有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

NYツアー その5

2014年8月8日前編

今日はいよいよバンドライブの日!
ライブまでの時間は自由時間。
買い物をするのは今日しかないってことで、昨日からあらかじめ行くところを決めて待ち合わせもしていた。
ところが携帯のアラームに気付かないまま寝ていたようで、
起きたのは待ち合わせ時間の9時半。
急いで支度して、10時にホテルを出発!

NYの地下鉄は南北に走ってるものが多く、あまり横移動はしてない。
東京の地下鉄は東西南北走っていて、いろんな駅で乗り換えができるし、丸ノ内線のような環状線みたいなものもある。
私たちがよく利用していたのは7番街を走る路線(1、2、3)
今日行きたいのは14丁目だけど、7番街沿いではなく、マジソン街の14丁目で、ユニオンスクエアがあるところ。
地下鉄路線図を見てみると、14丁目には東西に走る路線(L)と交差している。
乗り換えられるかも?
もし乗り換えられなかったら、外に出て歩けばいい。
14丁目で乗り換えにチャレンジすることにした。

電車は空いていたので、座っておしゃべり。
2駅なので、あっという間に14丁目駅に到着。
でもおしゃべりをしていて気付くのが遅かった。
「あ!14丁目だ!」と腰をあげた時にはドアが閉まってしまった。
ところがドアが開いた。
でもすぐに閉まってしまい、諦めていたら、なんともう一度ドアが開いた。
今度は少し長めに開いていたので、急いで降りたよ!
まるで私たちのために開けてくれたかのよう。

乗り換えるには一駅分ぐらい歩くことになって、
その通路はエアコンが効いてなくて、蒸し暑かったわ。
でも無事に乗り換えることができて、
今度は一駅だけなので、乗り過ごさないようにと
「座らない!喋らない!」と自分たちに言い聞かせました。

14丁目ーユニオンスクエア駅で降り、周りの景色と地図を片手に目的のTrader Joe'sを探してみたけど、見つからない。
何となく方向を間違えてるような気がして、近くのパトカーにいたおまわりさんに聞くと、「そこを渡って左に行けば、すぐだよ」と教えてくれた。

Trader Joe'sはオーガニック系の食品を専門としたスーパー。
真二もまたろうさんもここの調味料がお気に入りで、
その話を聞いていたので、行きたいと思ってた。
調味料やクッキーなどそれぞれ買い物。
私は我が家と姉の家にガーリックソルトをお土産にしたんだけど、姉一家には好評で、子供たち(といってももう成人)は「ステーキが食べたい」と言ってるそう。
確かにお肉に振りかけて焼いたらおいしそう♪

店内にレジは20台ぐらい左右に並んでいて、手前のところで店員が空いたレジの番号を教えてくれる。
私は聞き取れなくて、「What?」と聞くと、「16!」
レジ係は空くと、自分のレジ番号の札を掲げて見せる。
それを見て、店員が「はい、次、○○番!」と案内してくれる。

レジのところに行くと、レジの向こうにお店のエコバッグが並んでいるのが見えた。
兄からスーパーのエコバッグを買ってくるよう頼まれていたし、
Trader Joe'sのエコバッグはいろいろなデザインがあって、それをコレクションしてる人もいると聞いたことがある。
買わなくちゃ!
一番手前にあった自由の女神のイラストが入っていたものはあまりにもベタでイヤだったので、
柄はよく見えなかったけど、その後ろにあったグリーン系のものにした。
紙製のものは99セントと安かった。
自分用には「あっちの茶色のやつ!」とちゃんとした布製のものにした。
店員は「これは99セントじゃないよ!」
「大丈夫です」と購入。
会計が済むと店員が「どっちのバッグに入れる?」と聞くので、茶系のものを指差し、「こっち!」と言うと、そのバッグに買った商品を入れてくれた。

レジの外に出てベンチで友人らを待っていた。
私のバッグを見て、「何それ?」
「そこで売ってたから買ったよ。レジのところだよ」
みんな気付かなかったみたいね。
「ちょっと買ってくる!」とみんなはまたレジの列に並びに行った。
戻ってきた彼女らはバッグをいくつも買ってて、
「私も(お土産として)もっと買って来たい!」とまだレジをしていた友人のところに混ぜてもらって、お土産にした。
Trader Joe'sのエコバッグは人気だから、お土産にいいよね。
エコバッグが邪魔って人はいないし、お値段も手ごろで、しかも軽くていい。

Trader Joe'sでの買い物が終わって、今度はチェルシー地区のチェルシーマーケットに移動。
地下鉄に乗るほどでもないので、マーケットまで歩いて行きました。
実は初日にみんなはここに買い物に来ていた。
おいしそうなブラウニーを見つけたけど、賞味期限のことがあるので、最後に買おうということにしたというので、今日再びやってきました。
ブラウニーのお店はかわいらしくて、パッケージもかわいかったので、私も会社のお土産に買いました。
ここでまたエコバッグを買っちゃいました。
一体私はいくつエコバッグを買ってるんだよ(笑)

荷物も多くなったので、地下鉄で一気にホテル最寄りの駅まで戻った。
ホテル近くの楽器屋さんでもエコバッグを買いたかったので、寄ろうと思ったけど、店が見つけられない。
またろうさんから教えてもらった道を行ってみたんだけど.....。
荷物も持ってることだし、あまりうろうろ歩くのも疲れるので、巡回中のお巡りさんに聞いてみた。
「このあたりに楽器屋さんはありますか?」
するとお巡りさんはニコニコして、「君はどんな楽器を買うのかな?」って。
まさかエコバッグを買いたいとは言えなかったので、「ちょっと見てみたんです」と答えた。
どうやら私たちは通りを1本間違えていたみたいね。

Sam Ashはアメリカ全土に展開してるチェーン店で、日本でいうところのイシバシ楽器や島村楽器みたいな感じかな。
ここのエコバッグがなかなかかわいいのよ。
グリーン地に♪のマークがちりばめられたデザイン。
いかにも楽器屋さんらしいよね。
お店では奥で支払いを済ませた後、出口手前のカウンターで、商品とレシートを見せて確認してもらう。
これは万引き防止なんだそうです。
そこで「袋をください」と言って、袋をもらったりするので、支払いをしてから出口までは商品を手で持って歩くのよね。
もしたくさんいろんなものを買ってたら、どうやって出口まで運べというんだろう?

買い物など済ませたあとは、ホテルに戻り、荷物を置いてちょっと休憩。
ライブ会場に行きがけに、遅めのランチ。
アメリカ滞在中、高カロリーで濃いめの味ばかり食べていたので、さっぱりしたものが食べたかったけど、そんなものはなかなか食べられない。
結局、やはり濃いめの味付けのものを食べるしかなくて.....。

近くの駅から地下鉄に乗って、一気に86丁目まで移動。
ここはタイムズスクエアから近い駅なので、観光客も多く(私もだよ!)、改札は大混雑。
欧米人も券売機に四苦八苦。

機械には「No bills accepted in this time(現在は紙幣はご利用できません)」と書いてあったので、窓口に並んだけど、窓口のお姉さんは券売機を使うように言うのよね。
「今、紙幣は使えないんですよ」と言うと、「1ドル札なら大丈夫だから」って、頑なに切符を売ってくれなかった。
本当?と思いながら、仕方なくまた券売機に並んだけど、実際にお金を入れようとすると「Coins Only」と表示されちゃう。
窓口には20人近くが並んでる!
どうしようかと思い、結局友人らに両替してもらった。
みんなも小銭がたまって困っていたからちょうどよかったということだった。
2ドル75セント分を全部硬貨で用意して、やっと切符が買えた!

改札を入ってから気付いたんだけど、この大きな地下鉄の駅は42丁目にあるポートオーソリティバスターミナルだった。
映画『マドンナのスーザンを探して』に出てくるバスターミナルだから、行きたいと思ってたのよね。
すでに改札に入ってしまったから、バスターミナルそのものを見ることはできなかったけど、ちょっぴり嬉しかったわ。
86丁目駅は急行が止まらないということはすでに学習していたので、ここでは各駅停車に乗って、いざ86丁目へ!

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー