

この作品を紹介する時に「結婚を考えてる人は見ない方がいい」とか、夫婦やカップルで見に行くと「隣の人が何を考えているかと恐くなる」と言ってたけど、確かにそうかも。
ロザムンド・パイクの演技が素晴らしすぎて、とっても恐ろしい。
美しいだけによけいに恐ろしい。

夫が妻殺しをしていないだろうということは感じていたし、失踪は偽装だろうってことも考えていたけど、私はいつもの"宝探し"のジョークだと思ってた。
結婚記念日にあげるプレゼントを隠して、"宝探し"のようにヒントをもらって隠し場所を探すというゲームをしていた夫婦だから。

失踪の偽装は想定内だけど、そのあとが恐かった。
あそこまでしなくてもいいのに〜
というかなんて恐ろしい女性なんだろうと思ったよ。
妻殺しどころか、夫が彼女に殺されるんじゃないかとドキドキしちゃったわ。
ラストシーンも恐い......。

とにかくロザムンド・パイクがすごい!
たぶん彼女はアカデミー賞にノミネートされると思うし、もしかしたら受賞もしちゃうかも。
そういえば、映画の中でジェーン・オースティンの小説に出てくるエリザベス・ベネットの話をするんだけど、ロザムンドは『高慢と偏見』でエリザベス・ベネットの姉、ジェーンを演じてるのよね。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー