有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

真二@平和の集い〜ふなばし2014〜

平和の集い〜ふなばし2014〜
千葉:船橋市民ホール
2014年8月3日(日)13:00〜


真二の出番は15:30からだけど、私は13:00から参加。
まずはアニメ映画『ジュノー』の上映。
ジュノー氏は原爆投下直後の広島で人道活動と治療活動を行った医師。
ただ、映画の内容はジュノーさんの生い立ちから、赤十字で医師として人道活動をしていた話が中心だった。
ジュノーさんの父親は特別金持ちでもなかったけど、
困った人にお金を貸したりといつも人助けをしていた。
「人に親切にしたら、必ずそれが返ってくる」といつも父親が言っていた通り、人道活動をしていた彼は多くの苦労や困難の中で、彼の行為への返礼として、いろいろなことを成し遂げていた。

上映のあと、10分の休憩があり、市長さんのご挨拶。
そして船橋の代表として去年長崎に派遣された人たちの報告会。
長崎の原爆資料館や様々な関連施設を視察し、記念式典にも参加。
中学生3人と年配の男性が写真を交えながら、感想や視察内容を報告。
こういう視察に参加するだけあって、とってもしっかりした中学生でした。

次に長崎の被爆者の体験談。
すでに69年前のことだから記憶が薄れてきたとおっしゃっていたが、
被爆した時14歳とそれなりに大きかったから、まだまだ覚えている様子でした。

10分の休憩ののちいよいよ真二の登場。
スクリーンに「SHINJI HARADA」という文字が映し出されたので、プロフィール紹介ビデオでも流れるのかと思ったら、なんとできたてホヤホヤの♪大和のプロモーションビデオだった!
今日来てよかったわ
こんな大きなスクリーンでこの映像が見られるなんて。
しかもこんな早くに。
映像が始まって、場内は「かわいい〜」「きゃ〜」と大騒ぎ。
真二が歩いてるシーンから始まるんだけど、白いパーカーにジーンズ姿の真二のかわいいこと!
ピアノを弾きながら歌ってるシーン、それに国連でのライブの映像、過去のNYでのピースコンサートの映像、フィリピンのスモーキーマウンテン訪問の映像などが差し込まれてました。
最後は『大和』の言葉の意味が、英語、中国語、アラビア語(?)でテロップが出て終了。
歌はもちろん英語ね。

司会が出てきて、真二のプロフィールを簡単に紹介。
たいていは下手(舞台左側)から出てくるけど、今日は上手から登場。
白のTシャツに黒のベストに黒のパンツ姿。

すごい拍手の中から出てきたけど、拍手が収まると場内がし〜ん。
ギターを抱えながら、真二は「あれ?急に静まりかえっちゃってますね(笑)」
「こんにちは!原田真二です。」

今日は手話通訳だけでなく、筆記通訳もあって、しゃべってることを速記して、プロジェクターに映し出してました。
ステージの真二からもそれが見えて、「こんにちは。原田です」と書かれたのを見て、大笑い。
しゃべったこと一語一句そのまま書く時間はないので、ある程度はしょった形で書いていた。
真二の発言は「原田/こんにちは。原田です」と書かれていた。
実際には真二は「原田真二です」と言ったけど、「原田です」と省略されていた。
おもしろがった真二は「あいうえお」と言ったら、本当に筆記担当者は「あいうえお」と書いたので、またまた爆笑。

「原田真二は知ってますか?本当ですか?テレビでは見たことあるけど、実物は初めてですか?」
すると筆記には「知ってる?」とだけ書かれ、
それを見た真二が「そんなに偉そうに言ってないよ」と言ったら、それもそのまま書かれてしまい、「あ、記録に残っちゃう」と苦笑い。

「後ろの方でほかの出演者の発表を見させてもらいました。派遣者の報告も素晴らしかったし、被爆体験の方のお話もよかったです。今日は呼んでいただいてありがとうございます」

「みなさん静かにされてましたけど、僕はちょっとうるさくやりますね。いいですか?」
とオープニングは♪Make it a Paradiseで元気にスタート。
"Yeah!"のところもちゃんと筆記に「イェイ!」と書かれていた。
筆記通訳では真二の発言以外にも「手拍子」とか「イェイ」とか客席の反応も書かれていて面白かった。

「お〜この曲を歌ってた人なんだ!って曲をやりますね」とトレードマークの♪キャンディ
"真二コール"のところも「シンジ!」と筆記に書かれていたわ。
本当に忠実。
「1歳で赤ちゃんモデルでデビューして」とか「前の方の船橋の親戚にお願いして(コールを)やってもらって、これだけ少ないと切ない曲になっちゃうので」というのは手話通訳の方が、通訳しながら笑ってた。

