有縁再見!

ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪

真二@盛岡アコースティックライブ

Acoustic Live "Our Wish for Recovery" ~優しさの波紋~
岩手・盛岡 Jaran-Jaran
2012年2月11日(土) 17:30開場 18:00開演
オープニングアクト:T2


60名限定ってことだったけど、受付の時にちらっと予約リストみたいのを見たら、80番ぐらいまでありました。実際に店内は満杯。熱気ムンムン(って表現が古い?)
そうそう、チケットがちゃんと印刷したもので、ライブと打ち上げとそれぞれ違う写真のデザインでしたしかもドリンクメニューにも真二の写真もあったりして、盛岡の人たちはとても真二を歓迎してくれて、すごく力を入れて応援してくれてるって感じで、始まる前から私たちも嬉しくてテンション上がりました。
ステージの真正面の席は取れず、その隣のテーブルだったんだけど、ライブが始まってみてびっくり。ギターでもピアノでも私たちが正面と思っていた方向ではなく、斜め向いた感じだったので、私たちは正面から真二が見えるいい席になりました。ラッキー
それに今日は生ピアノだったので嬉しかった!

今日はオープニングアクトにT2。私はてっきり二人組かと思っていたら、男性一人でした。アコースティックギターの弾き語りで3曲。そのうち1曲は真二の言葉であり、今回のライブでもサブタイトル的に使っている"優しさの波紋"をタイトルに使ってました。
彼は真二の大ファンで、「原田さんがいなかったら、僕は音楽をやっていなかったと言っても過言ではありません」と言ってました。
彼のギターの音が時々真二のギターのフレーズに似てると感じたのは気のせい?
今回真二を岩手に呼んだのもT2です。

T2がそのまま司会を務め、真二の呼び込みを始めた。
「じゃあ、いよいよ原田真二さんの登場ですが、みなさんで"真二!"って呼びましょう!」ということで、T2の合図で「真二!」。でも「まだこれではダメですね。もっと大きな声で」と2~3回繰り返すと真二はステージ後ろの壁際の階段からかっこよく登場!みんなが写真を撮るので、途中で立ち止まってポーズも取ってくれた。
衣装はモーションブルーの時と同じで、黒いシャツに黒いベストに黒のジーンズにボウタイ。
胸元を開けているので、素肌にクロスがセクシーです

真二の登場時にみんなが一斉に写真を撮りました。というのも開演前に主催者から動画と写真撮影についての注意があり、動画は絶対にNGだけど、写真の方は最初はOKだったり、やっぱりNGとか言われ、最終的には写真撮影可。ただし、フラッシュはなし&ネットにはあげないという条件付き。みんな開演前にカメラのフラッシュ機能をOFFにしてスタンバイしてたので、階段からかっこよく登場してきたら、そりゃあ誰だって写真を撮るわよね。
何も知らない真二は「みんなどうしたの?一斉に写真を撮るからびっくりしたよ。あんな階段からの登場で、結婚式みたいって思っちゃった。写真はどんどん撮ってくれていいんだけど、ネットには絶対に出さないでね。本当に困るから。個人的に楽しむ分にはいいよ。引き延ばして天井に貼ってくれてもいいし(笑)」

ギターを抱えて、♪Make it a Paradiseで幕開け。"Yeah!"のコールもバッチリ!盛岡のファンは熱いです!外は寒いけどね。
「原田真二って知ってますよね?今日初めての人?」と聞くと、パラパラと手が挙がり、「30年前にコンサートを見ましたって人?」と聞くと結構手が挙がってました。盛岡というか岩手に来るのが久しぶりみたいで、見に来ていたお客さんは私と同年代の女性が多く、おそらくは古いファンばかり。みんな久しぶりに真二のライブを見るらしく、なんだかテンションが高かった
「僕のトレードマークの♪キャンディです」と曲紹介しただけで、きゃ~っと歓声が上がった。♪キャンディでは"真二コール"はやはり少なめ。みなさん久しぶりで、「え?まだやってるの?」って思って躊躇したのかな。
それで当然全員でやったけど、男性客が結構頑張ってくれて、いいコールになりました

ピアノに移動して、「ふるさとを思い起こさせる歌があるんですが、岩手にも美味しいお酒がありますよね。広島にも酒どころがあり、その酒まつりの時に作った曲です」と♪心の美酒を酌み交わそうでした。

次は♪Our Song。「僕のメッセージソングの原点であり、僕の決意表明です」と言って歌っていた。今日も感動的な♪Our Songでした。自分が好きな曲なせいもあるけど、やはり何度聞いてもいい歌だよね。
ピアノの横に低めのレンガの壁があり、壁のむこうにも席があり、立てば見えるけど、座ったままでは見にくい。だから「壁の向こうの方は見えるところに移動してもいいし、この穴からのぞいてもいいですよ」と壁のところどころに空いている穴を指さして言ってました。
実際に壁に近づいて、穴から見てるお客さんがいて、真二もたまにそっちを見て、にっこり笑ってました。

歌のあと被災者に対する言葉や支援活動の話をしていた。その話が終わると今度は「本来こういうところで話すべきではないのかもしれませんし、私事で恐縮ですが、実は1週間ほど前に広島にいる母が亡くなりました。91歳でした。」と言いだし、場内がざわめきました。
今日がお母さんが亡くなってから最初のライブというのはわかっていたけど、まさかライブのMCでお母さんの話をするとは思わなかったので、私もちょっと驚きました。

「僕は毎日母に電話をしてました。(お母さんにとって)刺激にもなるし。いつものように9時半頃電話をして話をしたんですが、その2時間後には亡くなってました。さっき話をしていたのにもう話ができなくなったなんて、受け入れられませんでした。母はとても元気で健康にも気を使っていたし、自分でなんでもやってました。一緒には住んでないのですが、広島には兄がいて、1日おきに母のところに泊まってました。僕はとにかく車と新幹線を乗り継いで、早朝に広島に行きました。もう葬儀なども終わり、なんとか冷静に受け止めましたが、とにかく母は元気でまったく予想してなかったので、驚きました。父はすでに10年ぐらい前に他界してますが、父の場合は5年ぐらい助走期間があり(おそらく闘病していたんでしょう)、だんだんと弱っていきました。でも母は突然に逝ってしまい、被災地のみなさんも同じように突然に大切な人を失ったんだと実感しました。被災者の方はもっと過酷な状況だったと思うので比べることはできないかもしれないけど。母はなんでこんな逝き方をしたんだと思いました。でも僕はますますやる気になりました!今まで以上に気合を入れて頑張るつもりでいます!今日は大きな体験をした後の初めてのライブで、それがずっと来たいと思っていた岩手であったことや、今年初めてのライブも先月行った支援ツアーでの福島や宮城だったことは、母のお導きだと思ってます。その支援ライブで東松島の仮設住宅に行ったときに、見にきていたおばあちゃんがいました。母は91歳でそのおばあちゃんは88歳でした。あのときおばあちゃんは僕の歌や話に反応してくれたので、ついついいじり倒してしまいました。高齢なのに仮設住宅で生活することになってしまったあのおばあちゃんのことを思うと本当にたまらない気持になります。」とじっくりと話をしてくれました。

いつもの私のレポではMCを一語一句覚えていられないので、ざっくり内容だけ書いてますが、この話だけはなるべく真二が言った言葉に近い形にできるようにしたつもりです。真二の口から直接お母さんへの思いを聞けたことはとてもよかったと思うし、いつも以上に思いを込めて歌っている真二の歌が聞けて、岩手まで行って本当によかったと思った。

このあとは被災地への応援歌の♪Our Wish for Recovery。いつもなら楽しく元気よく聞くんだけど、さっき聞いたお母さんの話で頭の中がいっぱいで、あまりちゃんと聞いていなかったかも。ハッと気づいた時にはもう後半になってました。

「去年僕の曲がドラマの主題歌になったんですよ。"家政婦のミタ"、あっ違った。"南極..."じゃなくて"北極..."なんてないか(笑)スピッツがカバーしてくれてます。今年は35周年で頑張って行こうと思っていたら、大きいことが決まりましたよ。守秘義務があるのでまだ言えないんだけど、新聞にど~んと出ますよ!あっ、新聞に大きく出るからって逮捕されるわけじゃないですよ!特集記事が出ます。それとCMもあります」と先日のメルパルクでは"大きいこと"としか言ってくれなかったことを今日はもう少しだけ言ってくれたけど、これがギリギリかな
「じゃあ、復興の年として頑張るのでここで乾杯しましょう!」と突如言いだした。真二には白ワインが用意されて、みんなで乾杯しました。

♪タイムトラベルの合唱も今日はとてもよかった。本当に盛岡のファンは素晴らしい!
最後にギターで♪てぃーんずぶるーすだったんだけど、曲紹介をしただけで歓声が上がりました。やはりデビュー当時のファンが多いみたいですね。立ち上がって見てる人もいました。
アンコールは♪Amazing Graceでしっとりと、そして最後の最後はノリノリで♪Marchでした。思わず私は立ち上がってしまいました。私の後ろの席の人、ごめんなさい。

もう一度アンコールが起きたら、真二はピアノの前に座り、♪キャンディの最初のところだけ歌って、みんなで"真二コール"をして終了。

帰りも階段を上がっていったんだけど、途中でコケてました。絶対に何かやってくれると思ってたよ

このあと着替えてサイン会をして、打ち上げ。サイン会はたくさんの人が並んでました。みなさん大喜びだったみたいです。

打ち上げが始まる前にもう一度真二は「お色直し」と言って引っ込んでしまいました。今着替えたばかりなのになんでお色直し???

打ち上げの準備中、主催者が「"原田真二さんを中心としたみんなで楽しむ打ち上げParty"にご参加のみなさんは....」というのにウケてしまいました。

お色直しの真二がなかなか戻って来ない。どうしたのかと思っていたところにまたアナウンス。「あまりにも熱のこもったステージで汗をかいてしまい、ホテルに着替えに戻ってます」ということで、ボーカル指導をしてるT2の生徒である桜井わか子さんが"つなぎ"で1曲歌ってくれました。

打ち上げが始まったのは9時ぐらいだったかな。やっと真二が再登場。「すっかり着替えてスッキリしました!」。ステージの上のテーブルに一人で座り、みんなで乾杯。そのあと「僕はどうしたらいいんでしょう?なんだかちょっと手持ち無沙汰なんですけど」と言いつつ、「ここはどんな食べ物が有名なんですか?」とか「昔僕はわんこそばを100杯食べたんですよ。あれは(おそばを入れてくれる)お姉さんとの戦いですよね(笑)」なんて話をしてくれた。
何年前のことかとファンから質問があったけど、「え~と、ずいぶん前なので忘れちゃいました」
「みなさんどこから来ました?地元の人ばかり?」と聞くと半数ぐらいが盛岡の人だったみたいで、「岩手のほかのところから来た人は?」というと、伊達市、遠野市などいくつか地名があがったけど、「よく場所(位置関係)がわかんないけど、遠くから来てくれてるんですよね」
二戸から来たという人がいて、「八戸、七戸、六戸、五戸....という二戸ですね」と適当に言ってたけど、二戸のファンも「そうです!」とジョークに乗っていた。実際に全部の数字があるんでしょうかね(笑)
八幡平から来た人もいて「スキー場があるところですよね?僕もスキーに行ったことありますよ。安比高原とかも」と言うと、今度は「安比高原の向こうから来ました!」なんていう人もいた。
車で来たって人に「雪上車に乗ってきたんですか?」と打ち上げでは真二はジョークさく裂。
「岩手以外では?東北の他の県とか?いないんですか?他県では?」と聞いたけど、し~ん。本当に岩手県の人ばかりだったみたい。

今度は桜井さんがインタビューするような形で「原田さんは広島出身と聞きましたが、寒さはどうなんでしょうか?」と聞くと、「広島も結構雪が降るんですよ。母のことで先週広島と東京を行き来してましたけど、その時にも雪が降ってましたね。でもここに比べれば暖かいですよ」
翌日の雪まつりの話になり、「先日、相馬市の朝市でライブをやって、海風がすごく寒かったんですよ。途中でストーブ、工事現場なんかで使う熱風が出るやつを用意してもらったんで、なんとかなりましたけど。明日はストーブはあるんですか?」と聞くと、「ストーブなんてありませんよ」と一言。
「えっ?なんでないんですか?」と驚く真二に、「だって雪でできたステージですからストーブなんて使ったら溶けちゃいます」と言われ、「そんなの初耳。じゃあ、ホカロンをポケットに入れておいて、歌の直前まで手を温めておこうかな」と言ったら、どこかから「そんなの甘い!」とT2の声。
過去には指がつってしまったり、切れてしまった人もいたそうです。
それに「明日は雪が降って、寒いみたいですよ」とも言われた。
さあ、明日真二はどうするのかな。

桜井さんが「本当に今回盛岡に来てくれてありがとうございました。盛岡じゅうで騒ぎになりましたよ。私の職場の人がチラシを持ってきて、"真二さんが盛岡に来る!"って大騒ぎになり、ダウンロードした♪キャンディをみんなで携帯で更衣室で聞いてました。」というと、「え?更衣室?(笑)」と真二

時間の関係でもう帰らなくてはいけないって人がいて、「じゃあ、原田さんにテーブルを回ってもらいましょう」と言ったら、店内から歓声があがりました。テーブルを回る度にみなさん「きゃ~っ!」と大騒ぎ。
打ち上げの時は真二はマイクでしゃべってるけど、ファンの声は聞こえないので、何の話をしてるかよくわからなかった。地元ファン優先ってことで、私たち東京のファンのテーブルは回らなかったので、私たちは時々真二の声を聞きつつ、楽しくおしゃべりしてました。
どこかのテーブルでお母さんのことを聞かれたみたいで、「僕もビックリしたけど、たぶんおふくろもビックリしたと思うよ」という声が聞こえた。
それと「以前ビーバーちゃんでしたよね」なんて言われてるのも聞こえました。
こんな間近で真二に会えて、直接話もできて、岩手のファンは大喜びしていたことと思います。本当にみんな嬉しそうでした

もうお開きって時にまたアンコールみたいのをした人がいました。何度か言われたけど、もうお酒を飲んじゃってると真二もライブはできない。でも最後にサービスで、アカペラで♪キャンディの最初の部分を歌い、全員で"真二っ!"とコールして終了。

ライブはすごく盛り上がり、打ち上げも楽しかったし、真二も元気で良かった!

♪Make it a Paradise(ag)
♪キャンディ(ag)
♪心の美酒を酌み交わそう(pf)
♪Our Song (pf)
♪Our Wish for Recovery ~夢の光~(pf)
♪タイムトラベル (pf)
♪てぃーんずぶるーす (ag)

~アンコール~
♪Amazing Grace (pf)
♪March (pf)


*Comment

 

感動のレポをありがとうございました。
私もライブに参加した気分になりましたよ。

読んでて、思わず笑っちゃったり、真二の口からお母様の話をされたのを読んでて思わず涙してしまいました。

可愛いいお母様でしたよね、天国で真二さんを応援してる事でしょうね。

今年35周年の真二さん!!特集記事も気になりますし、どこの新聞なのかもきになる~
みんなで盛り上げましょう

ほんとうに感動をありがとう

  • posted by narumi 
  • URL 
  • 2012.02/15 22:34分 
  • [Edit]

今年は35周年 

narumiさん、

いつもありがとうございます。
お母さんのことは特に何か書くつもりはなかったんですが、真二が自らの口で語ったので、これはやはり書くべきだろうと思って、書きました。

今年は35周年なので、きっといろいろやってくれると思うので、みんなでもっともっと盛り上げましょうね!
  • posted by Michiyo 
  • URL 
  • 2012.02/16 01:56分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索