有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

ナショナル・シアター・ライブ『コリオレイナス』

ナショナル・シアター・ライブ『コリオレイナス』 Natinonal Theatre Live "Coriolanus"(英)(2014)(日本公開2014) 

監督:ジョシー・ルーク
出演:トム・ヒドルストン、マーク・ゲイティス


ナショナル・シアター・ライブの第1弾『フランケンシュタイン』はカンバーバッチが出演してるということで、先に公開されたけど、3月末から『フランケンシュタイン』の再上映を含む6作品をシリーズで上映されることになった。
第2弾は今年1月に上演されたばかりの『コリオレイナス』。
主演は『マイティ・ソー』のロキ役で世界的に人気上昇中のトム・ヒドルストン
王立演劇学校出身だし、イギリス人俳優はたいてい舞台の経験があるものよね。

『コリオレイナス』はナショナルシアターの中でも小さめのドンマー・ウェアハウスという劇場を使っていた。
ステージ中継前にドキュメンタリーのような映像があって、こんな狭いところでやるの?って感じ。
客席と舞台との間も狭く、すぐ目の前で演技が見られる。

『コリオレイナス』はシェイクスピア原作のローマを舞台にした政治の陰謀と復讐を描いた悲劇。
途中、トム・ヒドルストンは血だらけになったり、ローマを追放される時には民衆からトマトを投げ付けられたり。
ラストシーンは衝撃的だったわ。

そういえば、戦で負傷して血だらけになったトム・ヒドルストンがシャツを脱いで傷だらけの身体を洗うシーンはなかなかセクシーで、ファンにとってはサービスショットだね(笑)
そして終盤、母と妻、息子からの懇願に目を潤ませるトム・ヒドルストンは美しかった。
それに狭い舞台で、背景はレンガの壁だけだったけど、椅子を使ってうまく場面転換していたのはすごかったわ。

コリオレイナスの友人、メニーニアスを演じるのはドラマ『SHARLOCK』でホームズの兄、マイクロフト役のマーク・ゲイティス

この舞台には休憩時間があった。
画面にも「Interval Feature begins in 15:00」と表示されてて、休憩時間のステージがそのまま映し出されてた。
休憩時間には舞台のお掃除。
ほうきで掃いて、モップで拭いて、なかなか面白かったわ。

休憩時間のあと、後半の舞台の前には司会と監督が出てきて、インタビュー。
どうして今、『コリオレイナス』なのか?
なぜトム・ヒドルストンを起用したのか?
なんで幕と幕の間にステージで対談なんてしてるんだろう。

私にはちょっと難しい話だったから、事前にあらすじを予習しておくんだったわ。
このあとは6月にヘレン・ミレン主演の『ザ・オーディエンス』、8月はサム・メンデス監督の『リア王』、10月『ハムレット』、12月『オセロ』が続くので、見に行こうかな。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索