「じゃあ、ピアノに移動しますが、少しお話もさせていただきますね」とギターを置きながら、その場で話を始めた。
「僕は広島出身なんですが、僕の両親は山口の出身で、山口は広島の隣なんですよ。あの地方から移民した人が多く、両親の親、祖父母らはアメリカの西海岸に移民をしてるので、シアトルに親戚がいろいろいます。両親は終戦の8年後ぐらいに広島に移り住んだので、原爆の影響は受けずに済みました。僕が生まれた頃は今のようなぴかぴかの広島ではなく、まだ戦争や原爆の爪痕が残ってました。」

「僕は本川小学校の出身ですが、その対岸に原爆ドームがあります。被爆直後の写真を見たことある方はたくさんいると思いますが、その中に僕の小学校が写ってます。建物は残ったので、投下直後は救護場所として利用されました。小学校の地下には遺品ではないけど、いろいろなものが置いてあり、とても恐かった記憶があります。今はそこも資料館になっています。」

「あ、ピアノに移動するのが長くなっちゃいましたね」と5分以上立ったまま話したあとに、やっとピアノに移動。

「次の曲は5〜6年前に作った曲なんだけど(かれこれ8年ぐらいになると思うけど)、震災のあと歌う機会が多くなりました」と♪Goodbye Tears

「さっきシアトルの移民の話をしましたが、叔父や叔母、いとこたちがいるんですが、彼らは日本人だけど、アメリカ生まれでアメリカ人みたいなものです。日系2世や3世になるんですが、太平洋戦争の時には収容所に入れられてました。叔父や叔母にその時の話を聞きましたが、地獄でしたね。」
このあと震災や震災支援の話。

「子供たちをテーマにした曲もいろいろ書いてるんですが、その中で小学校の校歌も作ってるので、ちょっと聞いてください」と♪下柚木の丘はいつだって

そして♪大和。今日は日本語バージョンね。
この曲は去年の国連ライブで歌ったり、NYのピースコンサートでも歌ってるということで国連の話など。

「みんなにも歌ってもらいますよ〜」と♪タイムトラベル
今日もやりましたよ、合唱。
「歌詞が分からないんでしょ?」ってちゃんと手話通訳してたけど、通訳のお姉さんは笑ってたわ。
"時間旅行のツアーはいかが?"も手話通訳してたみたい。
もちろん筆記通訳の方もね。
「お経みたいにならないで、もっとはじけて!」といつものようにやってると、筆記では「もっとノリノリで」って書かれて、それを見た真二はわざとそれを読むように「もっとノリノリでお願いします!」

ギターに移動して、「いよいよ最後の曲で」
「え〜〜〜っ!」
「今のは総意ですか?船橋の親戚筋しか言ってなかったみたいだけど(笑)」
ギターの準備をしてるとスタッフが来て、何やらメモを渡して行った。
すると真二は「"あと10分"って!」とメモを読んでしまった。
でも筆記通訳は「あと20分」と間違えて書いたので、ファンは「きゃ〜あと20分!」と大喜び。
真二は気付いていないみたいだったけど。

最後は♪てぃーんずぶるーす

曲が終わると司会が出て来ようとしてたけど、アンコールが起こり、真二は司会の方に下がるようにジェスチャー。
「え?アンコールですか?」とそのままアンコール。

ピアノの前に座り、「僕が18〜19の時に書いた曲です。6枚目のシングルですけど、それまでは自分でも書いていたけど、プロの作詞家に書いてもらってたんですが、この曲で初めて自分で書いたものを発表したんです」
そう、♪OUR SONGね。
今日もピアノがすばらしかったわ。

歌のあと真二はもう少し話というか、一言挨拶したかったみたいだけど、すぐに司会が出てきて、話し始めちゃったのよね。
最後に長崎を訪問した女子中学生が真二に花束贈呈
そこで「がんばりましょう!」と一言。

今日は講演が中心なんだと思ったら、いつものライブと同じような感じで、ただ、少しトークが多かったぐらい。
トークもライブも楽しめて、これで無料でいいのかしら?
イベントの内容的にも今まで真二が出てなかったのが不思議。
「来年はもっとたくさんの人に見てもらいたい。みんなお友達を連れてきてね」って。
来年も出てくれるのかなあ。
アンケートに「来年も呼んでください」と書いてきちゃいました。

♪Make it a Paradise (ag)
♪キャンディ(ag)
♪Goodbye Tears (pf)
♪下柚木の丘はいつだって (pf)
♪大和(pf)
♪タイムトラベル (pf)
♪てぃーんずぶるーす (pf)

〜アンコール〜
♪OUR SONG (pf)

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー