有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

真二@The Road to the Light 2nd Stage in Yokohama

The Road to the Light 2nd Stage in Yokohama
神奈川・Motion Blue Yokohama
2013年9月21日(土) 開演18時


18時ピッタリに客電が消え、バンドメンバーがステージにあがり、イントロスタート。
ほぼ満席の観客がいったいどこから真二が登場するのかとキョロキョロ。
いつもは左後方の扉から出てくる。
そこには店のスタッフ二人が扉の左右にスタンバイ。
♪Sexual Selectionのイントロがずっと続いてる。なかなか真二が出て来ない。スタッフが扉に手をかけているので、みんな左後方の扉を見つめる。
ところが真二は中央の扉から元気よく出てきて、「きゃ〜っ
私は比較的中央扉に近い席だったので、思わずびっくりして立ち上がっちゃったよ。

真二は3月のフォーラムの衣装に近い出で立ち。黒のジャケットに黒のパンツ。白のシャツにオレンジのスカーフタイ。あのスカーフタイを初めて間近で見たけど、プリーツプリーツのものかと思うような細いプリーツが入っていた。そして黒の帽子。

真二はダンスしながら、客席内を左右に動き、左の通路からステージに上がり、歌い出した。
お〜あのフォーラムの時を思い出すよ。
歌い出しで真二がやっとスモークの中から登場する演出を、ここではイントロぎりぎりまで扉から出て来ないという形で再現。

今日はスーツではなく、黒のパンツは伸縮性がある生地のようだから、フォーラムと同じようなハプニングはないでしょう。思いっきりダンスできるね!
ダンスしながら歌っていて、途中で帽子をピューッと投げた!カッコイイ!
そして後半はギターを弾きながらでした。

ここで挨拶だったかな。「前回のモーションブルーはいつだっけ?」
場内のあちこちから「2月!」という声が上がり、「え?もう今年やってたんだっけ?あ〜バレンタインの時だったね」
「先日、NY、シアトルでライブをやってきました。国連のHigh Level Forum on the Culture of Peace、まあ、平和文化会議というのかな。そこでライブをしてきたんだけど、みんな映像は見てくれたかな?報道も少し出ていたみたいだけど」
ここで「山手線の車内でも見ました!」と声があり、「そうそう、山手線の車内とかでもやっていたみたいだね」
JRの車内スクリーンで共同通信のニュースとして出たらしいのよ。たまたまそのニュースを車内で見た私の友だちは一緒にいたダンナさんに「ちょっと!ちょっと!」と大興奮してしまったらしい。
写メしようとしたけど、間に合わなかったそう。もう1回見たかったけど、もう目的地だったから下車しなくちゃならず、それっきり。

「国連本部の2番目に大きい会議場の中でやったんだよね。15分の出演で、スピーチと2曲歌ってきたんだけど、また新しい扉が開いたようだった」ととても嬉しいそう。
「国連主体でチャリティコンサートをやってくれるといいんだよね。世界各国それぞれに代表するアーティストや有名人がいると思うので、そういう人に参加してもらって、毎年やるといいんだけど」
このことは真二は直接国連の人と話してきたみたいです。
実現したら、もちろん真二は日本代表で参加するわよね!!

次は♪Good Luck。イントロを聞いて「きゃ〜っ!」と歓声があがる。途中から背中にギターを背負ったままピアノに移動した。
後半はロックピアノがカッコイイ。聞いていて気持ちいいんだよね。

このままピアノで♪恋の500マイル
またギターに移動して、「さあ、みんな一緒に歌ってね!OK?」
エレキのロック系だけど、『Feel Free』収録バージョンの♪てぃーんずぶるーす。みんなで大合唱。
そして♪Woo, Lady Stop
これは太田くんが大好きな曲なので、思わず太田くんの様子を見ちゃったわ。
私はなぜか『HUMAN CRISIS』の頃の曲を聞くと、アルバムを一生懸命聞いていた当時のことを思い出して、胸キュンになるんだよね。
いいよね、この曲。

ピアノに移動してトークが始まるとメンバーたちがステージを降りていった。
「ここからは僕のソロで」
「後ろの方たちは背中しか見えないけど、決して忘れていないですよ。」とハラバウワーを披露。
「初めて見た方は何をやってるのかと思ってるでしょうけど、これは後ろの席の方への特別サービスでして、"ハラバウワー"なんです」と説明。背中側になるのはイヤだけど、一度ハラバウワーを後ろから見てみたいかも。

国連ライブやシアトルの話をしていた。
「夏からすごく忙しくて、大丈夫だろうかと心配していた人もいたかもしれないけど、9月7日にシアトルで大きなライブがあったんですよ。秋祭りにスペシャルゲストで出ることになっていたので、本来なら2日ぐらい前に現地入りして、時差ぼけとか体調を整えて、しっかり準備するものだけど、急きょ6日にNYで国連のライブをやることになったんです。とても大きなものなのでぜひやりたいってことで、飛行機も全部変更して、なんとか前日にNY入りできました。僕はありがたいことに飛行機でよく眠れるんですよ。だからスッキリして、到着してすぐに仕事しても平気なんですよ。」

「到着してすぐに取材とか打ち合わせとかいろいろあって、忙しかったです。当日は8時集合で、いろんな人と挨拶したり。控え室ってものがなくて、一応僕も会議の出席者の一人として席があったんです。席を離れるわけにも行かず、そこにいたんですけど、当たり前だけど会議は全部英語でしょ。同時通訳の機械があって、イヤホンでいろいろ探してみたんだけど、日本語がなくて、ロシア語なんか出てきて、なおさら分からない(笑)まぶたに重力がかかったりしたけど、一生懸命英語の会議を聞いてました」

「ライブが終わって、すぐにスーツケースを持って、空港に急ぎました。でも金曜の夕方で渋滞があるかもしれないから心配でした。5時に終わって、7時発の飛行機だったんだけど、NYからシアトルへの最終便だったからね。以前に間に合わなくて乗り遅れたことがあるんですよ。でも今回はスムーズに空港に行けて、間に合いました。」
シアトルに到着して、私たちファンと会った時に、「10時10分到着予定が9時45分ぐらいに着いちゃったんだ。6時間ぐっすり寝たから元気だよ!」ってやはり飛行機の中ではいつもちゃんと眠れるのね。

「今日は3月にフォーラムでやったバージョンをやってるんだけど、もうすぐ次のフォーラムだね。あのぐらいの規模のステージだといろんなことができるんで楽しみなんだよね。まだ何も決めてないけど」というと場内から「え〜!」と驚きの声が。
「これからだよ。これから!パッと決めて、ちゃっと書いて、"はい!"って感じで、前日に出来上がるから。あははは。前日だったらリハーサルできないじゃんね。そうじゃないけどね。きっちりリハーサルをやれば、裂けることはないんですよね。みなさんは人前で裂けたことありますか?ないですよね?僕は36年のライブ生活の中で初めてですよ。貴重な体験をさせていただきました。でもそのあとのリカバリーが素晴らしかったでしょ?」すると場内拍手。
「なんの話をしてるか分からない人はあとでお友達に聞いてね」
「後頭部から拍手が聞こえてくるのも面白いですね。じゃあ、前頭葉の方もお願いします。それに側頭部も。こっちの側頭部も。あ、こんなことに時間を使ってる場合じゃないですね」
でも私はこのギャグが結構気に入ったんだけどね。

「まだレコーディングしてないけど、トラックはもうあるんだ。♪SHINEという曲で」というので、え?新曲?と思ったら、「今まで♪The Lightというタイトルだったけど、もしかしたら♪SHINEになるかも。次のアルバムには入れるよ」
個人的にはタイトルは♪The Lightのままがいいなあ。
「夢や希望の光について歌った曲です」
今日の♪The Lightは英語バージョンでした。

次の曲に行く前に「すみません。曲順間違えちゃった!」
私の席からは見えなかったけど、「ここにアコースティックギターがあって、これで1曲やってからこっち(ピアノ)だったんだ。まあ、体制に影響はないし、言わなきゃ分からなかったことだけど、ついつい正直になってしまいました」
ここで真二は立ち上がり、ジャケットを脱ぐと、「きゃ〜」
するともう1回着直してから、また脱いでました。
スカーフを少し緩めて、シャツのボタンをいくつかはずし、「もう暑くて。本当なら全部脱ぎたいぐらい」と言うと、場内から「いいよ〜」「もっと!」と声がかかる。
シャツの袖を捲ると、袖口に柄があって、かわいい!

アコギを持ってピアノの椅子に座り、「ここで歌っていいかな?」
モニターを譜面台の代わりにして、スタンバイ。
ここではピアノの位置にいながら、客席に正面を向いてるので、今まで背中しか見えなかった人たちはやっと真二の横顔が見えたよね。
これはフォーラムでステージのへりに座って歌っていた演出の再現ってことかな。

「今日久しぶりに僕のライブを見る人?初めての人は?」と聞くと、審査員席あたりで手を挙げた人がいて、
「ほんと?僕のどのあたりの楽曲を聞いてくれてたのかな?」
返事をしてなかったのか、私には彼女の返事は聞こえなかったけど、「一番みんなが聞いたであろうアルバムの中から」と♪黙示録
歌い終わると「みんなこの曲知ってた?」
そりゃあみんな知ってるに決まってるよ。
誰かが「みんな知ってますよ!」と言うと、「じゃあ、この曲もみんな知ってるかな」と♪Joy。「もう夏も終わりだけど!」と言いながら歌っていた。
相変わらずの「きゃ〜きゃ〜」に思わず真二も笑っちゃう。
「いや〜ブラウス越しに何か見えちゃってますね。鼓動の音どころじゃないよね」
汗で麻のシャツがシースルー状態。きゃ〜せきしー

