有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

真二@クラブeX 12/4

3 days ライブ
東京:品川プリンスホテル クラブeX
2014年12月4日(木)19時開演
出演:原田真二/TSUKASA Strings


クラブeX 3daysが始まりました!!

まずはストリングスのお姉さんたちが登場。ステージ左右に二人ずつ。
少しして真二が登場。
白いシャツに黒地に赤いバラ(?)の柄が入ったジャケットに黒のパンツ。
オレンジのスカーフは去年3月のフォーラムでつけていたものね。
白いシャツは先日のNHKで着ていたものかな。
パッと見は真っ白のシャツに見えるけど、よく見ると白糸で刺繍が入ってるのよね。

「今日からクラブeXでの3daysです。初日に来ていただいてありがとうございます。今日は楽しんで下さい」

オープニングはなんと♪キャンディ!!
この曲からライブを始めるのなかなかないよね。
今日はストリングスと一緒でとってもステキ。
アレンジとしては『OUR SONG』のバージョンかな。
ストリングスがいることでお客さんはちょっと緊張?
"真二コール"が控えめ(笑)
真二も「えっ?!」という表情。
1番の2回目にはほとんどなく、2番や3番に至ってはコールはなし。

「今日はみなさんどうしたんですか!お上品!お気遣いいただいて、ストリングスの方に失礼のないようにって感じですか?さあ、いつものようにやってみよう。」とみんなで"真二コール"。
「そうそうこれ!いつもはこうなんですよ」とストリングスの方に説明。

次は♪てぃーんずぶるーす
これも『OUR SONG』のオケバージョン。だから♪ラララ~がなかったです。
ここでピアノに移動。いつものように譜面台とマイクスタンドをどかすと、拍手が起きて、「いつもはこんなところで拍手なんて起きないのにどうしちゃったの?(笑)」

「みんなガチガチだね。僕も緊張してるけど。あはは」
ここでストリングスメンバーの紹介。
右側の二人はチェロとヴィオラ。
真二はチェロを紹介する時、「大きいバイオリンを持った方がいますね」って(笑)
紹介されると彼女はチェロでちょっとだけ曲を奏でた。
知ってる曲だけど、タイトルがわからない。
真二も「よくCMとかで聞く曲ですよね。知ってますよ!」
ヴィオラの方は紹介の時、♪Amazing Graceを弾いて、「それは僕も歌ってる曲なんですよ。いつ歌うかは秘密です。」ということは3日間のどこかで歌うのね。

次は左側のバイオリン二人。
第二バイオリンの方が弾いてくれた曲も知ってるけど、タイトルが分からないなあ。
真二も「知ってますよ~」って。
最後にリーダーで第一バイオリンのTSUKASAさんが弾いた曲も真二は知ってて、「そのあとどうだっけ?」というと、続きを弾き、それに合わせて真二もハミング。
「何の曲でしたっけ?」
「ロンドンデリーの歌です。でも歌詞がつけられたものは♪ダニーボーイです。」
「あ~そうか。♪ダニーボーイか。アメリカの曲でしたかね?」
「いえ、アイルランドの民謡です」
このストリングスはTSUKASAさんがリーダーのTSUKASA Stringsというユニット名ですが、4人ともそれぞれお美しい。
ドレスも色を合わせているらしく、バイオリンの二人は、一人はグリーンのドレスに黒のベルト、一人は黒のドレスにグリーンのドレス。
あとの二人はヌードカラー(肌色)のドレスを着ていた。
デザインは違うけど、それぞれ二人は色をコーディネイトしてて、きれいだったわ。

「僕が初めてストリングスアレンジした曲で、19歳の時に書いたメッセージソングです」
こんな早くに♪OUR SONGだ!!
今日は左寄りの席だったので、ピアノの手もとがよく見えたんだけど、その手前にバイオリンが目に入ってしまい、ついついそっちを見てしまって.....。
もっとちゃんとピアノの手もとを見ておくべきだったわ。

「ストリングスを使った曲はいろいろあって、どの曲をやろうかといろいろ考えたんだけど、これにしてみました。」
なんと、♪Every Sunday
懐かしい!
ストリングスと一緒の♪Every Sundayはすてきだったわ。
「この曲を歌う機会がしばらくなかったけど、時期的にも歌いたいなあって思って歌いました」

またギターに移動すると、高い椅子が用意された。
なぜかここで笑いが起きて、「なんで笑ってるの?」
私もなぜお客さんが笑ったのかはわからなかった。
「次の曲はオリジナルのアレンジでやります。本当にオリジナルと同じなんですよ。じゃあ、CDを流せばいい?ってそういうことじゃないよね。あはは」
ギターでイントロをポロンと弾くと、♪Natural Streamだった。
場内から声であがると、「いいね~このざわめき」と満足気。
ストリングスが入って、本当にオリジナルと同じ。すっごくよかった!!
「かなり懐かしいよね。セカンドアルバムに入ってたよね?」
ファンがみなうなずく。「僕も時々わかんなくなっちゃうんだよね。」

「ソロのバイオリンとやったりしたけど、今日はカルテットと共演するということですごく楽しみにしてました!」
♪Every Nightだけど、これも『OUR SONG』のバージョンかな。
曲の最後には"ポン"!と。
場内がその一音に湧いた。
「最後の"ポン!"っていうのがいいよね。あれってピチカートっていうんだよね?」とストリングスの方に確認。
「リハーサルではパーフェクトだったのに、さっきちょっと.....。もう1回やってみましょう」と真二がエンディングのギターを弾いて、指揮をして、やったんだけど、ズレていた。
素人の私が聞いてもわかったぐらい。
それで「もう1回!ハイ!」と合図したけど、誰もやらない。
単なる合図だけではやらないものなのね。
またギターを弾いて、指揮すると、今度はピッタリ!!
拍手〜

ここでまたピアノに移動。
聞こえてきたイントロが♪Information Networkでびっくり!今日みたいなライブでまさか聞けるとは思わなかった。
でもエレキの準備がないけど???
ギターパートはなく、前半のピアノの部分のみだったけど、すごくよかった。
そのままメドレーのように、ズンチャズンチャと♪MARCHのイントロ。
ストリングスの人たちが立ち上がったので、スタンディング?と思ったら、ステージを下がっていきました。
ノリノリの曲だし、ストリングスもいなくなって、場内はいつものような熱気に。
♪Take your way by yourself~をみんなで歌ってる間に、真二は小太鼓を準備して、叩き始めた。これに合わせて歌うのはちょっと難しい?
肩のベルトに小さなマイクがついていて、「お、ここにマイクがあるね。」とそのマイクで歌い出した。
ステージから下りて、客席内を小太鼓を抱えて叩きながら、歩き回ってた。
「さあ、みんな歌って~」
1周回ってステージに戻ったあと、「いや~太鼓を叩くのは時期尚早でしたね(笑)うるさくてすみませんでした。叩きながら、申し訳ないと恐縮してました」

「もうすぐクリスマスですね。この時期は人に感謝を感じる時ですが、世界中の全ての人がクリスマスを祝っているわけではないんですよね。」

「クリスマスソングはクリスマスしか歌えないんですよね。ちょっとクリスマスソングを歌いましょうかね。スタンダードな曲が大好きなんだよね。きっとみなさんも知ってるはずです。♪The Christmas Songです」
♪The Christmas Songはクリスマスソングの定番だね。
続けてオリジナルの♪Honey Christmasです。
コーラス部分をファンが歌ったんだけど、相変わらず上手に歌えなくて、「さあ!」とみんなに歌わせた時、かなりぐちゃぐちゃ。オンチな感じ?
真二もファンも笑っちゃってるよ。

「ちょっと高すぎるんじゃない?低い方でもいいんだよ」
なかなかうまくいかなくて、「英語だから....。じゃあ、日本語でいうと"急いで、急いで、あなた"かな。それじゃあ、"いいじゃあないの~"(エレキテル風)みたいだね。あはは」

「じゃあ、"早く、早く、あなた"で歌ってみよう」
すると「え~~~っ!」とファンから大ブーイング。
でもやったみた。
♪早く、早く、あなた~って(爆)
2回目にはバラバラ(笑)
「ぐしゃぐしゃだね。なんかまた考えておくよ」
え?何を?
この歌はいい曲なんだから、ギャグにしないでよ~

「今日を楽しんだ人も明日もあさってもここで待ってます!曲が違うんですよ!もちろん同じものもあるけど、日替わりメニューってものがあるんですよ!」

「後半もがんがんいくよ!」と♪タイムトラベル
今日はもちろん"ここは品川"。
「今日は3部合唱してみようか?」と久しぶりの3部合唱。
真ん中の主旋律が小さくて「主旋律としての自覚を持って下さい!」
次のパートの人たちは上手だった。「本気で歌ってる人がいますけど、いいですよ~本気で歌って下さいね!」

「ちょっと久しぶりになるけど、世界配信した♪YAMATOの第2弾みたいな感じで、来年から出していこうと思ってます。来年みなさんにお届けできると思うので、待ってて下さい」
ちょっと久しぶりの♪The Lightは今日は英語バージョンで。

ここでストリングスが再登場。
イントロが始まり、真二はピアノを弾きながら、「(何の曲か)わかってる?」
答えは♪Wake Up
ストリングスアレンジの♪Wake Upなんて珍しい。
間奏部分は真二の指揮で、ストリングスをフューチャーしてた。いつもと違う感じで、これもよかったわ。
途中でステージを下りてきて、何をするのかと思ったら、真ん中の通路にコンガが用意してあって、それを叩き始めた。
ファンの肩(?)を叩いたり、頭を叩いたり。
近くにスキンヘッドの男性がいて、彼の方を見てニヤリ。片手はコンガ、片手は彼の頭に。実際には彼の頭を触る感じで、もちろん叩いてはいないけど、場内爆笑。
ステージに戻る際、真二は彼に会釈してたわ。

ギターに移動して、♪見つめてCarry On
間奏でのノックのフリは真二自らが先導してやってたわ

「今日は本当にありがとうございます!いよいよ最後の曲となりました」
「え~~~~っ!」はいつもの通り。
「これは台本通りですね。でも女性の声が大半だったと思います。男性の方もたくさんいらっしゃるようなので男性にも聞いてみましょう。"いよいよ最後の曲となりました"」
すると「え~~~っ!」と男性の渋い声!
予想以上の大きな声に真二は大喜び
「なんか今キュン!と来ちゃったよ。いいね~もう一度聞きたいなあ」ともう1回。
「男性のフリして参加しなくてもいいよ」と女性ファンに言ってから、もう一度男性に聞くと、さっきよりも大きな声。

「大丈夫。まだ曲は用意してあるから。」とこそこそと内緒話のように言ってから、「じゃあ、とりあえず~」と言ったので、みんなが「とりあえず?」と笑ってしまい、「そうだよ。とりあえずだよ。初日の本編はこれで最後です」

真二は何やら小さな声でギターを叩きながら一人でリズムを取っていた。
それから「1、2、3、4」とカウントをとってストリングスのみでイントロを演奏。
そう、♪僕らのハーモニーのオーケストラバージョンね。
だから曲に入る前にリズムのテンポの確認をしていたのね。

アンコールで、真二だけでなく、ストリングスの方も再登場。
「じゃあ、もう1曲やらせていただきますね。あれ、今"あと3曲"って言った人がいたけど、明日もあさってもあるのでね。」
最後は♪YAMATO
終わるとストリングの方たちに「どうでしたか?“こんなのフフン”って感じかな?」
クラシックの現場に比べたら簡単だったでしょ?という意味ね。
みなさん大きく首を振ってました。
「緊張感を持ちつつ、楽しんでいただけましたか?」と聞くと、うなずいてました。

ストリングスの方が去ったあと、「明日、あさっても待ってます。控え室が毎日同じなので、家財道具一式を持ち込んで、品川に住んじゃってますので、品川に来てくださいね!」と挨拶をして終了。21時ちょっと前だったかな。

今日は左寄り、明日は右寄り、最終日は中央と毎日違う方向から楽しめるのがいいね。
真二もストリングスのみなさんも毎日違う衣装かな。
楽しい週末だわ。

♪キャンディ (ag) w/strings Single
♪てぃーんずぶるーす (ag) w/strings Single
♪OUR SONG (pf) w/strings Single
♪Every Sunday (pf) w/strings Single
♪Natural Stream (ag) w/strings from 『natural high』
♪Every Night (ag) w/strings from 『Doing Wonders』
♪Information Network (pf) w/strings from 『HUMA CRISIS』
♪MARCH (pf)Single
♪The Christmas Song (pf)
♪Honey Christmas (pf) Single
♪タイムトラベル (pf) Single
♪The Light (pf) Unreleased
♪Wake Up (pf) w/strings from 『natural high』
♪見つめてCarry On (pf) w/strings Single
♪僕らのハーモニー (pf) w/strings from 『Harmony』

~アンコール~
♪YAMATO~The Global Harmony~ (pf) Single

コメント

 

はじめまして。
私も初日のクラブexに行きました。
こんなに詳細なライブの模様を書いて頂いて嬉しい☆
あのライブが甦りました~
3日間行かれたんですね。ホントうらやましいです。
真二さん、音楽はもちろん人柄も素晴らしいんだぁ~
今回は3回目のライブだったけど、私のことも覚えてくれてました。サイン会でお話出来るのもいいですよね。
  • kyoneko 
  • URL 
  • 2014年12月09日 23時31分 
  • [編集]
  • [返信]

楽しかったですね〜 

はじめまして。
サイン会をやることがその人柄の現れかもしれませんね。
ライブ後で疲れているのだから、やらなくてもいいのに、必ずやってくれて、しかも一人一人丁寧に対応してくれますよね。

またライブに来てくださいね。
  • Michiyo 
  • URL 
  • 2014年12月10日 18時35分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー