有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

真二@Birthday &Christmas Dinner Live 2013 in 東京

55th Anniversary 〜Birthday & Christmas Charity Dinner Live〜
東京・グランドプリンスホテル高輪
2013年12月5日(木) ライブ19:00〜 ディナー20:30〜


今年最初のクリスマスディナーライブはなんとお誕生日開催で、バースデーライブも兼ねている。
しかも55歳という記念すべきお誕生日だよ。Go! Go!
今年はちょっと豪華にグランドプリンスホテル高輪。
真二がいつも「宴もたけなわ」という時に「宴も高輪プリンスホテル」という、あの高輪プリンス(現:グランドプリンスホテル高輪)だよ!!

今日のライブの主催は経営環境開発協同組合というところで、このライブは『ビジネスフェスタ』の一環でもある。
この団体では星座ワインなるものを販売しているみたい。
それぞれの星座にワインをマッチングしてあるのよ。
私の星座、かに座は白ワイン。なんでかな?

その関係なのか、東京でのライブに限り、55歳記念の「記念ワインボトル」がある。
FC会員は特典でもらえるんですけど、そのワインは真二の星座である射手座のワイン。
グルナッシュという赤ワインです
ラベルは真二の写真に"55th Anniversary"と"Shinji Harada"の文字。

今日はライブが先で食事はあと。なんで?お腹空いちゃうよ〜(笑)
それにライブに間に合うように急いで行かなくちゃ!
遅刻しそうだったわけではないけど、気が急いちゃって、駅からホテルまで上り坂を走っちゃったよ

今日のライブは真二のライブではあるんだけど、"Sound Tasting Party"というタイトルがついている。
だから開場してからすぐにどんどんワインが出てくる。
テーブルにはグラスが一人4個も置いてあって、
私が開演少し前に席を着くと、有無も言わさずいきなり2種類の白ワインがグラスに注がれた。
今日はワイン飲み放題。ワイン好きにはたまらないライブだよ。
食事はライブのあとなので、すきっ腹で飲むから、真二が出てくるまでに酔っぱらいそう(笑)

7時すぎ、司会のお姉さんが出てきて、真二の紹介や星座ワインの紹介。
まずは星座ワインのCM(?)に出ている女性が登場。
あれ?この女性ってこの間のフォーラムでフラッシュモブで出てきた女性じゃないのかな。
一人だけ外国人のゴージャスな女性がいたよね。
彼女のような気がするけど。
Buga Elena
フォラームでも「エレーナ」って紹介されてた気がするわ。

まずは彼女が1曲。フランス語で♪ジュテーム
ステージにあるスクリーンに名前と曲目が出ている。

いよいよ真二の登場!
黒いジャケットにワインパーティにぴったりのワインカラーのシャツに黒のネクタイ。
ピアノに座り、Elenaの紹介。
「先日のフォーラムで♪Our Wish for Recoveryを一緒に歌ったので、覚えてる人もいるよね」
あ〜やっぱり!あの時の女性だったのね。
「せっかくだからここで一緒に歌いましょう」と♪You are my Energyをデュエット。
彼女と一緒なので今日は全編英語でした。
この時にもスクリーンにはクリスマスらしい画像に"You are my Energy"の文字が。

ピアノから離れ、エレーナに歩み寄り、握手をして、彼女を送り出した。
またピアノに戻り、「今日はお集まりいただきありがとうございます。僕もワイン大好きなんですよ」
「毎年やってるクリスマスディナーライブですが、今年は今日が初日です。それとある人の誕生日で...」というと、「おめでとう!!」という声があちこちから聞こえてきた。
「ありがとうございます!50年前に生を受けて....」というので、
私たちは「50年前?5歳サバよんでる?」と自分たちで勝手にツッコミ。
だって55歳じゃん!
「ほとんどの関東の民放キー局と同じなんですよね。"5539フジテレビ"で"5539真二カンゲキ"です。初めての方には僕の誕生日を付き合わせてしまってすみません。」
とちょっと挨拶をして、「では祈りの曲を」
オープニングに♪Amazing Graceを歌うなんて、いつもと違うね。
ここでもまた違うクリスマス画像に"Amazing Grace"の文字がスクリーンに映し出されていた。

クリスマスの雰囲気たっぷり!
「じゃあ、早速クリスマスソングを!」
クリスマスライブで定番になってる♪The Christmas Song
ほぼ毎年歌ってるよね。
真二が歌うのを聞くまでこの曲はよく知らなかったけど、今じゃすっかり私にとっても定番。
ここからはスクリーンに曲目は出なかったけど、曲が変わる度に"Shinji Harada presents Sound Tasting Party"という文字といろいろなクリスマスの風景の写真やイラストが映し出されていた。
ヨーロッパ(?)のお部屋の暖炉、クリスマスツリー、プレゼントの山、雪景色などなど、クリスマスカードの絵柄になりそうなものばかり。
次は軽快に♪恋は500マイル
そして続けて♪Goond Bye Tears

「いや~続けて一気に歌ったから汗が出ちゃった。今日はステージとそっち(客席)が遠いからちょっと分からないかもしれないけど、すごい汗だよ

ここでタオルを手に汗をぬぐうとなぜか"しんじ~"とコールがかかった。
「え?汗でコール?新しいパターンですね」
水を飲む時にコールするのはいままでのパターンだったけどね。これからは汗を拭いてもコールがあるかな?

「ここでちょっと短い曲を」
小学校の校歌や子供たちのピュアな声の話をしてから、♪下柚木の丘はいつだってを歌った。ちょっと久しぶりなのかな。

ギターに移動して、「そろそろいい具合にお腹も空いてきた頃かな。飲みたいよね?」
え?とっくに飲んでますけど(笑)
あまりお酒を飲まない私でさえ、すでにワインを1杯飲んじゃってるよ。
「じゃあここで乾杯しましょう!」
真二にも白ワインが用意され、「カンパ〜イ!!」

「今のところ知ってる曲が出て来ないなあと思ってる人もいるんじゃないかな。あはは。この曲なら知ってるでしょう。♪キャンディです」
今日は♪キャンディをアコギで。
今日は会場がとても広いので、コールしてもいつもほど大きく聞こえないかも。
いつものように「今日はみなさんに"真二"を覚えて帰ってもらいましょう」とみんなでコール。
「いつも呼んでくれてる人たちは休んでもらって、初めての人たちだけで」
すると後ろの方から"しんじ〜"という男性の声がした。
ファン以外の人、という言い方もヘンだけど、いつも来てる人たちではない人たちは男性が多かった。
男性の声を聞いて、「おぉ〜野太い声だ!男っぽくていいね。あ、そっち系じゃないよ(笑)おお!って感じね。」
「なんかすごく長く呼んでた人もいたみたいだけど、酔っぱらってる?」
「じゃあ、今度はみんなで!」と全員でやるとすごいね!
アコギで♪シャドーボクサー、そして♪てぃーんずぶるーすとデビュー3曲を立て続けに歌った。
次に聞こえてきたイントロは、「お、これはもしかして」
そう、最近たまにやってる♪タイムトラベルのアコギバージョン。
今日は東京だから、オリジナル通りの"ここは東京"でした!
ご当地にしちゃうことが多いから、実はこのオリジナルは聞く機会が少なかったりするのよね。
合唱部分で、転調してオリジナルキーに戻してる。
ギターの時にはキーを変えてるそうだから。
真二はマイク片手にステージを降りてきて、「歌ってるところとそうでないところと真っ二つだね」。
ファンのテーブルの近くを歩きながら「はい、ここはよし!」「ここは歌ってるね」とチェック。
でもファンでないテーブルでは、「歌詞が分からないでしょ?」と歌詞の説明。
いきなりマイクを向けられていた男性はこの歌は知らなかったんじゃないかと思うけど、上手に歌っていて、「はい、合格!!」
ステージに戻るとギターではなく、ピアノ。
みんなの合唱に合わせて、フェイクを入れている。

「楽しい時間は過ぎるのが早いですよね。もう最後の曲です」
「え〜〜〜っ!
真二は「台本みたいだね」とか言っていたけど、いつものお決まりではなく、私は本気で「え〜〜っ!」だった。だってまだクリスマスソングは1曲しか歌ってないよ。
「最後に僕のオリジナルのクリスマスソングを聞いて下さい」
これもクリスマスライブ定番の♪Honey Christmas
さあ、あの♪Hurry Up〜は今日はうまくできるかな?
なんかとってもメロディが取りにくいというか、やっぱり真二の歌って難しいよね。
ステージと客席がちょっと離れてるので、どうしても声が小さく聞こえてしまう。
真二は私たちのコーラスを聞いて、ピアノを弾きながらズッコケてた。
ちょっとキーが微妙だったからね。

一旦ステージを降りた。
アンコールの拍手を受けて、再登場した真二は「遅かったじゃん!
ピアノの前に座ったので、ピアノの曲を歌うのかなと思っていた。
曲紹介を始めようとしていたら(何か言いかけていた様子)、場内が若干暗くなり、♪Happy Birthday〜の歌声が聞こえてきた。そう、Elenaが歌ってました。
彼女は気を使って、♪Happy Birthday Dear 真二さ〜ん、と"さん付け"にして歌ってました。
歌にのって、ケーキも登場。
サイズ的には通常のデコレーションケーキだったので、客席からは小さくてよく見えない!
写真を撮りたかったけど、撮影はできなかったのよね。
白いピアノが乗ったかわいいケーキだった。
スクリーンにはなんとケーキの前でポーズをする『Feel Happy』のジャケット写真がど〜んと映し出されていた。
そして"Happy Birthday"の文字。
その写真の目の前で現在の真二が照れながら、「サプライズ?え〜全然知らなかったよ。僕はサプライズは苦手なんだよ」
自分はいかにしてファンを驚かせるかっていつも思ってるのにね。
でも自分がサプライズされるのは苦手みたいね。

ケーキの上のローソクは5本かな?私の席からはよく見えなかったけど。
「32歳かな」って、デビューして36年なのに!
「(5本のローソクを)どんな風にも解釈できるよね。あははは」
願いをかけながら、ローソクの火を吹き消してたんだけど、なかなか消えない。
最後の1本が残っちゃって、必死に消してる。
「おかげでゆっくり願いをかけられたよ」

アンコールはピアノの曲かと思いきや、ギターの準備を始めた。
「じゃあ、最後にこの曲を。みなさんも一緒に歌って下さい」
♪Silent Nightを歌い始めると、後ろの方から歓声があがった!
1番は英語。
間奏で「次は"きよし"で」というので、笑ってしまった。
2番は日本語だったので、みんなで合唱!!

真二はケーキを持って、ステージを降りたんだけど、ふざけながら歩いてました。
最後まで楽しいわ。

食事の時間には白いシャツに着替えた真二が各テーブルを回ってくれた。
「どこのテーブルから行こうかな」
私たちははじっこのテーブルだったので、ライブ中、真二の背中しか見えなかった。
それでみんなで「ここ!!ここ!!」と叫んだら、本当に最初に来てくれた。
「だってライブ中、後頭部しか見えなかったから」とか「ハラバウワーやって欲しかった」と口々に言ったら、「ハラバウワー?!こんな上品なところで?」と笑っていた。
真二は地方から来たファンに「遠くからありがとうね」
テーブルの周りをぐるっと歩いていると、何も手にしていないのを見て、誰かが「真二さん、飲み物は?」と聞くと、ワインパーティだというのに「ビール....」と小さい声でつぶやいた。
ビールを持ってきてもらって、グラスに注ぎ、私たちと乾杯。そして一気においしそうに飲んでいた。
すぐに隣のテーブルに行ってしまい、ビールだけが残されたので、「真二のビール、飲みた〜い!」と私も注いでもらって、お裾分け?!
そしてグラスも置いて行ったので、「欲し〜い!持って帰りたい!」と数人が言ってたけど、「ダメです!」
はい、もちろん誰も持って帰ったりしてませんよ。
真二がいる間は食事に手をつけられず、「早く食べなよ」と言われても、「見られてたら食べにくいかな?」というので、「胸がいっぱいで食べられません(笑)」ということで、真二がいなくなってから、遠慮なくおいしく頂きました。
最初にテーブルにきてもらってよかったわ。ゆっくり食事ができました。

ステキなライブとおいしいワイン(カニ座ワインはおいしかった!)にお食事。
贅沢を言えば、もう少しクリスマスソングが聞きたかったなあ。

お誕生日おめでとう!!

♪You are my Energy (pf) w/Buga Erena
♪Amazing Grace (pf)
♪The Christmas Song (pf)
♪恋は500マイル (pf)
♪Good Bye Tears (pf)
♪下柚木の丘はいつだって (pf)
♪キャンディ (ag)
♪シャドーボクサー (ag)
♪てぃーんずぶるーす (ag)
♪タイムトラベル (ag/pf)
♪Honey Christmas (pf)

〜アンコール〜
♪Silent Night (ag)

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー