有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

Music Library #10

2014年3月16日放送

今日もMusic Libraryの時間がやってきました。
この番組は僕原田真二の隠れた名曲たちを紹介します!手前味噌で申し訳ありません。
たくさんのアルバムを出してるんですが、なかなか聞いていただいてないというのが結構あるんですね。
それをデビューから順番にこのコーナーでお送りしてます。
さあ、今週は『KINDNESS』ですね。このへんいってみましょうね。
このあたりから全く自分で全て製作してしまうというという状況になりました。
製作するといっても、昔から全部作詞、作曲、アレンジをやってましたけど、さらにレコーディングもですね。
ちょうどこの頃から録音システムがデジタルにどんどん移行していったそういう時代でした。
アナログの頃は機材も大きくて、場所も取るから、レコーディングスタジオもすごく大掛かりなものだったんですよ。
今でもバンドで演奏するには、それなりの大きさのスタジオは必要なんですけど、とにかく機材が大きくて、それを自分で購入して使うなんてことはなかなかできなかったんですよ。
家一軒、マンション一戸買う!みたいなレコーディング機材の価格だったんですよ。
ですから何週間もかけてアルバム1枚を作り上げるのには、アナログ時代ではすごく大きな金額がかかって、大きな投資になってたんですね。
だから当時は誰でもデビューできる、アルバムをリリースって時代ではなかったんです。
でもそれだけに淘汰されたクォリティの高いものが集まったことは事実だと思います。
そのあとデジタルになって、どんどん家庭でもプロフェッショナルな録音が誰でもできるようになりました。
もちろんその後、中身はですね、プロとアマチュアでは当然差が出てきてしまうんですよね。
でもある程度のクォリティのものは誰でも求められるようになりましたね。
非常に面白いアナログからデジタルへの移行の時期でしたね。
僕は自分で全部音を作り上げて行きたかったから、デジタルの機材を駆使して、すべて音録りから、音を編集するところまで全部自分でやっていくようになりました。
まだまだこの頃はつたない状態でしたが、このアルバム『KINDNESS』、人気の高い作品なんですが、聞いていただきましょう。
『KINDNESS』から♪永遠の時ーKINDNESS、そして♪Excuse Me、そして♪You are my Energyこれは英語バージョンですね。そして♪Gentle Earth 地球はこんなにやさしいハート、最後は♪Heaven's Door、以上5曲を聞いてください。

♪永遠の時ーKINDNESS
♪Excuse Me
♪You are my Energy
♪Gentle Earth 地球はこんなにやさしいハート
♪Heaven's Door

さあ『KINDNESS』いかがでしたでしょうか?お送りしたのは♪永遠の時ーKINDNESS、そして♪Excuse Me、♪You are my EnergyのEnglishバージョン、♪Gentle Earth 地球はこんなにやさしいハート、そして最後に♪Heaven's Doorをお送りしました。
アルバムはだいたい10曲前後入っているので、5曲だけ選ぶのが難しい時もあるんですが、よかったらまたこれを聞き直していただきたいと思います。
このあたりからだんだん非常にパキパキも音になっていきますよ。
このあとデジタルのバリバリの音が出てきますので、次回もまた聞いて下さい。
では、バイバイ!

===========================
今日は音作りの話に終始してて、ジャケットの話は出なかったね。
ジャケットにはSeanくんが登場してるのよね。
この頃から自宅スタジオでアルバムを製作。
私はその次の『Miracle Love』の頃に専門誌の取材で、
自宅スタジオと録音機材を公開していたのを覚えている。
自分で録音もミキシングもするというのは現在も続いてるよね。

アルバムに♪Show Girlや♪No Space Lagも入っていて、それらもいいよね。
ちなみに♪You are my Energyのオリジナル日本語バージョンは『Urban game』に入ってます。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー