有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

月6音楽団 その2

2回目の登場も生放送だったみたい。
また時報と同時に「Continetal Star presents 月6音楽団!」という真二の雄叫びでスタート。

「最近はまっていることは?」と聞かれ、「お花見の季節になりましたね」というので、どこかで花見をした話をするのかと思ったら、「お弁当とか作ったりして、お料理をするんですよ~」
そう、真二の料理好きはファンの間では有名。
東京に出てきたばかりの頃、故郷のお好み焼きが食べたくても、当時は"広島風お好み焼き"を食べさせてくれるところはなかったので、自分で作るしかない!ってことでお料理を始めたらしい。
このお好み焼きだけど、以前にFCイベントで真二が作ってくれて、ファンに食べさせてくれたんだけど、絶品!人生で一番美味しいお好み焼きだった
レシピはというと、真二が大好きだった地元のお好み焼き屋さんの味なんだそうです。残念ながらその店はもうないそうですけど。

お好み焼きを食べるのがきっかけで始めた料理だけど、最近はイタリアンも作るらしい。確かFC会報でパスタのレシピが掲載されたことがあったよね。アンチョビのパスタだったかな。

この『お料理』と『音楽』には共通点がある!
料理を作って食べてもらい喜んでもらう。
歌を歌って聞いてもらい喜んでもらう。
どちらも出来が悪ければ、反応もよくないし、みんなが喜んでくれれば自分も嬉しい
「僕は人を喜ばせることに興味があるみたいですね
デビューの頃から「僕の音楽でみんなをHAPPYにしたい!」って言っていたものね。
今日の最初の曲は♪シャードー・ボクサーのライブバージョン。

次はライブ活動の話。
「昨年は支援ライブもあって、昨年ほどライブをたくさんやった年はなかったかもしれません。ショッピングモールなどで無料ライブが多かったですね。普段ライブに来ないような人も多く、僕も楽しかったですね。」

反応がさまざまなのは地方でも県民性が出るとのこと。
「僕の地元広島では盛り上がりまでにちょっと時間がかかるんですよね~」
何度か広島のライブを見てるので、思わずラジオの前でうなずいちゃったわ。
「でもアコースティックライブやバンドライブでやったり、いろいろあるけど、もう今はどこでやっても大丈夫になりましたね。どこでも盛り上げる自信はありますようん、真二は盛り上げ上手だと思うわ。

それからオーケストラの話になり、「フルオーケストラとの共演は実に気持ちいいので、みんなにも体験して欲しいぐらいですよ(笑)」
高校の頃から大好きだったポール・マッカートニー&ウイングス♪My Loveのカバー。いい曲だよね。
「ぜひ原田真二バージョンでも聞いて下さい!」

本日の"フェイバリットソング"は吉川晃司♪キャンドルの瞳。これはご存じ真二の作曲。私はオリジナルって初めて聞くかも?
オリコンで2位になったらしいけど、私は当時のことはよく覚えてないのよね。
「デビューの頃にもアルバムに曲を提供したり、同郷ってことで、一緒に飲みに行ったりもしましたね。この曲は僕のバージョンもあるんですが、とってもファンキーな曲です!」と曲紹介。
曲を聞きながら、真二吉川くんのマネしてるのを想像しちゃったよ。時々ライブでやってるからね。

曲が終わり、DJが「すごく吉川さんっぽい歌い方ですよね」というと、真二がマネをして歌っていた(笑)やっぱりね!
でもあまりにも誇張してるから、「さっき聞いてて、怒られないんですか?って思わず聞いちゃいました」
真二は「彼のスタイルは個性的で僕は好きですよ。特徴があるから、すごくマネしやすいんですけどね。これは吉川くんに提供したというよりも、元々僕がストックしていた曲なんですよ」

「じゃあ、吉川さん用に作った曲ではなく、ご自身が歌うつもりだったんですか?」

「そうですよ。それを彼のプロデューサーがピックアップして、シングルにしたんです。あとで僕もやってますけど。すごく盛り上がる曲でうまく料理をしてくれたなって思います」

「自分が歌うつもりだったものを他の方に提供して、聞いた印象ってどうなんですか?」

「それはすごく楽しみですよ。"あ~こんな風になったんだ"とか思って。自分がイメージしたものと違うのがまた面白いですね」

「自分が歌うつもりだったのなら、こうしようって考えていたと思うんですが」

「そうですね。CDとしてレコーディングするのと、ライブとしてアレンジし直すのもまた面白いんですよ。ライブだとキメとか、音を止めたり、音を抜いたり、それに照明が加わったりして盛り上がりますよね。ライブのそういう演出っていうのが面白いですよね」

「ライブで演奏してる映像を曲を書いてる時に想像したりするんですか?」

「ありますよ。曲づくりの時にライブの演出まで考えてますね。特に激しいナンバーはそうです」

「曲を書きながら、自分の歌ってる姿を考えるんですね」

「そうです。こんな話をしてるよりもライブを見てください!」とライブの告知。
こういう曲づくりの話はなかなか面白かった。曲を書きながら、歌ってる自分を想像してるのね。

最後は来週の担当である大澤さんの曲を流しました。
じゃあ、真二が登場する前の週は真二の曲も流れたのかな。

エンディングは♪僕らのハーモニーをBGMにして、「もう終わりですか?なんでこんなに早いんでしょうねえ。生放送の緊張もさることながら、しゃべってると止まらなくなる僕を抑制してくれてありがとうございます!」と挨拶。

「原田さん、ぜひまた来て、楽しいお話を聞かせて下さい。」

「え?いいんですか?じゃあ、また盛り上がりましょう!」

最後の最後に「絶対また戻ってきますね~」と言っていたので、また出演してくれるかも?
30分、真二がずっとしゃべってくれるいい番組よね
コンチネンタルスターの所属アーティストが交代で担当してくれるみたいだけど、7組ぐらいしかいないから、また担当する機会がありそうだね。期待してるわ~

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索