ギターを置いて、ピアノに向き直るとメンバーたちもステージに戻ってきた。
ここからまたバンドね、と思いきや、「この曲も歌わないとね」と♪悲しきジョークをソロで歌い出した。メンバーたちはみな「あれ?もう1曲あったの?」って表情で、演奏せずにその場でスタンバイしたまま歌を聞いていた。

「1曲早くみんな戻ってきちゃったけど、大丈夫だったかな。」とここでメンバー紹介。
リューベンを紹介する時、「Nice Scarf!」と言ってた。
リューベンは今日スカーフをしていたからね。
「ステージの前にみんなで気合いを入れるんだけど、その時に手を重ねながら、(腕を見て)"Nice Watch!"とか言ってるんだよね。今日はリューベンに"Nice scarf!"と言って、僕は自分で"Nice Hat!"って言ってたよ。こんなバックステージの話は面白くないですよね。」場内から拍手。
「そう?大丈夫?あ〜よかった」

「じゃあ、後半行くよ!」と立て続けに♪雨のハイウェイ♪Strawberry Nightで場内総立ち!
今日も♪雨のハイウェイは"やさしい胸で眠らせて"だった。
もう完全に"腕"から"胸"に変更?!

♪Strawberry Nightから♪タイムトラベルにスムーズに移行させるのに、つなぎのようなものをちょっと弾いてから♪タイムトラベルのイントロへ。
今日は三部合唱のあと、「じゃあ、シアトルで英語でやったから、今日もやってみよう。いつも"歌詞がわからないんでしょ"ってやってるけど、今日も歌詞を説明するよ。"Won't you wanna go to time travel with me?"。大丈夫?」
何度かゆっくり言ってくれたけど、メロディにのせると早いんだよね。"with me"しか歌えないよ(笑)
それでもファンは一生懸命やっていた。
私たちのテーブル(特に前の方)はうまくできてたみたいで、真二から「ここ結構できてるじゃん!」とお褒めをいただきました。
よく「誰か"痴漢旅行"って言ったでしょ?」とジョークをやってるけど、今日は「誰か中国語で言ったでしょ?(笑)」
よけいに難しいじゃん!
何度かやって「じゃあ、そろそろ勘弁してやろう!(笑)さあ、日本語で!」と日本語に切り替わった。

ここでメンバーのソロ。ウォーネル〜太田くん〜リューベンといつもと同じ順番だけど、今日はリューベンが特別サービス?
ドラムを叩きながら、♪君に何をあげよう〜と♪So far, So goodを歌い出した。そのあと♪薔薇の嵐。
もう歌は終わりかなと真二もエレキを抱え、次の曲の準備をしてるところで、また歌い出すリューベンに真二も思わず笑ってしまってる。
リューベンは3曲も聞かせてくれたよ。3曲目は確か♪Farewell Birthdayだったと思う。

「みんなもっと行けるか?」
「Yeah!
「もっと行けるか?」
「Yeah!
「もっと行けるか?」
「Yeah!

最後は♪Modern Visionでした。

そしてアンコール。今日もやります、♪キャンディのロックバージョン!!
いつものコールでは拳を振り上げて、"しんじ〜っ!!"
そのまますぐに♪No Timeへ。
ギターを背中に背負ったまま、スネアドラム(小太鼓)でマーチングドラム。途中からリューベンが同じマーチングドラムを叩き始め、真二はマーチをしながら、ピアノへ移動して、「みんな前に進もう!」と♪Marchのイントロ。
元気が出る曲だよね〜
もう1回アンコールしようかと思ったけど、すぐに場内が明るくなってしまったわ〜
あ〜残念。
でも興奮したよ!
楽しかったわ〜

♪Sexual Selection (eg) from 『Doing Wonders』
♪Good Luck (eg→pf) B-side of ♪キャンディ
♪恋は500マイル (pf) Single
♪てぃーんずぶるーす (eg) Single
♪Woo, Lady Stop (eg) from 『HUMAN CRISIS』

〜ソロコーナー〜
♪The Light (pf)(英) Unreleased
♪黙示録 (ag) from 『Feel Happy』
♪Joy (ag) Single
♪悲しきジョーク (pf) from 『Doing Wonders』

♪雨のハイウェイ (pf) Single
♪Strawberry Night (pf) Single
♪タイムトラベル (pf) Single
♪Modern Vision (eg) Single

〜アンコール〜
♪Candy -Rock Version- (eg) Single
♪No Time (eg) from 『ENTRANCE』
♪March (pf) Single

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索