有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

Entries

シアトル旅日記 その1

今回、コンサートの告知があったのが8月2日。
翌3日の浜離宮で真二が「11日にシアトルでライブがありますが、10日までに飛行機に乗れば間に合いますよ」と半分ジョークで言っていたのを聞いた時は、「そりゃあそうだけど」と思っていた。
でも傍らにいた友人がポツンと一言、「行けるんじゃないの?」

ということで飛行機でシアトルへ飛んだ
航空会社のマイレージが貯まっていたおかげなんだけど、実は約500マイルほど足りなくて購入したのだ(まさに♪恋は500マイルか?

アメリカに行くのは10年ぶりぐらい。最後に行ったのは911が起こった年の2月。
今回初めてESTA申請なんてものもしました。
これでこの先2年は手続きしなくても、すぐにアメリカに行けるんだわ

朝10時前に到着して、電車で市内へ移動し、ホテルはスペースニードルの近くだったので、スペースニードルを眺めながら、ホテルまでてくてく。
まだ早いので、チェックイン手続きはしたけど、部屋には入れないので、荷物を預けて、いざ町中へ。
どうせ市内観光するなら、真二が行ったところに行こう!
ホテルの人にバス停の場所と降りる場所を教えてもらって、まずはワシントン大学へ行ってみた。
今年は150周年か何からしく、キャンパス内には記念の旗みたいのがあちこちに掲げられていた。

真二がデビュー当時にシアトル訪問した時の雑誌記事で見た風景が目の前に広がって見えて感激〜
しばらくぼ〜っと眺めていた。

ちょうど昼時だったので、学生がたくさんいたけど、なんだかアジア系の人ばかり。どうやら留学生みたい。
8月なんだから通常の学生は夏休みで、学校に来てるわけないわよね。
日本人留学生がいたので、写真を撮ってもらいました。
彼らは夏休みだけの短期留学だそうです。
なんだか楽しそうでいいなあ。
でもお勉強も頑張ってね!

キャンパス内にはホットドッグなどを売りにきてるワゴン車があったので、それでランチ。
ホットドッグと飲み物で500円程度だったけど、「No Cash! Card Only」の貼り紙。
なんでだろう?
少額なので、サインの確認もなかったけど。
ランチのあと、キャンパス内を散策。大きな池やら見晴しのいい場所もあり、とっても気持ちいい。
気温は23度ぐらいで、湿度は低く、さわやかな風が吹いていた。
建物はレンガ造りや石造りが多く、荘厳な感じ。

ビジターセンターみたいなところでダウンタウンに戻るバスの番号を確認して、大学近くにある生協へ行ってみた。
この町は大学が近いので学生街という風情。『ICHIRO』という名の日本食レストランがあったけど、メニューの半分は韓国料理で、ラーメンの横にビビンバ。シアトルでは日本食と言いつつ、経営者が韓国人だったりして、韓国料理と半々ぐらいの店が多いらしい。シアトルの日本食がどんなものかトライするべきだったかな。

大学生協は本屋も兼ねてるとはいえ、大きな建物。大学グッズも種類が多すぎて、どれを買っていいか迷ってしまう。
お土産などを買い込み、バスに乗ってダウンタウンへ

ダウンタウンではショッピングセンターやウォーターフロント、スタバの1号店、ハードロックカフェなどをウィンドウショッピング。途中スーパーのターゲットでお買い物
今度は自分のホテル近くに行くバスを探し、疲れたので一旦ホテルへ。
その頃にはすでに7時すぎていたと思うけど、まだまだ十分に明るい。
緯度が高いので、いわゆる白夜ってやつね。
このホテルでは屋上デッキから景色が楽しめるってことだったので、ちょっと上に上がって、スペースニードルや遠くに見えるマウント・レーニエを眺めた。
マウント・レーニエって形がちょっと富士山みたい。「シアトル富士」って感じ

ホテルの近くには食べるところはたくさんあるし、スーパーも近くにあってとっても便利。
まだ外は明るいから、夜の町へ出かけてみた。
スーパーでちょっと買い物をして、いろいろ悩んだ挙げ句、インドネシア料理の店に入った。
この店、だ〜れもお客さんがいなくて、ちょっと躊躇したけど、逆に誰もいなくて静かでいいかなと思って選びました。
さっそくチャーハンを注文すると、「チキンとエビと〜」と何やら聞いてきたので、私は「No」と答えた。
何か付け合わせというか、つまみでも聞いてきたのかと思ったのよね。
もう一度聞かれて「No」と再び答えると、「本当に?何も要らないの?」と怪訝な顔。
どうやらチャーハンの具が選べるらしく、それを聞いていたみたい。
トリやエビの他に「トーフ」っていうので、面白そうだから「豆腐」にしてみた。
すると小さく切った厚揚げみたいなものが具として入っていた。
すごく美味しかったんだけど、量が多すぎて食べきれなかった。残してしまってすみません!
「少なめにして」って英語でどう言っていいか分からなかったのよね。

8時半ぐらいに"夕暮れ"になり9時にやっと日没。
食事を終えて、ホテルに帰る頃にはもう暗くなっていたけど、ホテルまでは5分ぐらいだし、お店がずらっと並んでいて、通り沿いは明るかったので、大丈夫だった。
夜景も見てみたいと思って、再び屋上にあがってみました
きれいだったけど、日本ほど明かりは多くなかった。
日本って電気を使い過ぎてるような気がしたわ。

レストランでもオリンピックをやっていたけど、ホテルの部屋でもオリンピックを見て過ごしてました。
もちろん日本人の競技は放送してなかったけど。

アメリカのベッドって日本のものよりずいぶん高さがあるのね。身長が高いから?
私の身長(足の長さ?)では、よいしょって足をあげてのぼる感じ。
ベッドに座ると足が床に届かないよ!

シアトルに午前中に到着したおかげで、今日は長〜い一日となりました。
はぁ、疲れた

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー