有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

月に囚われた男

月に囚われた男 Moon(英)(2009)(日本公開2010) 

監督:ダンカン・ジョーンズ
出演:サム・ロックウェル、ケヴィン・スペイシー、ドミニク・マケリゴット、カヤ・スコデラリオ、ベネディクト・ウォン


宇宙飛行士のサム・ベルサム・ロックウェル)は3年契約で月に派遣されていた。ひとりぼっちで毎日作業する彼はたまに地球から送られてくる妻からの録画映像を楽しみにしていた。あと2週間で契約満了で地球に帰還するというある日、サムは採掘機で月面を走行中に事故を起こしてしまう。
しばらくのちに目が覚めてみると、何やら様子がおかしい。
月の基地で世話をしてくれる人工知能のガーティ(声:ケヴィン・スペイシー)に聞いてもちゃんと答えてくれない。
不審に思い、基地の外へ出てみると、自分と瓜二つの男性が採掘機の中で倒れているのを見つける。

監督のダンカン・ジョーンズはデヴィッド・ボウイの息子ということで、公開当時かなり話題になり、映画そのものも評判がよく、私も興味を持ちながらも見ないままとなっていた。
なぜ今なのか?
先日来日したニック・カーショウのことを調べていたら、彼がチェズニー・ホークスに提供した♪The One and Onlyが映画の中で使われていると知ったから。
その数日後、ちょうどテレビの深夜放送で映画が放映されたので、すごいグッドタイミングで見ることができた。
映画の内容はほとんど知らないまま見たんだけど、実に面白かった。

サムは実はクローンで、月での作業の『3年契約』とはすなわちクローンの寿命。
なんだかすごく切ない映画だった。
通信機が壊れているという名目で、サムには録画された映像しか見ることができない。年代設定がいつなのか知らないけど、どう考えても未来。人類が月で3年も滞在できる時代に、通信機がずっと壊れたままってことはないだろう。
彼は文句を言いながらも、送られてきた妻からのメッセージビデオに釘付けになっていた。

実は事故を起こした最初のサムは採掘機で放置され、次のサムが起こされ、偶然倒れている彼を見つけてしまったことで、事実が明らかになっていく。
起こされたクローンは、「事故に遭ってしばらく眠ってました。まだ体調が戻ってないので、仕事はまだしなくていいです」とガーティに言われ、そこからリハビリをしながら、体調を戻していく。実際には目覚めたばかりのクローンの体をならしているってことね。
最初は事故を起こしたサムが目が覚めたのかと思いきや、そうではなかった。
新しいサムは何か不信感を持ったので、基地の外で自分とそっくりの男性を見つけて、そのうちクローンであるということに気付く。
最初は反目し合っていたけど、同じ境遇であることを感じで、二人で協力してどうにか地球に生還しようともくろむ。

二人が基地の外を偵察すると、案の定、基地の外に通信妨害する塔が4つあり、秘密の部屋には山ほど"サム"のスペアが用意されていた。
地球に帰還する(と信じている)際に乗る"ポッド"は実は処理機。
寿命がきたクローンたちをその機械で処理してるのよね。
本人は地球に戻るのにポッドの中で眠らされていると思い込んでるだけ。

ひとつのクローンが使用終了となると、次のクローンが起こされ、目が覚めると「事故に遭って眠ってました。」と毎回同じセリフ。それを3年ごとに繰り返していただけ。
最初のサムがポータブルTV電話みたいので、自分の家に電話すると、そこには月に派遣される前に生まれたばかりだったはずの娘のイヴが15歳になっていた。
お母さんはすでに亡くなっており、「ねえ、パパ!ママのことを話したい人から電話よ」と"オリジナル"のサム・ベルが生存してることを示唆するシーンがあり、これが実に切ない。

壊れた採掘機の修理のために救助班がやってくる。
二人のサムの存在を知られると殺されてしまうと思い、新しくもう一人のサムを起こすようにガーティに指示。
人工知能というと『2001年宇宙の旅』に出てくるHAL9000を思い出して、どうしても人間側に反乱を起こしそうな気がして、ドキドキするんだけど、ガーティは「私の仕事はあなたを助けることです」と、サムを助けてくれる。

サム・ベルがコンピューターのパスワードがわからずにいると、ガーティがパスワードを打ち込んでくれる。
そのおかげで、過去数体のサム・ベルの記録を見ることができ、すべてを悟るきっかけとなる。
あの奥さんのメッセージビデオもそれぞれのサムたちは同じものを見せられていたんでしょうね。

生まれたばかりの娘が15歳になっていたので、最初に出てきたサム・ベルはクローン5。
そのあと起こされたものがクローン6。
二人の身代わりにするため予定より早めに起こされたのはクローン7。
彼がクローン6に代わりに"現役"のサムとなる。

すでに寿命がきてしまったクローン5のサムは救助班にバレないように壊れた採掘機に戻っていく。
そしてクローン6は採掘したヘリウム3を地球に送るためのポッドに乗り込み、地球へと向かう。

クローンだらけなので、主演のサム・ロックウェルの一人芝居状態。
彼が実にいいんだわ。
私は彼のことは『アイアンマン2』で初めて見たけど、この映画の彼は最高だわ。

そうそう、映画を見る目的となった♪The One and Onlyだけど、主人公の目覚ましの音楽として使われている。
私は『僕は唯一無二の存在』という、月でたった一人でいる彼のことを表しているのかと思っていたけど、クローンである彼が『唯一無二』なのは皮肉。

ラストシーンが微妙だったなあ。
ラストでは無事にクローン6は地球に到着できて、会社を訴えるところまで描いていて、いきなり現実的な感じ。
ポッドに乗ったクローン6はどうしたのかなあと思いつつ、映画が終わった方がロマンがあるよね。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー