ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪
 Hey, Hey We're the Monkees!
2009年09月13日 (日) | 編集 |
MV5BNjE5OTgwNjAyMl5B#418EE6少し前たまたまCDショップで見つけた『Hey, Hey We're the Monkees』というDVD。一体何だろうと思ったらドキュメンタリー番組のDVDで、本人たちも登場する"公認"(?)らしきものだったので、購入。

当然、私はリアルタイムでモンキーズを知ってるわけではなく、80年のリバイバルブームの時にCMソングとして流れていた♪Daydream Believerが気に入り、再放送されたモンキーズ・ショーを夢中で見てました。特に好きだったのはデイビーマイク。でも4人ともそれぞれ個性が違っていたので良かったのよね
80年当時、デイビーは日本限定でレコードまで出して、来日公演もしてたのよね。もちろん見に行きました。なんだか東京近郊の市民会館みたいなところだったけど、本物のモンキーズのなま歌を聞けて大感激だったのを覚えている。
その頃すでにデイビーはすっかりおじさんになっていて、まだ10代だった私は年月を感じたものだった。知らなかったけど、89年には再結成されたモンキーズの来日公演もあったらしいのね。なぜ気付かなかったんだろう?知っていたら行ったのになあマイクの歌が聞きたかったなあ。
夢中になっていた頃にはおこづかいで再発されたアルバムも全部揃え、マイクが結成したバンド、ファーストナショナルバンドのアルバムも買い揃えていたわ。もちろん今でも持ってますあの頃よく聞いていたなあ。

『Hey, Hey We're the Monkees』の中身だけど、
マイク以外の3人はそれなりに老けながらもすぐにわかりましたが、マイクは別人のようで、しばらくわからなかった。
おそらく白髪とヒゲと増量のせいだと思うわ。髪型も違うし、ニット帽もかぶってないし(当たり前か)でも話を聞いてるうちに、もしかしてマイク?と思い、よく聞いてみると声や話し方が確かに彼だった。ただ、目の前に見えるルックスと当時のルックスがどうしても一致しないのよね
一番変わっていないのはピーター。相変わらず美しい金髪で、髪型も基本的に変わってないし、特に太ってもいなかった。デイビーミッキーは解散後の写真を見たことがあったので、老けてはいたけど、予想通りだったので驚きはなし。

モンキーズというと必ず"作られたアイドル"って言われてしまうのが気の毒だわ。確かにきっかけはそうだったかもしれないけど、40年経った今でも曲を耳にすることがあるんだから、彼らは彼らなりの業績を残したと思うわ。彼らのインタビューはとても興味深かったし、当時の様子もよくわかりました。本人たちもモンキーズ時代を無駄だとは思っていないみたいで安心したわ。

懐かしさのあまり、ベスト盤のCDや唯一の映画出演のサントラなども買ってしまいました(大人買い?)
ネットオークションで見つけたその映画『恋の合言葉 HEAD!』のDVDも買ってしまいました。この映画って製作された当時は日本では限定された劇場のみの上映で、80年代のリバイバルブームの時に正式に公開されたらしい。もちろん私は見に行きました。30年近く経つ今でも断片的に映像を覚えているので、もしかしたら2回ぐらい見に行ったのかも。渋谷の映画館だったのよね。たぶんパンフレットもあったはず。

映画の内容はというと、映画の最初のラップ(?)みたいなもので、映画の内容を紹介をしていて、「脈絡のない映画だけど、いろんな要素を詰め込んで、話の展開は支離滅裂で終わりが来れば始まりがある」などと歌っている通り。特にこれといったストーリーはなく、短いエピソードを繋ぎあわせてある感じで、最後は最初のシーンに戻って終了。
その中でMVのような歌のシーンやライブのシーンも折り込んであるので、ファンは十分楽しめるけど、映像はかなりサイケでシュール。とにかく何か意味を持たせてるわけじゃないし、戦争のシーンも出てくるので、公開当時ヒットしなかったのは仕方なかったかも?でもいろんな人がカメオ出演してて、なかなか楽しい映画です。脚本にはジャック・ニコルソンも参加してるのは有名は話(カメオ出演もしてます)
それと本人たちがかなりアクションというか体張ってて、一生懸命作っていたのがよくわかるわ。

本人たちやスタッフは今までのアイドル的なイメージを壊す目的でこんな内容にしたらしいけど、皮肉にもこれでモンキーズは本当に崩壊しちゃったみたいなのよね

私は映画のテーマ曲である♪ポーパス・ソングがとても好きだった。本国ではヒットしなかったらしいけど、とてもいい曲だと思うんだけどなあ。ちなみに"ポーパス"はイルカという意味だというのをこの曲のおかげで知りました。
そしてフケが"ダンドラフ"というのも映画で学んだわ。モンキーズのメンバーがフケになるシーンがあるのよね

実際には時代はズレてるんだけど、やはりモンキーズも私にとっては80年代の良き思い出だわ~
彼らはもう60代後半(アラ70)