有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

真二@Global Harmony 2012

Peace Charity Concert 〜Global Harmony 2012〜
東京・青山学院大学 ガウチャーメモリアルホール礼拝堂
2012年9月2日(日)開演16時
出演:原田真二/木根尚登/雨宮麻世/Paul Lazar/Overmanほか


今年は去年までと進行がちょっと違っていて、ライブをやって、次にパネルディスカッションをやり、後半にまたライブ。
私はライブの前に映画を見ていたおかげで、お昼を食べ損なって、すごくお腹が空いてしまった。途中でおにぎりを買って、礼拝堂の前で食べてました。
それに友人から「電話で話したいことがある」というメールが来ていたから、彼女の電話も待っていた。
開場が遅れて、開演も遅れそうだったし、パネルディスカッションだからとのんびりしていたら、最初にライブがあったらしく、見逃してしまった
私が会場に入った時には青学の学生と真二がトークをしているところだった。
最初から見ていた友人に聞いたところ、最初に真二が挨拶をして、それから青学の学生が歌ったみたいです。
彼らは今度相模原キャンパスの相模祭でも歌うらしいです。

彼らの次はソプラノ歌手の雨谷麻世さん。私はちゃんと聞いてなかったけど、どうやら真二は「あまがやまよ」さんと紹介したらしい。
彼女は「ちょっとだけ原田さん違ってました。私は"あまがい"です。よく間違えられるんですけどね」って。
♪Amazing Graceを歌って、ちょっと驚いたけど、1番だけでした。
ほかにもクラシック系の曲やオリジナル曲も歌ってました。
彼女が3曲ぐらい歌い終わると、真二が「ありがとうございました!」と出てきた。
「そうですよね。"あまがい"さんだと思ってたんですけど、誤った情報を与えられたみたいで、すみません。」
彼女が自分の曲のことなどいろいろ話してる間、真二は黙って聞いていたんだけど、彼女が最後に一言、「あの、私あと1曲あるんですけど」
真二は「えっ?お呼びでない?なんか誤った情報ばかりですみません」とそそくさと下がってしまいました。
その様子に場内は笑いが....。
すると雨谷さんは「あ〜やっとみなさんが笑顔になってくれてよかった。」
いや〜だって、クラシック系でしっとり聞くので、手拍子することもできないし、静かに聞くことになっちゃうよね。
「これを歌い終わったら、原田さんちゃんと出てきて下さいよ〜」と言いながら、最後の曲を歌いました。

今度こそ彼女のステージが終わったので、真二が出てきて、次の準備の間に二人でトーク。
雨谷さんはデビューして23年だそうですが、「7歳からなので」というと真二も場内も笑ってしまい、「僕は1歳でデビューで35周年なんですよ!」って。
みんな年齢詐称だわ(笑)
ステージでは椅子やマイクが用意されたので、いよいよパネルディスカッションね。

パネラーがそれぞれ座って、真二は「僕はどこでしたっけ?」と言いながら、空いてるところに着席。
青学の小島教授のゼミが中心になってやってるので、4年生の女子学生がナレーションをやりながら、広島の原爆投下や福島の原発事故のことなどをスライドを使って紹介。
今回のテーマは『核と原発 〜次の時代への手紙〜』になっていたので、原爆や原発のことなど、それぞれが思ってること感じてることなどを話してました。
それと「今自分にできることは何か」ということも話してました。

ここで内容を書くと長くなるので難しいけど、いろいろためになる話や知らなかった話など聞くことができてよかった。
ひとつ印象的だったのが、ディスカッションが終わりに近付き、まとめに入っていた時に会場のお客さんが挙手をして意見を述べたこと。
女性活動家のマエキタさんが最後のコメントを話してるときに、「手が挙がってますね。」と言い出した。
次に真二が総括をすることになっていたけど、さっとマイクをその挙手をしていた男性のところに持って行き、意見を述べてもらうことになりました。
雨谷さん真二がトークをしていた内容でちょっと気になることがあるということだった。
彼は反対意見に近いことを言っていたけど、強く反論をするのではなく、発言者のことを尊重しつつ、自分の意見をはっきり述べるといういい陳述だったと思う。
真二もステージに戻りながら、「とても建設的でいい意見だと思います。ありがとうございます」とその方の意見に対して、自分のコメントを言おうとしていたら、今度は女性が大きな声で「質問があります!」と言い出した。
何かと思ったら、今度選挙に出るのに政見放送をやるんだけど、その時にTMネットワークの曲を使用していいかどうかと聞いていた。
「質問!」というので、今の意見やディスカッションの内容についてだと思ったら、全然違ったので、ちょっとびっくりした。
しかも真二が話をしようとしてるところを遮ったので、もう少し後にするか、個人的に木根さんに確認して欲しかったかなあ。
パネラーも場内のお客さんもみな、「???」って感じになっていたけど、木根さんがその雰囲気を変えてくれてよかった。
「それは作曲者の小室哲哉に聞かないとわからない」というと、場内に笑いが....。
女性が「木根さんが作った曲なんです」というと、「えっ?僕の曲?使用するのって自由なんですよね?」となんとなく他のパネラーに同意を求め、「いいですよ。どうぞ、使ってください」と優しいお言葉。
どんな政見放送になるか見てみたいね。

ディスカッションが終了し、パネラーが退場する間、真二はステージの右側に立ち、「今日はありがとうございました。いろんな意見もあり、もっと話を聞いていたいんですが、時間の関係で終わりにします」というと、小島教授が「うちは役所じゃないから、少しぐらい延長しても構わないよ」と言ってくれた。

次は木根さんの出番なので、ステージに戻ってきて、準備が整うまで真二とトーク。
「出て下さいって言われたので、出てきました」と木根さんが言うと、「え?出るって政見放送に出るんですか?」ともうここでネタにしてる(笑)
「いや〜政見放送見たいですよね。(ファンに向かって)放送日がわかったら教えてくださいね。僕、録画して見ますから」と言ってました。

まだしばらく準備がかかりそうなのを見て、木根さんが「僕一人で適当にしゃべっておきましょうか?真二さん休んでていいですよ」というと、「いやいや、大丈夫ですよ」と二人のトークは続く。
漫才やってるみたいに楽しかった。

「真二さんの母校なんですよね?」
「母校?そうですね。研究を一生懸命やってましたよ」
「え?研究?うそだ!もうデビューしてたでしょ!」
「あははは。自慢だけど(笑)、授業には4回しか出てないです。英作文とキリスト教概論という講義に出ましたよ」
「真二さんは英語が堪能なんですよね?」
「ん?」ととぼける真二に、「え?違いましたっけ?」と本気で聞いてる木根さん

「僕はメキシコに行った時はスペイン語なんてできないから、成田でスペイン語会話の本を買って、それでやったんですよ」
「スペイン語で歌ったんですか?」
「いや、スペイン語で歌いはしなかったけど、一言二言"Hola!(こんにちは!)"とかそういうのだけ。」
「じゃあ、外人が(日本でコンサートをする時)"アリガトウ!トキオ!"みたいのですか?」
「そうそう、そういう感じ」

木根さんは結構"小室さんネタ"を話すんですよ。
駆け出しの頃の話だったと思うけど、「僕が小室くんの荷物を持ってあげたり、切符を買ってあげたりしてたんですよ。マネジャーがいないから僕がマネジャーみたいなもので、小室くんは"どこ行けばいいの?"なんて感じで」と小室さんのマネをしたら、真二が大ウケ「え?今の小室くん?」と言うと、また木根さんがモノマネしてくれるから、場内爆笑。
小室さんが本田恭章に間違えられた話もしてて、「本田恭章っていたでしょ?(真二は「あ〜本田くんね。知ってますよ」)小室くんは"え?本田くん?"って。でもきゃ〜きゃ〜言われてしまって、ほら、僕はマネジャーだから、女の子にカメラを渡されて写真を撮ってあげましたよ」
「写真撮ってそのまま帰っちゃったの?あははは」
その女性は今でも本田くんだと思ったままなのかな。

「こうやって時々真二さんに呼んでもらって、本当にありがとうございます。ほら、僕ってちゃらんぽらんだから、時々呼んでもらわないとね」
いえいえそんなことないと思いますよ。木根さんもいろいろ活動されてるみたいだから。

準備が整い、「では僕は3曲歌いますので」とまずはギターで2曲。「さっきいろいろしゃべっちゃったから」とほとんどMCはないまま、最後にピアノで1曲歌って終了。

やっと真二の出番。着替えてきたよ〜
前半では黒のTシャツにジーンズに、白いジャケット。
今度はグレーのTシャツにピースマークのスカーフでした。

準備が整う間にはまた木根さんとトーク。いろんな楽しい話はさっき書いたことかも?
どっちで話してたかは忘れちゃったよ。
準備ができた時、木根さんは自分のマイクをスタンドに戻しながら、「あ、これは真二さんが(歌う時に)使うマイクかも。僕のつばがついちゃったかも(笑)すみません」
真二が使っていたのは司会者用のワイヤレスマイクでした。

ピアノに座り、「まずはクワイアに出てきてもらいましょう!」と客席でスタンバイしていたクワイアの人たちがステージにあがってきた。
オープニングは復興支援ソングの♪Our Wish for Recoveryでした。
クワイアは杉並のチャリティコンサートを主催していた方々です。

彼らには一度下がっていただいて、真二はギターに移動して、♪Make it aParadise
チャペルでもちゃんと"Yeah!"をやったけど、机もあって、1列ごとの幅があったために、人が密集してないので、あまり大きな声に聞こえなかったかも?
すぐに♪キャンディのイントロに入ったら、「進行が早いでしょ?(笑)」
時間が押してるから、早めの進行でやってました。
でも「♪キャンディ知ってる?(いまいち分からないって顔をした人がいて)、じゃあ、♪キャンディキャンディなら分かる?」と今日も♪キャンディキャンディのさわりを歌ってました。
みんなで練習(?)した"真二コール"でどうやら別の人の名前を言った人がいたらしく(私は分からなかったけど)、「ん?誰か違う人の名前言ったでしょ?」って。
いったい誰の名前を呼んだのかな。

「僕のコーナーではゲストがいろいろいて、フランスから来たバイオリンのPaulさんです!」
フランスのイケメンなバイオリニストが登場。
赤ちゃんが生まれたばかりだそうで、それが彼からのメッセージだそうです。
新しい命は生まれるのにふさわしい世の中であって欲しいよね。

バイオリンが出てきたところで、私と友人で「♪Every Nightとか♪Glistening Forestが聞きたいね〜」と話していたら、ポロンと最初のコードの音で、♪Every Nightだとわかってしまった。イントロクイズか!(笑)
バイオリンはオリジナルとは少し違うようだったけど、これはPaulさんの感性で弾いてるんだろうなあと思った。もちろんバイオリンが入るとこの曲は一段と良くなる。
本当にいい曲だよね。

次はピアノに移動して、今日のピアノはグランドピアノです!
「今度はみんなにも手伝ってもらいたい。一緒に歌ってね」と♪タイムトラベル
合唱の時はワイヤレスマイクを持って、客席に降りてきた。
私は通路のすぐ近くの席だったので、近くで見れて楽しかったわ。
今日は"ここは青学"でした!

「いよいよ最後になりました」
「え〜〜〜っ!やだあ」を時間がないながら、今日もやりました。

「ではもう一度クワイアに出てきてもらいましょう!」
クワイアの人たちが出てくる時に、真二はテンポの早いメロディでズンチャズンチャと弾いて、登場を急がせてました。みんな駆け足で出てきたわ。
「こんなことしたあとに歌う曲ではないんですけど」と自分でやっておきながら苦笑い。
歌は♪大和でした。

特にアンコールの手拍子はする間もなく、今日の出演者を壇上に呼び、アンコールとして全員で♪ひろしまから始めようを歌いました。
最初にコーラス部分の♪ひろしまから始めよう〜を何度か歌ってから、真二はステージ前のマイクのところまで出てきて、そのまままた2〜3回歌って、ピアノに戻りやっと歌い出した。

いつも地名のところをいろいろ入れ替えて歌うんだけど、今回は"ひろしま"以外には"ながさき"、"ふくしま"、"中国"(字数の関係でちょっと歌いにくかった)、"韓国"にしてました。
あれ、NYは忘れちゃったかな。

最後に鐘を3回鳴らして、全員で黙とうしました。

終演後はステージから直接客席に降りて、そのままロビーですぐにサイン会&募金活動。
今日もまたおそばをもらってしまった。
「この間いただいたのでいいです」と遠慮したんだけど、「今日も持っててよ」と言われ、思わず受け取ってしまった。
今日はたくさんおそばを用意していたみたいで、逗子でもらえなかった友人も今日はもらえたみたい。

ライブは短いなりにも楽しかったし、ディスカッションもいろんな話が聞けて勉強になりました。
現役大学生二人の話もとても良かったです。
個人的にはマエキタさんのお話が興味深くて、話し方も聞きやすくて良かったです。

♪Our Wish for Recovery (pf) w/choir
♪Make it a Paradise (ag)
♪キャンディ (ag)
♪Every Night (ag) w/violin
♪タイムトラベル (pf)
♪大和 (pf) w/Choir

〜アンコール〜
♪ひろしまから始めよう (pf) w/All


コメント

NoTitle 

 真二は、改めて素晴らしいな~って思いました。ライブは勿論ステキだったけど、挙手をして質問をした方に、想定外の質問にもかかわらず、毅然ときちんと答てくれた事に感動しました。それと政権放送の方には、私もびっくりしてしまいました~空気がすこし変わりましたよね!?
 質問した男性が、私の前の列だったので、真二がマイクを持って降りてきた時に、ちょっと緊張したり、ライブの時にその意見を述べた方はどんな反応をしてるのかな~とか、気になる事が多かったです。 このシンポジウムは、初めて参加しましたが、いつもと違う緊張感にはまりそうです!!
 michiyoさんの後ろを通った時に声をかけたかったけど、やっぱり勇気がでなくてまた断念してしまいました(T_T)
 お蕎麦は、私も頂いて昨日たべました~♪

 

シンポジウム 

naomiさん、

私も質問した男性の真二のライブへの反応が気になって、途中で帰ったりしないかなと何度も振り返って見てしまいました。
男性が発言した時は私はすごくいいシンポジウムだなって思ったし、彼の意見も興味深く、真二がマイクをさっと持って行ったフットワークの軽さというか行動力も良かったですね。

おそばは昨日母は近所にお裾分けして、自分もお昼に食べたらしいです。

  • Michiyo 
  • URL 
  • 2012年09月04日 10時11分 
  • [編集]
  • [返信]

内容 

細かく内容が聞けて嬉しいです(^〇^)
いつもありがとうございます
私は参加してませんでしたが
一緒に参加させて貰っている
気分です
木根さんとのやりとり
面白いですね
微笑ましいです♪

木根さん 

歌はしっとりしてるけど、トークは楽しいです!
特に小室さんのモノマネは爆笑でした。
活字でそれが伝えきれないのが残念ですが。
  • Michiyo 
  • URL 
  • 2012年09月14日 15時35分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー