有縁再見!
ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪
music♪energy 2016.11月号
2016年11月6日 13:30〜放送

今日はイタリアンレストランでの収録。すごいところでやってるのね。

「Hitomiです。」
「びーちゃんです。」
Hitomi「私たちは今イタリアンレストランに来ています。そして目の前にいるのは?」
真二「しーちゃんこと原田真二です!」
Hitomi「ここは赤い部屋ですね。緑とか黄色とかあるけど、今日は赤いです。」
真二「ムーディな感じですね。素晴らしいです。では今週もいってみましょう!」

CMのあと

Hitomi「真二さんようこそ!今日もたくさんリクエストが来てますよ」
真二「じゃあ、早速紹介しましょうね。これは面白いですよ。僕が広島カープの応援歌を歌っているという都市伝説があるんですが、"以前にNHKの番組で歌ってました"。テレビで歌ったものは記憶にありますよ。これは番組でみんなで歌ってたもので、オリジナルの中で歌ってるわけではないんです。お間違えのないように。カープはリーグ優勝できましたね。素晴らしいですね。今、後ろにかかってますが、誰が(音源を)持ってたんですか?」
Hitomi「びーちゃんです」
真二「びーちゃんですか?ありがとうございます!広島出身の私としては、広島以外の地域の方から応援していただき、とても嬉しいです」

(BGMは♪カープ応援歌♪Heart Aid

真二「リクエストは♪Heart Aidなんですけど、今うしろにかかってますね。今年は39周年で、39年って中途半端な年ではありますが、サンキューということで、なんかやらないとって思って、いろいろやってますので、ぜひ参加いただきたいし、サンキューの気持ちをみなさんにお届けしたいです。」

真二「次の方はピコ太郎?あ、違う!ピコピコ太郎さんからですね。アッポーペン!とかやってますかね。今や再生回数がすごいことになってますね。メールは"先日ノーベル賞は原田真二が"、あ、違いますね。"ボブ・ディランさんが受賞されましたね。歌詞であってもメッセージを伝えるのであれば、文学と同じように評価されるってことですね"。まさにその通りです。メッセージの強いものが出てきて、ボブ・ディランを選んだんだと思いますよ。あの当時ですと、ベトナム戦争や、公民権運動などですね。ジョーン・バエズとかもいましたよね。」

真二「"真二さんのメッセージソングというと♪てぃーんずぶるーすのオリジナルがあると思いますが、♪てぃーんずぶるーすの原詩がいつか出てくることがあるのかな?(笑)" なんで笑いなの?せっかくいい話だと思っていたのに。真剣な話でいいんですよ。なんで笑なんでしょう。あれはね、一部は覚えてるのですが、今では僕の頭の中で思い出せないんですよね。どこかにメモがあるかもしれないですけど。」

真二「"いつかノーベル賞が真二さんのが手にくるのではないかと思います" 僕は賞には無縁でね。I'm not interested in 賞関係ですね。デビューの頃の新人賞とか。当時は原田真二が新人賞総なめかなんて言われていたけど、僕にはしっくり来なくてね」

真二「須坂のコンサートに来てくれた方からもメールを頂いてます。"出演者の豪華さにつられて行ったのですが、真二さんが一番よかったです。お茶目だったり、真剣だったり、突き抜ける素晴らしさがありました" ありがとうございます。あまりかからない曲にリクエストをいただいてます。同じ曲に他にもいただいてますが、Facebookでなりすましに遭い、恐ろしい思いをされたそうですね。僕が今恐ろしいのは、どんどん部屋の明るさが暗くなってくることですね。あはは」

♪永遠を感じた夜

真二「次はモグちゃんからです」
Hitomi「モグちゃん!」
真二「Hitomiさん、さすがですね。名前だけで誰だかすぐにわかるんですね」
Hitomi「いいえ、わからないです。ただ、モグちゃんって名前が可愛いなあって思って」
真二「"暑かったり寒かったりしてみなさんはお元気ですか?先日長野でおいしいものを食べましたか?真二さんは全国津々浦々、いや、世界中で行ってますが、何がおいしいですか?"まさに先日の長野ではそばを食べました。ファンクラブのツアーもあって、解散の前にそばで打ち上げもやりました。いい店を見つけていただいて、広い宴会場みたいなところで、日本酒を浴びながら....(笑)そばは好きですか?」
Hitomi、びーちゃん「好きですよ」
真二「僕は最近は新潟のへぎそばが気に入ってるんですけど。つなぎに海藻を使ってて、少しぬるっとしてておいしいんですよ。新潟に行かれたら、ぜひ食べていただきたいです。おすすめです。」

真二「お〜渋いところにリクエストが来てますね。さくらんさん?錯乱ですか?乱れてますか?(笑)問題作ですよね。まずはいってみましょうかね。」

♪ライオンと白くまとキツネ

真二「これは世界のパワーバランスを歌った歌ですね。ライオンが欧米系で、白くまが東側で、キツネが一部のパワーを握ってるところです。あ、この方もカープの応援歌のことを書いてくれてますね。そう、オリジナルで歌ってわけではなく、テレビ番組で歌っただけですので。なんかひどい風邪をひいてるそうですね。この前まで夏だったのに急に冬みたいで、秋がなくなってますね。みなさんはどの季節が好きですか?」
びーちゃん「冬です」
真二「僕も賛成!」
びーちゃん「暑いのが苦手です。寒かったら着ればいいんですよね」
真二「僕もそうです。」
放送ではあまり聞こえなかったけど、Hitomiさんがちょっと色っぽい声で、「だって(暑くても)脱げないですから」と言ったので、真二がその言い方を真似て、「今の"脱げないですから"っていうのがいいですね。投書がたくさんきますね。あはは。本当そうですよね」
真二「秋がなくなってますけど、キンモクセイの香りがいいですよね。短い時期しかないですけど、あのちょっと物悲しいいい香りでいいですよね。人によってはトイレの芳香剤の匂いだって言うんですけど、そんなことないですよ」

真二「次は余計な御世話さんからのメールです。"余計な御世話かもしれませんが、広島カープの....." また広島カープの話ですね。反響がすごかったんですね。今日はっきりできてよかったです。曲を持っててよかったですね」
Hitomi「(びーちゃんの)ご主人が広島出身ですなんですよね」
びーちゃん「三原です」
真二「三原もいいところですよね。余計な御世話さんは♪Goodbyeをリクエストです。この曲を聴くと元気が出ますよね。本当に心が強くなりますよね。誰にも克服して次に行けるエネルギーを持ってるはずで、僕はそれを信じてます。そのために人生は山あり、谷ありで大変なことがあるんですよ。」

♪Goodbye Tears

CMのあと

Hitomi「そろそろお別れの時間になりました」
真二「早いですね。ありがとうございます。久しぶりにご一緒の収録で楽しかったです。最近は本当にいい季節になってきました。行動を起こしたくなりますね。今年の年末はいい感じになるよう頑張って行こうじゃあ〜りませんか!最後は♪てぃーんずぶるーすです。何人かからリクエストをいただいてます。この曲が一番落ち着くっていうリクエストがありますね。英語バージョンも作業中です。次回もまた聞いてくださいね!今度は公開でやりたいですよね。今企画中です。」

(BGMで♪てぃーんずぶるーす

全員「来週も聞いてくださいね。バイバ〜イ

やっぱり一緒に収録の方が楽しいなあ。
次回の公開収録は11月25日に大阪で予定されてます。





music♪energy 2016.10月号
2016年10月2日(日) 13:30〜

今日は久しぶりに通常バージョンでの放送。
ただし、スタジオではなく電話出演です。
MCはHitomiさんとびーちゃんです。最近リリーさんはいないのね。

真二「スタジオに行かれなくてすみません!」
Hitomi「お忙しいところすみません。39周年おめでとうございます!」
真二「39歳の誕生日ですね。もうすぐ40歳になります。39歳を楽しみたいと思います。ごめんななさい!」

CM後
Hitomi「今日は東京ですよね?」
真二「今日はボストンでもNYでもなく、東京です!」
Hitomi「大阪は大雨なんですけど」
真二「東京も大雨ですよ」
Hitomi「なんか、真二さんが電話で出演される時はいつも雨のような気がするんですが」
真二「大阪に行けないという僕の涙雨ですね」
Hitomi「前もカッパの話をしてましたよね。雨漏りがどうのこうのって」
真二「今のセリフでなんか演歌にいっちゃいそうですね(笑)
Hitomi「バックで流れるのは真二さんの♪Rainです」
真二「この演歌バージョンは...(笑)」

真二「夏の終わりぐらいから台風がすごいですよね。今年は大変でしたね」
Hitomi「東京は冷夏だったとかって聞いたんですけど、涼しかったですか?」
真二「一時期涼しくなったけど、また真夏みたいなったりもしてましたよね。最近は金木犀の香りがいいですよね。これは僕が大好きなんですよ」
Hitomi「小さい頃を思い出しますね」
真二「人によってはトイレの香りみたいって言うんですけど、それは芳香剤のせいかもしれませんが、作った香りとは全然違いますよね」
真二がびーちゃんにも話を振ると
Hitomi「びーちゃんはやんちゃだったんですよ」
真二「やんちゃだったんですか?小学生でワルってどういうこと?」
びーちゃん「ピンポンダッシュしてました」
真二「そんなワルだったんですか?もう犯罪ですよ!」

Hitomi「雨の中というので、♪Rainのリクエストをいただきました。今BGMでかかってますね。」
地方の人からのメールを紹介。最近メディアに出ることが多いですが、普段ライブになかなか行けないのでメディアに出てくれて嬉しい。どんどん出て、真二さんのメッセージを伝えてくださいとのこと。

真二「僕もどんどん出たいんですけど、こっちが出たいからといってもねえ。ただ、最近はいいタイミングで続いてましたね。ラジオとかテレビとか」
Hitomi「来週の火曜日、10月4日に『うたコン』に出るんですよね」
真二「生コン?あははは。NHKの番組ですね。生放送と聞いてます」
Hitomi「楽しみですね。10月4日夜7時半からの放送です」
真二「(放送日時は)そんな感じです(笑)ぜひ見てください」
Hitomi「穴が開くほど見てくださいね」
真二「ええ、穴を開けちゃってください!」

その『うたコン』についてのメール。来週真二が出るということで、先週の放送を見たそうで、「生放送なので来週はお仕事を休んでテレビの前で待ってます!」
真二も「そんなことまでしていただいて申し訳ない」

♪OUR SONG(オーケストラバージョン)

Hitomi「素晴らしい曲ですよね」
真二「ストレートな思いをぶつけた曲です。ロックをやってたけど、これはあえてオーケストラアレンジで作ったんです」
Hitomi「この曲を書いた時はまだ10代ですよね」
真二「19歳。本当にストレートな思いだけです」
Hitomi「19歳で書いてるなんて、本当に天才中の天才って感じですよね」
真二「今月はデビューの月なんですけど、10月25日が私の月命日で、じゃなくて♪てぃーんずぶるーすが発売された日で、39周年になります。40年目に突入ですね。」
「そして28日に新宿ReNYというホール、穴です。じゃなくて会館でバンドライブです。あまり中途半端な37年とか38年とかにアニバーサリーライブっていうのもって思ったんですけど、39年なので「サンキュー」ということで感謝の気持ちを届けたいと思ってます」
Hitomi「何年でもアニバーサリーはアニバーサリーですよ!チケットはまだプレイガイドで買えるんですかね」
真二「プレイガールで発売.....」
Hitomi「プレイガールって懐かしい。」
真二「違う方向に行ってしまい、すみません。とっくに完売してるとか、場所によって売ってるとかどっちなんでしょう?とにかく(会場に)いらしてくれたらなんとかなるでしょ!」
Hitomi「私も行きたいんですけど、今調整中です。」
びーちゃん「私も駆けつけたいと思ってます。ちょっとご無沙汰してますので」
Hitomi「そろそろ禁断症状が出そうですね」
真二「バンドライブはいつもとは違うし、強力に盛り上がるんですよね!」
Hitomi「しびれますねん!あ、やだ、"ねん"だって」
真二「あはは。いろんな言葉が飛び交ってますね。」

デビューを祝うメールを紹介。
「39周年おめでとうございます。デビューからのファンです。アメリカに行ってしまった時にファンクラブのお父さんに「絶対ファンはやめません」と手紙を書きました」
真二「僕がいない間に親父が自分のファンクラブを作って...。あははは。
その気持ちに応えられるように、頑張りたいです。世界で活躍できるようにというテーマそのものですね」

♪Love to the World

Hitomi「このバラードは名曲ですよね!」
真二「ありがとうございます」
Hitomi「胸が熱くなりますよね。メロディもメッセージも」
真二「ありがとうございます」
Hitomi「こちらがお礼を言いたいぐらいです。」

Hitomi「ところで面白いメールをいただいているので紹介します」
真二がカープの応援歌、『それ行けカープ』を歌っていると聞いて、ネットで検索してるけど、見つからないというもの。

真二「僕が聞きたいです。どこからそんな話が出てきたんですか?」
びーちゃんのご主人が広島出身でカープファン。
びーちゃん「もし真二さんが歌ってたら、うちの主人が知ってるはずですけど、聞いたことないです」
真二「全く歌ってないし、全く関わりがないですね。誰がそんなことを言ってるんでしょうね。ネットで広がってる情報なんでしょうか。恐ろしいですね。」
Hitomi「このファンは動画を探してるみたいですけど」
真二「もしあったら見せていただきたいぐらいですね。」

Hitomi「オリンピックが終わりましたけど、その頃真二さんはNYにいらしたんですよね。メールを紹介しますね」
オリンピックの開会式のショーで日系人が登場するシーンを8月6日朝8時15分の原爆投下の時間に合わせたという話
真二「追悼の思いをもってしてくれたなら、それはありがたいことですね」
Hitomi「私も今読んでて鳥肌が立ってきました」
真二「今年はカープの優勝もあるけど、広島はエネルギーのある町です。ぜひ広島と長崎に日本のみなさんにいらしてほしいです。同じ感覚を感じてほしいです。あの日何があったのか、日本国民がよく知らないってことがあるので、それが大きな問題だと思います。ぜひ広島から始めたいという思いを込めた曲があるので、それをお届けしたいと思います。」

♪Hiroshima, is the place to start
英語バージョンの方ですね。

Hitomi「残念ながらもうお別れの時間ですね」
真二「あっという間ですよね」

BGMには♪大和が流れている。

真二「ひろしまから大和、大きな大和の文化を届けたいという気持ちでお届けしてます」
Hitomi「そのうちまた黄色と緑色のスタジオに来てくださいよ。」
真二「aiaiに伺わないといけないですね。あいあいあ〜」
Hitomi「アイアイ〜」
真二「それはお猿さんですね。はい、行かせていただきますよ!」
Hitomi「来週は真二さんはいないけど、みなさん聞いて下さいね」
真二「みんな、番組のこと頼むぜ!」
Hitomi「かっこいい!」
真二「え、かっこいい?ふざけてすいません」

「では、来週も聞いてくださいね。バイバ〜イ


music♪energy 2016.9月号 後半
2016年9月11日(日) 13:30〜

Hitomi「今週も原田真二さんの楽屋にお邪魔してます」
「もう打ち上げてる感じです。打ち上がってます!ビールとか柿ピーまでありますよ!びーちゃんが用意してくれたんですよね」

「今日も先週に引き続き、先日のライブをお送りします。オープニングの♪Make it a Paradiseとか♪Hiroshima, the place to start とか♪キャンディや♪キャンディキャンディ。」
Hitomi「♪キャンディキャンディなんてありましたか?」
「みなさんのお好きな曲があったら、おめでとうってことで」
Hitomi「え?おめでとうですか?あははは」

♪Make it a Paradise
「先日NYでライブしてきたばかりなので、今日はそのあたりの曲もやっちゃいますね」

♪Hiroshima, is the place to start
この日は最初から広島だけでなく大阪でも歌ったんですね。

♪キャンディ
♪JOY

「先週はアメリカツアーの話をさせていただきましたね」
Hitomi「そうですね。お化けの話とか」
「いや〜あのホテルは本当にいいところなんですよ。昼間からゆったり滞在して、歴史的なものを見学してね。来年のボストンライブもあのホテルにしちゃおうかな。あははは」

「ボストンの日本祭りとNYのJapan Festivalとやりたいんですが、それと4月頭のワシントンDCでのチェリーブラッサム(桜)祭りも狙ってるんですよ」
Hitomi「ツアーするんですね」
「決まったらツアーにするけど、まだ決まってないので」
Hitomi「西海岸でも攻めるって話もありましたよね」
「西海岸の話もあるんですよ」
Hitomi「そしたらアメリカ横断ツアーですね」
「なんか聞いたことありますね」
Hitomi「みんな、アメリカに行きたいか!ってやつですよね」

「そういえば長男のショーンに二人目の子供が生まれました」
Hitomi「どちらですか?」
「女の子です。今まで男系だったので、初めての女の子ですよ」
Hitomi「お名前を聞いてもいいですか?」
「ミアちゃんです」
Hitomi「漢字は?」
「それがまだ決まってないんですよ。いろいろ調べてるんですけどね」
Hitomi「可愛いでしょ?」
「まだちっちゃいんですけどね。ショーンのFBにレノンがドラム叩いて、ドラえもんの歌を歌ってる映像がアップされてて、話題になってるみたいですよ。もう僕は"おじい"ですから」
Hitomi「"おじい"なんですか?」
「なんか沖縄の"おじい"とか"おばあ"とかがいい感じで、そう呼ばせてるんです。でもレノンは"あじい"って言うんですよ。うまく発音できないのかもしれないですね。」

「そういえば昔はHitomiさんもびーちゃんもタクシーで追いかけてたんですよね?」
Hitomi「そうです。フェスティバルホールから追いかけてました。真二さんが気付いてくれたんですよ」
その時に真二の対応が優しかったらしく、
真二は自分で「いわゆる"神対応"ってやつですか?(笑)」

「なんかだんだん"みーのー"(飲み会)の会話になってきちゃいましたね。この番組はなんでもOKでいいですね。二人のおかげです」
「では、来週も聞いてください。バイバ〜イ


music♪energy 2016.9月号 前半
2016年9月4日(日)13:30〜

今日は8/26に行われたPremium Nightの模様を放送。
トークの収録は楽屋でやっていたようです。

まずは急遽出演が決まったボディパーカションのキースさんとのセッションを放送。
♪オ〜アリア〜オパ オパ オパ〜
これってサンバというかラテンの曲。
タイトルは知らないけど、リオオリンピック記念ですかね(笑)

♪タイムトラベルもキースさん参加で、かっこいいけど、途中カットされてて残念。
♪You are my Energy♪The Light♪Heart Aidを放送。

番組最後にはボストンのホテルのお化け話とテレビ出演の話をしてました。
「9月9日にテレビ東京の歌番組に出ます。オールジャンルで演歌の方も出てます。え〜と、金曜の7時からです」
「もうひとつはCSだかBSで....」
Hitomiさんが「CSですよ!」
「CSですかね。え〜放送日はわかりません。稲垣.....じゃなくて、野口五郎さんの番組です。なんか野村義男さんも出てたみたいですよね」
Hitomiさん「よっちゃんも出るんですか?」
「いや、一緒に出たんじゃないんですけど.....」
たぶんよっちゃんの回で真二のことが話題に出たからその話じゃないかな。
Hitomiさん「放送日は分からないんですね?番組名も?」
「すみません。みなさん調べてください!」

9/9 テレビ東京『金曜7時のコンサート』
9/14 歌謡ポップスチャンネル『野口五郎の改札口の伝言板』

Hitomiさん「五郎さんは新御三家ですよね。新御三家の番組にロック御三家が出演ですね!」
「そうですね。ロック御三家はあとは三田明さんですね」
Hitomiさん「何言ってるんですか!」
「三田さんは四天王なんですよね。御三家というのは橋幸夫さん、西郷輝彦さん、さんで、そこに三田さんが入ると四天王になるんですよ。確か。三田さんお元気ですかね」
びーちゃん「三田さんって?」
「びーちゃん!三田さんって家政婦じゃないですよ(笑)

Hitomiさん「真二さん、昭和歌謡に詳しいですね」
「ええ、僕は昭和歌謡に詳しいんですよ。あはは。そんなことないですよ」
Hitomiさん「お兄さんの方が知ってますかね」
「うちの兄貴は笑点の方面です。よく分からないネタを面白く教えてくれます」

「来週もライブの続きを放送してくれるんですね。じゃあ、来週もまた聞いてください!」


music♪energy 2016.7月号
2016年7月17日(日)13:30〜

今日はスケジュールの都合で、第一週ではなく、第三週の放送。
実は7月号は聞き逃したのかと思っていたので、まだ放送になっていなかったことにひと安心

今日はスタジオはHitomiさんとびーちゃんだけ。
真二は電話での出演です。

真二「今日はすみません。電話で失礼します!!」
Hitomiさん「いえいえ、お忙しいところありがとうございます」
真二「今日は二人だけなんですね。」
Hitomi「そうなんです。リリーさんはお休みです」
真二「じゃあ、古くからの仲良しの二人で好き勝手にやっちゃってください!」

CM後
真二「ありがとうございます。今日は僕は東京からお電話です。こっちは大変な大雨なんですよ。雨漏りで家の中でカッパをかぶってますよ(笑)」
Hitomi「カッパいいですね」
真二「カッパ、Rain Coatですね。」

Hitomi「先日大阪で復興支援ライブをやりまして、それも放送させていただきました」
真二「そうですね。熊本の復興支援ライブをやったり、急遽テレビの収録もやりましたが、来ていただいたみなさんありがとうございます」

Hitomi「さぬきうどんさんからメールが来ています。」
真二「人間ではないんですか?うどんなんですね」
Hitomi「その大阪ライブの感想を書かれています」


真二「さぬきうどんさんありがとうございます。大阪でやらせていただいて、そのあとでわりとすぐに福岡、岡山、香川、徳島で、4日間で全部で6公演やりました。のどが最高潮で、森進一が3回ぐらい来ちゃいました」
Hitomi「その時香川でお会いになったうどんさんからですね」
真二「香川ではさぬきうどんのたもやさんの場所をお借りして、原田真二初のうどん屋ライブをやりました!厨房からの登場です。ギターの弦はうどんにして、途中で切れてしまい、最後は全部食べちゃいましたけど(笑)もう曲にいっちゃった方がいいでしょう。うどんでギターを弾いてるイメージで聞いてください。♪マーチです!」
♪マーチってピアノの曲だよね(笑)

♪March

Hitomi「この曲を聞くと元気になりますよね。」
真二「僕も自分で歌いながら自分を鼓舞してる感じですね」
Hitomi「アンコールで歌われることも多いですよね。それにしても本当に厨房から登場ですか?それを証明するようなメールも来てます」

香川、徳島のライブを見た方からのメールのようです。
うどん屋さんや幼稚園での異例のライブですが、とても優しい感じでよかったですとのこと。

Hitomi「幼稚園でもされたんですか?」
真二「徳島では薬屋さんがスポンサーで、インターナショナルの幼稚園の2階に小ホールがあって、そこでやったんです。香川も徳島も満席ですごかったです。スポンサーや協力していただいた方、本当にありがとうございます!」
Hitomi「幼稚園のちびっこも来てたんですか?」
真二「ちびっこはいなくて、大きい子(笑)やじいちゃんばあちゃんでした。手作り感があって、みなさんの温かい気持ちがクローズアップされた感じになりましたね」

Hitomi「♪JOYにはほかにもリクエストが来てますが、夏になると聞きたくなりますよね」
真二「そうですね。意味深な歌詞のところで、きゃ〜と大騒ぎになってますよね。結構僕も楽しんじゃってます」
Hitomi「当時からそういう気持ちで歌ってましたか?」
真二「まったくなかったです!」
Hitomi「先日、たまたまデビュー当時の歌ってる映像でを見たんですが、♪JOYを歌ってる時に流し目をしてましたよ。胸元の開いたシャツで、ペンダントがキラッと光ってセクシーでしたよ」
真二「あはは、そうですあ?いやいや、水でも浴びて、ビーチクを見せたらよかったですかね?あの頃意識してたかもしれませんが、今はみな(自分もファンも)大人なので、わざと歌詞を強調して、わ〜きゃ〜と大騒ぎしてますね。」

♪Joy

Hitomi「『unplugged』バージョンですね」
真二「そうですね。いつもとちょっと違っていい感じかなと思って。」
Hitomi「大人の感じですね。」
真二「夏の定番になってますので、8月に向かってどんどんやっていこうかと思います。」

次のメールは広島の原爆資料館のことなどについて書かれていたので、オバマさんの広島訪問の話になりました。


真二「そうですね。あの時は♪ひろしまから始めよう、Hiroshima, the place to startをみなさんに聞いていただいたり、ご披露する機会がないかといろいろ動いてたんですよ。安倍首相やキャロライン洋子・・・じゃなくて、キャロラインケネディ大使とかオバマさんとかに書簡を送ったんです。オバマさんは広島に1時間も滞在してないので、曲を流していただく機会はなかったですが、僕が動く前にもすでにネット上でこの曲のことを書いてくれたファンの方もいました」

真二「唯一の被爆国である国民が何があったかを理解するのはとても大事だと思います。私たちには被爆国の国民として義務と権利があるので、それを存分に使って、日本人の素晴らしい精神性を持って活動してくれるといいですね。まずこの国のみなさんが理解してくれるのがいいですよね。修学旅行で必ず行くようにしてくれるといいですね」
Hitomi「以前真二さんが言っていた言葉で印象的だったのは、広島で生まれ育った真二さんが8月6日には広島ではずっと報道してるのに、東京ではニュースの中でちょっと流れるだけだと」
真二「あまりの温度差に驚きましたね」
Hitomi「それはいけないですよね。オバマさんが来られたことで全国の皆さんが来てくれるときっかけになるといですよね」
真二「みなさんに広島に来て欲しいですよね」
Hitomi「真二さんの影響を受けてるからか、真二さんのファンの方はみなさん優しい人多いし、平和に対する意識が高い方が多いですね」
真二「僕が何をするというよりもみなさんがそういう気持ちでいるってことですよね。
世界が調和に向かっていけるようになって欲しいですよね。では曲を聞いていただきましょう。♪ひろしまから始めようです」

♪ひろしまから始めよう

Hitomi「そろそろお別れの時間になりました」
真二「僕もカッパを脱いだところです。なんか路上生活者みたいですよね。あははは」
Hitomi「雨はまだ降ってますか?」
真二「雨はまだ降ってますよ。今、関東は水不足なので、水甕にしっかり降ってくれるといいんですけどね」

真二「本当は僕もスタジオに行きたかったけど、今日は電話で失礼しました!」
Hitomi「また来てくださいね」
真二「はい。よろしくお願いします」
Hitomi「それではみなさん、来週も聞いてくださいね。」
真二、Hitomi、びーちゃん「バイバ〜イ
ちょっとズレちゃって、真二が「あららら〜」




プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
映画と香港が大好き!
ということでメインは映画の感想や香港話になると思いますがよろしく♪
そして原田真二もね。
写真は20数年前、母が作ってくれた「シンジ君人形」(笑)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する