有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

music♪energy #37

6月16日放送分

今日のオープニングコールはしっとりした感じで始まった。
そのあとの挨拶もしっとりした声で「なんだかみなさん気分が....私もオープニングもジメジメした感じだったでしょう。あ、そういえば!梅雨なんですね〜」
「先週はロックの日でロックンロ〜ル!!って感じだったけど、今日はじめじめっと。そんなジメジメを吹き飛ばしてくれるスペシャルゲストです。しがせいこちゃ〜ん♪」
「こんにちは!しがせいこで〜す。お邪魔します」と元気に明るく登場。なんてったって若い!
真二が「せいこちゃんは確か挨拶の時のフレーズがあるんだよね」というと、
せいこちゃんが「そうですね。大阪のみなさんは私のこと初めて聞く人も多いと思うので、名前だけでも覚えて帰ってください!」というと、「どこにですか」とツッコミ(笑)
「私の名前はひらがなで、し・が・せ・い・こ!あはは。いつもライブで言ってるので、ついつい"帰って"と言ってしまいました」
「実にいいですね。アイドル的な感じが実にキラキラと」と真二に若い女の子に思わず興奮?!
「ウチのバンドの太田っちを通じて縁をいただきました!」

CM明け、「みなさん、しがせいこちゃんの名前をしっかり覚えて帰っていただいて、戻ってきましたよね!」とまだツッコミ。
「この番組は大阪のみならず、世界中で、アフリカでも聞けるんですよ。今日は番組にずっとおつきあい下さいね」

「先週もお話しましたけど、6月1日、2日、3日で岩手に行きまして、11月に行われる復興支援ライブの下見や打ち合わせをしたんです。せっかく行かせていただいたので、復幸マルシェと仮設住宅でもライブをやってきました。そういえば太田っちとせいこちゃんともう一人で3月にライブをやったんですよね。」
せいこちゃん「3月11日その日だったんですよね」
真二も「そうそう、そうだった。そういう活動もされてるんですよね」

6月のエピソードに戻り、
「先週お伝えしきれなかったエピソードがあるんですが、ライブのあとに食事会がありまして、遅れてきた女性が実は僕の大ファンで、"原田真二さんに実は伝えなくてはいけないことがあるんです"って言い出すんですよ」
35年前に遡り、デビュー当時に全国でライブをやっていて、仙台のライブの時に取材で河北新報に行ったところ、車を降りるとすごいファンが待ち構えていた。
ファンにもみくちゃにされた真二は髪をひっぱられたり、体のあちこちを触られてしまい、その中で、なんと「僕のイケナイところをぎゅっとにぎった人がいて、僕はふあ〜っと力が抜けちゃいました」
ということがあったそうです。すごいねえ〜
「この話はこのぐらいで、それほどつっこまなくてもいいですね(笑)お昼の番組だしね」

「そのもみくちゃの時にジャケットのひじをばりっとやられちゃったんですよ。海外で買ったヘビ皮のジャケットだったんですけど、そのヘビの革がないと直せないんですよ。この話の続きはのちほど」とリクエストへ。
最初のリクエストは♪Set Me Free

曲のあと真二は「さて、話の続きです。この仙台事件は昔からファンの間では有名な話なんですけどね。まあ、あのもみくちゃの中での出来事だから偶然起きたことなんでしょうけど、その岩手の食事会に来た女性がカミングアウトして、"実は私がジャケットを破いちゃいました"と言ったんですよ」とエピソードを続けてました。
その女性ファンいわく、あの時やぶいたのは自分だけでなく、ほかにもいたと思うし、その破片(?)は生徒手帳にはさんで持っていたので、今でもたぶんあるとのこと。
真二は「もう僕のジャケットはないけど、その革の破片をぜひ見てみたいですよね」って。
なんだか最近は懐かしい話が多いよね。青学のライブ音源やら、ヘビ皮ジャケットやら。
私もヘビ皮ジャケットはよく覚えてるよね。黒いジャケットで、真二は気に入ってよく着ていたよね。破かれてからは着てないのかな。

「もし"私もちぎったわ"という人はぜひ名乗り出て下さい!」
「じゃあ、破片をつなぎ合わせて....」と誰かが言ったら、せいこちゃんが「でももうジャケットはもうないんですよね?」とするどいツッコミに、真二は「よく気が付きましたね。しがさん!」
「でもジャケットはなくても繋ぎ合わせるのもいいですよね」
いったいどれだけの人がちぎったのかしらね。

「11月のライブはとても楽しみにしてます。ではリクエストですね」と
次のリクエストは♪Close your eyes and cry(ハートがすべてさ)

"今日のスポットライト!"
このコーナーのメインゲストがしがせいこちゃん!
今日のタイトルコールをアイドルっぽくやろうとしたけど、中途半端になっちゃいました!とのこと。
ちょっとかわいらしい感じで言ってたよね。

"ひらがなで、しがせいこ"ってちょっとメロディもついて挨拶フレーズ。
デビューのいきさつを話していたんだけど、私にはイマイチ内容が理解できなかったわ。
キャラクターと本人を合体させて、ミク風な感じ?
タコのかぶりもので、たこ焼きの歌を歌っていたこともあり、「経歴をたどるといろいろ出てきます。なかなか歌にたどり着けなかったんですよね」というと、
真二も「僕もですよ。僕も最初は子役でドラマ部門にいたんですよ」

「これからアルバムを作ったり、いろいろ企画があるんですよね。しがせいこちゃんは21日に名古屋のキャンドルナイトに出演するんですよね」
「私は前座みたいなもので、ほかにもいろいろ出演されるんですが、原田真二さんも出演するんですよね」
「わ〜い!僕も出演します!」
ここで、せいこちゃんの新曲♪Take a Chance
彼女のメジャーデビュー前の本当の最初の曲は太田くん作曲の作品だったそうです。
それを聞いてみたかったわ。

「ぜひ来週もきて下さい」
「わぁ〜いいんですか?じゃあ、来週も来ます!」
ということで来週もしがせいこちゃんがゲスト出演するみたいね。

最後のリクエスト♪Let's Have a Dinner
私もこの曲好きだわ。楽しいよね。

「バイバ〜イ!しがさんもバイバイ!

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索