有縁再見!
ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪
#12 ぼくは宇宙飛行士になるんだ
ぼくは宇宙飛行士になるんだ 1985年春発行 

この本の存在は知っていたけど、なかなか買う機会がなく、やっと手に入れることができ、手にした瞬間、その場で一気に読んでしまいました。
本を書いたのは真二のお母さん。
真二の兄、栄二さんの目を通して、兄弟の、そして家族のエピソードが綴られている。
メインの話は真二がペルテスという大病に罹り、本人はもちろん、家族も辛い思いをしたことなど。

兄弟のエピソードはとても微笑ましく、二人でハトを飼ったり、二人で岡山の天文台まで望遠鏡を覗きに行ったり、仲の良さがよく出ていた。
二人は今でも仲良しよね。
そしてご両親と兄弟二人、家族が本当に仲が良いのも、読んでいてよく分かる。
厳しいけど、優しい。
子供たちにはやりたいことを自由にやらせるけど、必ず責任を持たせる。
そんな原田家で真二はのびのびと育ったのね。

著者(お母さん)のあとがきには、
「この少年の宇宙飛行士への夢は、中学生時代から、音楽への情熱と変わっていきました。そして現在、"世界に共通する音楽を通して、一人一人がしあわせになり、世界中が平和になるように"との願いをこめて、シンガーソングライターとして、作詞、作曲、ステージの活動にがんばっています」

私が買った時にすでに『残りわずか』だったので、在庫があるかどうかは不明。
たま〜に広島のライブなどで販売されてることがあります。


この記事に対するコメント
私も読みた~い(^o^)/
実はこの記事を見て私もこの本が是非とも読みたくて、shineに問い合わせましたが、既に在庫はなく、書店では取り扱っていないとのことでした。Michiyoさんはどうやって入手されたのかなと思いコメントさせていただきました。

もし 可能なら教えていただけますでしょうか

【2013/11/13 19:59】 URL | 梅子 #WqUt9MVg [ 編集]

在庫
私が問い合わせた時にはまだかろうじてあったんだと思います。
ただ、「まだあったかなあ?」って感じだったので、残りはすごく少なかったと思います。
3年ぐらい前の広島でのライブでは会場で販売してました。
あの時にだいぶ売れちゃったかも?
【2013/11/14 00:42】 URL | Michiyo #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する