有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

NYツアー その3

2014年8月7日 前編

今日はライブもイベントもない全員が1日フリーの日。
ランチからスタートだったので、午前中は各自のフリー時間。
昨日早めに寝たので今日は8時半起床して、いよいよあこがれのセントラルパークでのウォーキング
ちゃんとウエアを持参していたので、ウエアに着替え、昨日「おじさんの店」で買ったバナナを朝食にして、水を持って9時20分頃出発!!

7番街をまっすぐ北上。
タイムズスクエアはまだ朝だったので、それほど混んでいなかったけど、それでも人通りは多かった。
出勤のニューヨーカーをかき分けながら、セントラルパークへ向かうこと約30分。
途中、カーネギーホールの横を通り、やっと公園に到着。

公園内にはベビーカーを押してる人、ジョギングをしてる人、ベンチで読書してる人、みな思い思いに過ごしていた。
あまり時間的な余裕がないので、のんびりは過ごせなかったけど、適当にパーク内をウォーキング。
何やら大きな銅像の後ろ姿。
シェイクスピアと書いてあった。
前に回って顔を見ると、確かによく肖像画で見る顔だわ。
ほかにも作家らしき人の銅像がいくつかあった。

そのうちちょっと開けたところに出て、橋の欄干のようなものがあって、そこに行ってみると、階段下に噴水があった。
よく映画やドラマに登場するもので、ベセスダの噴水ね
コロンバスサークルは5日の夜にホテルに戻るタクシーから見えた。
本当はダコタハウスやストロベリーフィールズも見たかったけど、時間がなくて残念。

帰りは違う通りを歩こうと、公園の東端が5番街に面してるので、5番街を歩いて戻ることにした。
5番街を歩き出してすぐに『STRAND』のロゴが目に飛び込んできた。
私が行きたいと思っていた書店のロゴ
なぜか公園の横に露店が出ている。
ここのトートバッグが欲しかったのよね。
たくさんあるよ〜
いろいろ迷って5枚買った。
書店まで行く手間が省けたわ。
でもあとで調べてわかったけど、やはり書店に行くべきだった。
古本や最新作などいろんな本があって、何か面白いものが見つかったかもしれない。
店のグッズはトートバッグだけでないみたいだから、いろいろ見たかったなあ。

すぐ近くにはおもちゃ屋の『F.A.O.シュワルツ』もある。
ここも覗きたかったけど、時間がなくて残念。
次はティファニーだ。
せっかくだからティファニーのすぐ横を通ろうと通りの向こうに渡った。
横の入り口に人が集まっていた。
入場制限でもしてるのかと思って近付いてみたら、ドアマン(?)と記念撮影をしていた。
超イケメンなのよ!
モデルみたいなイケメンがビシっとスーツを着て、あのティファニーブルーと同じ色のネクタイとポケットチーフをしていた。
私たちは買い物をしてないから、そのイケメンと一緒に写真は撮らなかったけど、イケメンだけ撮らせていただきました。ふふふ。
ティファニーも店内を覗く時間がなくて残念だったわ。
20数年前に来た時は指輪を買ったのよね。
今回も何か買いたかったなあ。

5番街を歩いていると今度はロックフェラーセンターが見えてきた。
ロックフェラーセンター前の広場は冬になるとアイスリンクになるところね。
クリスマスには大きなツリーが飾られるので、ニュース映像でいつも見るけど、今は夏なので、広場はカフェになっていた。
そして写真を撮ろうとする観光客でごった返していた。

5番街を散策しながら、ホテルへ戻り、着替えてロビーへ。
11時40分集合だったけど、真二は50分になってやってきた。
そう、当初は50分集合だったんだけど、前夜急きょ変更になったのよね。
どうやらその変更がうまく真二に伝わっていなかったようね。
待ち合わせ場所には地下鉄で行く予定だったけど、中垣法師との約束の時間に間に合いそうにないので、タクシーで行くことになった。
ホテルの人がタクシーをつかまえてくれるので、真二が必要台数と行き先を告げると、今なら10分〜15分ぐらいで行けるとのこと。
まず2台がすぐに来て、1台が出発したあと、私は「真二さん、中垣さんがお待ちだから先に行った方がいいんじゃないですか?」と言うと、「そう?いいの?」「私たちは大丈夫ですから」
真二は2台目のタクシーに乗り込み出発。

ところがそのあとタクシーがなかなか来ない。
しかもやっと来たタクシーの運転手は私の英語の発音が悪いのか、よくわかってくれなかった。
バッテリーパーク近くのスカイスクレイパー博物館の前で待ち合わせなので、そこに行きたかった。
「What museum?」
地図を見せて、「Here!」
バッテリーパークなら誰でも知ってるし、地図を見る必要もない。
とにかくバッテリーパークに向かって欲しかった。
「住所は?」と聞かれ、たまたまロビーでガイドブックを見せてもらって書いてあった住所を記憶していたおかげで、すぐに住所を告げると、運転手は自分のスマホで検索。
運転しながらスマホを操作するのはやめて欲しいんだけど.....。

今度はだいだいの場所がわかったらしく、「OK!」と地図を返してきた。
ところが途中でまた地図を見せてくれと言われたよ。
本当に大丈夫か?
しかもいきなりバナナを取り出し、食べ始めるし。
お客さんを降ろしてから食べてよ〜
日本ではあり得ないよね。

「このあたりだと思うよ」
でも博物館らしきものは見当たらない。
Museumという文字が見えて、「あれ?」と聞くと、「あれは別の博物館だよ」
確かによくよく名前を見ると別の博物館だった。
付近をぐるっと1周しても博物館らしきものは見つからなかったけど、地図上では確かにこのあたり。
運転手も「たぶんあそこだよ」というし、いつまでも乗ってたら料金が加算されるだけなので、降りて探すことにした。
ちょうど目の前にパトカーが止まっていたので、お巡りさんに聞いてみるとやはり「あそこだよ」と運転手を同じ建物を指差した。
でも博物館があるとは思えないし、入り口も見つからない。
建物の反対側に回ってみるとそこはホテルだった。
地図でも博物館はホテルのすぐ横にあるような感じに書いてある。
ホテルの人に聞いてみると、「ここと同じ建物で裏にあるよ」
もう一度裏に戻ってみたら、博物館の小さな入り口を見つけた。
でも誰もいない。
先に行ってる人たちはどこに行った?
まさか置いていかれた?
レストランの名前も住所も聞いてないよ。
付近をうろうろしていたら、あれ?向こうから歩いてくるのはFCの人たち?
その後ろには真二が歩いてくるのも見えた。
どうやら一番信用できそうにないと思ってた私たちの運転手が一番まともな場所に止めてくれて、しかも最後に出発したのに、最初に到着していた。
先発隊の方たちは別の博物館の前に連れて行かれたり、付近をぐるぐる回って、時間がかかっていたみたい。
料金的にも私たちのタクシーが一番安かった。
私たち全員がやっと合流できたけど、中垣さんはどこ?

今度はレストラン探し。
レストランのところに中垣さんがいるんじゃないかと思って、探していたら、通りのところにいた。
やっと合流して、レストランに到着。
レストランはテラスになっていて、テーブルから自由の女神が見える!
でも私の席からは柱が邪魔で、ちょっと位置をズレないとと見えないんだけどね(笑)

ここのイタリアンレストランはおいしかったわ。
サラダ、ムール貝のワイン蒸し、パスタ3種類。
きれいなワインカラーのパスタが出てきた時はちょっと色にびっくりしたけど、これはビーツのパスタだった。
味付けはにんにくと唐辛子のペペロンチーノでした。
ムール貝のパスタもとってもおいしかったわ。

ランチのあと、レストランの庭先というかバッテリーパークの一部になるのかな。
ちょっとぶらぶらしたあと、自由の女神に向かった。
14時以降は自由の女神かエリス島のどちらか一方しか行かれないとのこと。
以前に日系人部隊のイベントに呼ばれてエリス島に行ったことのある真二は「エリス島も面白いんだけどね。移民博物館があるんだよ」と教えてくれた。

フェリーに乗るまでに一苦労。
どうやら911以来、人が多く集まるところはセキュリティが厳しくなったらしく、まるで空港のような荷物検査があった。
ここで時間もかかっていたけど、フェリーが到着しないと乗れないので、その到着も待っていて、全員かなり疲れてしまった。
NY滞在中、今日は一番お天気がよくて、暑い。よけいに疲れてしまうわ。
やっとフェリーに乗り込み、一番上のデッキに出ると大混雑。

でも海から眺めるマンハッタンの摩天楼の景色は美しかった。
ここで真二が「初めてニューヨークに来た時、200枚ぐらい撮った写真のほとんどが高層ビルだったんだ(笑)だってまだ18歳で、広島の高校を卒業したばかりだったから、高層ビル自体がすごく珍しかったんだよ」と思い出話をしてくれた。
そのうち自由の女神が見えてきた。
自由の女神は海に向かって立っているので、正面の姿を見るのは海からが一番。

フェリーを降りて歩いていると、女神の後ろ姿が見えてきた。
歩いている途中のようなポーズをしてて、右足のかかとが少しあがってるのよね。
道に沿って歩いて、少しずつ女神に近付いて行く。
たくさんの人が写真を撮ってたわ。
正面は狭くなっているので、女神を写真に収めようとすると、柵ぎりぎりまで下がるか、しゃがんで下から撮らないといけない。
ましてや女神と一緒に自分も入ろうとするともっと大変。
自由の女神を見に来たことがある人なら写真撮影の苦労はわかってもらえるよね。
前回来た時はパノラマで縦位置にして撮ってたよ。

ここで女神をバックに真二とツーショット。
正面から撮ろうとすると自分たちの顔しか入らない
それで撮ってみたら、やけに顔だけ強調されちゃってるわ。
下からのショットも撮ってもらったけど、ビミョーかも。

女神の周りを1周して、元に戻ってきた。
売店と椅子があったので、休憩することにした。
レモネードが売ってたので、みんな買ったんだけど、500ミリリットル以上は入ってるかもしれないほど大きいので、Small Sizeはあるかと聞いたら、なかったので、仕方なくそのビッグサイズのレモネードを買いました。
ほんの15分か20分ぐらいの休憩だったけど、かなり元気になったわ。

時間が遅くなったせいか、帰りのフェリーはすごく空いていた。
そうそう、女神の中は見学できなかった。
当日の営業が終わったのか、今は公開されていないのか知らないけど、とにかくやっていなかった。
だから外から見学してる人が多かったのね。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー