ご縁があったらまた会いましょう! 映画、香港、原田真二が大好き♪
真二@Haruji Kato Birthday Party &原田真二 Live Show
2018年05月19日 (土) | 編集 |
Haruji Kato Birthday Party &原田真二 Live Show
神奈川・平塚Lily
2018年5月13日(日)開場17:30 開演18:00


開演時間になると司会者が出て来て、「原田真二オンステージ!」と紹介するので、ウケてしまったわ。
真二は元気よく登場して来て、まずはキーボードの前に座り、
♪The Welcome Songと呼ぶ即興の歌でスタート。
これは何かオープニングに真二が伝えたいことがある時に時々歌ってくれるもの。
今日はお世話になってる加藤さんのお誕生会ってことで、
「何回目か知らないけど、Happy Birthday!」とか
「加藤さんの気持ちを代弁して、皆さんI Love You!」とか歌ってました。

そして♪Curtain Riseです。
「今、歌ったのは♪カーテンライズという曲でした。開幕って意味ですね。お誕生日を迎え、また新しい幕開けってことでこの曲を選びました。カツライスの曲じゃないですよ〜」

「ここでは何度もライブをしてますので、僕のライブを見たことある人もいると思うけど、今日初めて生で見るって人いますか?
数人の手が挙がり、「おぉ〜でも原田真二は知ってますよね?」と聞いたら、ある女性は正直に、「知らない」と答えてました。
あららら。

「代表曲の一つをやりますね」と♪シャドーボクサー
キーボードの音色を変えるのを忘れてしまったみたいで、
途中で慌ててオルガン風の音に切り替えてました。
そうそう、この曲はこの音がいいよね。

次は代表曲中の代表曲。♪キャンディ
「知ってたら一緒に歌ってね」と♪キャンディキャンディ。
みんな一緒に歌ってたら、「早く止めてよ!って僕が一緒に歌ってねって言ったんだけど。あははは」
今日はいつもよりちょっと長めのジャズ風イントロでスタート。
"真二コール"をみんなでやったけど、ちょっと声が小さめ?!
「じゃあ、これは絶対に参加しないとだめですよ。加藤さんのお誕生日なので、"はるじ"でお願いします」
"はるじ!!"
「おぉ〜すごいですね。さすが加藤さんの人気です。じゃあ、今度は僕のもお願いしますよ!」
"しんじ!!"

♪下柚木の丘はいつだっての後、
鎮守の杜コンサートや震災支援などの話をして、
♪OUR SONGへ。
いつ聞いても聞き入ってしまうなあ。

ここで加藤さんのお誕生日を祝してみんなで乾杯!
「お誕生日おめでとうございます!」
腕を高く上げるイギリス式の乾杯を久しぶりにやりました

「後半に行く前にもう1曲。誰にもエネルギーになる人や物があると思います。そんなことを歌った曲です」
♪You are my Energyですね。
後半戦というよりも最後はオープニングに歌うことが多い♪Make it a Paradiseでした。

アンコールは「まだ代表曲がありますから」と♪てぃーんずぶるーすをアコギで。
みんなに"ラララ〜"を歌ってもらってる間にキーボードに移動して、
♪タイムトラベルへ。
合唱では「こっち(前方)は歌ってるけど、後ろの方は?歌詞がわからないんでしょ?」と客席内を歩きながら、「ここも歌ってよ!」と歌を促してマイクを向ける!
マイクを向けられた人は照れながらも歌ってました。
「合格!」
あちこち歩き回ったので、「思ったより長く(客席内に)いたね」
盛り上がって終了です。

そのあとパーティになり、ケーキが用意された時には真二の演奏で、
♪Happy Birthday〜を合唱。
同じメロディで♪How old are you〜って歌うので、みんな笑ってました。
加藤さんがろうそくの火を吹き消して拍手!

♪The Welcome Song (p)
♪Curtain Rise (p)
♪シャドーボクサー (p)
♪キャンディ (p)
♪下柚木の丘はいつだって (p)
♪OUR SONG (p)
♪You are my Energy (ag)
♪Make it a Paradise (ag)

〜アンコール〜
♪てぃーんずぶるーす (ag)
♪タイムトラベル (p)



真二@いしだちゃん祭り Vol.109
2018年04月15日 (日) | 編集 |
いしだちゃん祭り Vol.109
東京・渋谷LOFT9
2018年4月14日(土)開場18:00 開演18:30


開演時間から見ることはできなかったけど、私が会場に到着した時は、
お笑いライブの前半の半分ぐらいだったかな。
今回の出演者ではパーマ大佐とタブレット純しか知らなかったけど、パーマ大佐はオープニングだったらしいので、見逃してしまい残念でした。
タブレット純は生で見ることができた!
中性的で話し声も優しいけど、歌う時には低く太い男性らしい声が出るのね。
歌謡漫談的な感じだったけど、最後には歌も聞かせてくれました。
なかなか個性的で面白かった。

真二の出番の時にはセッティングあるから、休憩時間になるのかと思ったら、そうではなくて主催の石田さんとアシスタントの女の子が出てきて、セッティングの間、おしゃべり。
真二のプロフィールを紹介し、アルバムが初めての初登場1位を記録下とか、10代で武道館公演をやった最初の男性ソロアーティストであるとか石田さんが言ってましたが、アシスタントは若くて、多分ピンと来てない感じでした。
石田さんは何度か真二にインタビューをしたことあり、今回その縁で、イベントの主旨を説明して、「"出ていただけますか?"とオファーしたら、快く引き受けてくださいました!」とのこと。

このイベントはお笑いライブですが、今回の隠れテーマが"松本隆SONGS"ということで、
出演者の交代時間には松本作品の曲が流れてました。
♪ルビーの指環、♪ロマンティックが止まらない、♪バチェラーガールなど。
そしてスピッツ版の♪タイムトラベルも流れたよ〜

やっと真二の出番!
ギターの準備をしながら、「僕も何かお笑いやりましょうか?あはは」
「ぶっつけ本番でやります」って、リハーサルはしてないのかな。
ギターの音を出すと、音が大きすぎて、「ちょっとうるさいよね?もう少し下げてもらえますか?」
ギターの音量調整が終わり、♪Make it a Paradiseでライブ開始!
「僕はお笑いライブを見るのは初めてなんですけど、裏で聞いてて面白かったです。テレビで見るのとは全然違いますね。最初から見たかったなあ。」

キーボードに移動して、
「原田真二ってわかりますか?今日の客層がよく分からないんだけど、下は?小学生?じゃあ、上は?」と聞いたら、年配の女性が手を挙げてました
「バックステージはすごいことになってますよ。たくさんの芸人さんがいて、僕は"この人誰?どこの芸人?"って感じで見られてるみたいでした。」

「代表曲をやりますね。♪キャンディです」というと知ってる人がいたみたいで、歓声が上がってました。
ここで、♪キャンディキャンディ。
ウケていて、「最近は♪キャンディキャンディを知らない世代もいるんですけど、今日はわかってくれてよかった。あははは」
「それじゃあ、僕の♪キャンディを」と♪キャンディ
"真二コール"に「今日は17人の親戚筋が来ていて....。驚いたでしょ?」
お笑いライブということで、男性客も多く、みんなでやった"真二コール"は元気でした。

「次の曲は、さっきスピッツのが流れていたけど、♪タイムトラベルは僕の曲なんですよ」と言ったら、場内から「えっ?」という声も聞こえ、がちょっとざわざわ。
もしかしたらスピッツの曲だと思っていた人がいたのかも。
「若い人たちがカバーしてくれるのは嬉しいですよね」とオリジナルの♪タイムトラベル
今日は歌詞もオリジナル通りに、"ここは東京"
だって、実際に東京だからね。
そして今日もみんなで合唱しました。

ギターに移動して、「早いものでもう時間が....」
真二の持ち時間は30分なのでね。
「最後はデビュー曲ですが、これを歌うには僕はtoo oldかな。だって♪てぃーんずぶるーすだから」
ということで、♪てぃーんずぶるーす

アンコールではキーボードに移動。
「確か今日は熊本地震からちょうど2年になりますね。まだまだ仮設にいる人もいます。今日のお笑いライブで爆笑をして、その笑顔を持ち帰って、周りの人に笑顔を伝染させてください。」と震災支援についての話をして、
「19歳の時の拙い歌詞ではありますが、聞いてください。」
最後は♪OUR SONGでした。
みなさん、聞き入ってるようで、最後にスタインディングオベーションをした人もいました。

真二のライブ後は休憩時間。
真二は早速外のテラスに出てサイン会。
40周年のパーカーが欲しかった私は「パーカーはありますか?」
「3枚だけですけど」と出して来たので、見ていたら、
横から真二が「全部買い占めちゃえば?」
「いえいえ一つで大丈夫です(笑)」
もちろん一つだけ買いました。
この日、3枚しか持って来てなかったのか、最後の3枚か分かりませんが、数に限りがあるかも。
今、行われてるAll Japan Tourの会場で買えるかなと思います。
今の季節にはちょうどいい1着だね。

今日も楽しかったです

♪Make it a Paradise (ag)
♪キャンディ (p)
♪タイムトラベル (p)
♪てぃーんずぶるーす (ag)

〜アンコール〜
♪OUR SONG (p)



真二@Peace Event 「こころのへいわ、せかいのへいわ。」
2018年03月24日 (土) | 編集 |
Proactive Peace Dialogue & Mini Live 「こころのへいわ、せかいのへいわ。」
東京・自由が丘オペラハウス
2018年3月21日(水・祝)14:00〜17:30


春分の日だというのに真冬のような寒い日で、雪が降っていた。
それでも会場は満席。

まずはトークから。
チラシによれば、トークは中垣住職と被爆者の木戸さんが登壇することになっていて、
真二はミニライブ。

中垣さんが前に出て来て、司会者が中垣さんを紹介。
一番後ろのソファに座っていた木戸さんと真二も紹介された。

トークの前に中垣さんによる瞑想。
「みなさん外から来たばかりなので、心の中が落ち着いていないと思います。瞑想をして、心を開き、目を開き、耳を開きましょう」
姿勢や手の位置、呼吸の仕方などを指示されながら、3分ぐらい瞑想。
司会者が「この場所が浄化された感じですね」

中垣さんのお話は瞑想して、心が安らいだせいか、睡魔に襲われ、内容をあまり覚えてません。
すみません。
中垣さんの話が終わると、司会者が「原田さんを紹介してください!」
なんと真二もトークに登壇。
中垣さんが初めて真二と会った時のことを話してくれたんですが、
「最初に"原田真二"って聞いた時、どこにでもある名前だったので、あの原田真二とは思ってなくて」と言って、場内大爆笑。
どこにでもある名前って.....

真二のトークタイムは常日頃ライブで話していることを話してました。
中垣さんとの出会い、祖父母がシアトルへの移民であること、広島の平和教育、国連でのライブなどなど。
鎮守の杜コンサートの話をした時、「中垣さんの目の前で、"神社、神社"と言って申し訳ないですが(笑)」なんて言ってました。

そしてトークの最後に「歌っていいですか?」と♪OUR SONGを歌いました。
ここは狭いけど、グランドピアノがあり、ピアノはマイクやアンプを通しているのではなく、おそらく生音。
それでもすごく音が大きく、いい音がしていたのは、すぐ近くで聞いていたからかも。
すぐ近くで聞くピアノの音は迫力があり、あまりライブを聴いたことがない人には驚きだったかもしれない。

次の木戸さんは地図、イラスト、写真などを用意して、長崎の被爆体験を話してくれました。
冒頭、木戸さんは「お二人(中垣さんと真二)の話を聞いていて、気持ちは全く同じだと思いました」と言ってました。
木戸さんは核兵器根絶の署名活動をしていて、
「まさに原田さんが話されていたこと(Vote for Peace)と同じです。」と言っていたのが印象的。

休憩時間の後、会場のお客さんたちでチラシに書いてある質問について、隣の人同士と話し合いましょうと司会者に言われ、場内でそれぞれ話が始まった。
私も隣に座った真二ファンの知り合いと休憩時間の時から、ニューヨークライブのこととか色々話をしてました。

中垣さん、真二、木戸さんが登場してきて、彼らに質問。
木戸さんは「平和だと感じることは?」と聞かれ、「今まで一度も平和だと感じたことはない」とおっしゃってました。
真二は「難しいと感じること、諦めてしまったことは?」と聞かれ、例えばVote For Peaceで数字を増やすことは難しいかもしれないけど、不可能ではない!と力強く語ってました。

次に真二のライブタイムになるわけだけど、司会者がいいことを言っていた。
「皆さんの平和への思いを素敵な音楽でより育てましょう」って。

いよいよ真二のライブ。
「ここはすごく暖かくて、弦がすごく伸びちゃってます」とチューニング開始。
雪が降り、とても寒かったので、暖房が強かったみたい。
寒がりの私でさえ、顔が火照ってしまって、休憩時間にドアが開いて、冷たい外気が入ってきた時、あぁ〜気持ちい〜い!って思ったぐらい。

チューニングを続けながら、「これ、イントロじゃないですよ!」
「今日は雪が降ってますけど、桜も咲き始めてますよね。こんな曲はどうでしょう。まだタイトルもついてないんですけど」
とオープニングは♪春(仮題)
時間が限られているからか、1コーラスのみ。
そして元気に♪Make it a Paradiseです。
「ここで大きな声を出しちゃっていいかな?でもこれだけの設備が整ってるんだからいいですよね?」と、"Yeah!"をやりました。
みんな大きな声だったよ。

次はピアノに移動して、「今日初めて僕のライブを見る人がいると思うけど、もうここで代表曲をやっちゃっていいかな」
もちろん♪キャンディね。
"真二コール"をみんなでやりながら、「こんなことやってないで、早くやれって感じ?あははは」
マジで時間が押してると思うわ。
♪下柚木の丘はいつだってを歌ったところで、
「え?あと5分?5分じゃ終わらないよ!では、最後の曲です!」
"え〜〜〜〜〜〜っ!!"という声にツッコミを入れる余裕もなく、♪タイムトラベルです。
時間がなくても、合唱はやります!
「みんなもっとハジけた感じでお願いします。そうしないとこんな感じになっちゃう」と念仏風に歌って、
「チ〜ン!」と鐘の音を言うと、「ここで中垣さん(鐘を)鳴らしてよ!」
今日、中垣さんは鐘を持ってきていたからね。
"ここは自由が丘"はちょっと字余りで面白かった

アンコールに入ろうとしたところ、スタッフが動き出したので、
真二が「協議中ですか?」と聞いたら、
「いえ、もう帰らないといけない方がいまして.....」

長崎の被爆体験を話してくれた木戸さんとやはり長きの被爆体験者の女性が帰って行きました。
二人とも長崎から来ていたのかもしれませんね。
その二人が席を立ったので、真二♪ひろしまから始めようを弾きながら、
いきなり、"長崎から始めよう"と歌い出した。
彼らが帰るまで繰り返し歌ってました。
そして"ひろしまから始めよう"と歌い直して、歌に入りました。
やはり今日はこれを歌わないとね!!

最後に主催者2人、中垣さん、真二がそれぞれ一言ずつ挨拶をして終了。
真二は「一歩前に踏み出して、みんなで頑張りましょう!」と挨拶。

みんなで平和の気持ちをひとつにした一日でした!

♪OUR SONG (pf)

♪春(仮題) (ag)
♪Make it a Paradise (ag)
♪キャンディ (pf)
♪下柚木の丘はいつだって (pf)
♪タイムトラベル (pf)

〜アンコール〜
♪ひろしまから始めよう (pf)



Sharing〜シェアリング〜 2018 in 新宿
2018年03月18日 (日) | 編集 |
Sharing 〜シェアリング〜2018 in 新宿
東京・新宿 全労済ホール スペースZERO
2018年3月17日(土)14:30〜


毎年のように出演してるので、私も毎年のように見に行ってます。
今年は行けるかどうかわからず、チケットを買っていなかったので当日券で入場。
開演から1時間頃に行ったんだけど、前方の中央の席がポツッと空いていたのでラッキー

真二は2部の最後に登場。
事情があって、1部は見られなかったけど、2部から楽しみました。
まずは中川五郎さん。
オリンピック選手のことを歌った曲を歌ったんだけど、1曲で持ち時間終了。
司会が「この曲って何分何ですか?」と聞くと、
「持ち時間が15分だったので、14分45秒にまとめました!」

次は青森出身のシンガーソングライター 桜田マコトと石野ゆうこのユニット。
ビートルズイベントで知り合って、ユニットを組んでから日は浅いそうですが、
素敵なハーモニーを聴かせてくれました。

真二の出番だ!
ギターを抱えた姿で登場。
スタンバイをしてるとスタッフが耳打ち。
「はい」と返事したあと、客席に向かって「業務連絡がありました(笑)」

「こんにちは。原田真二です。今年も参加できて嬉しいです。
会場にお越しの皆さんもここに来ていただいてるだけでありがたいです」と挨拶を始めた。
すると別のスタッフがでてきて、どうやらギターケーブルがダメらしく、
真二が喋ってる横でケーブルの交換。
「これでもう少し喋る時間ができましたね」

「先日石巻に行って来ました。恐らくはかつては農地だったんじゃないかと思う所に、1万人ぐらい住めるような新しい住宅がずらっと立ち並んでました。隣にはイオンもあって便利そうでした。でもその1万人のうち、6割が独り住まいで、そのまた6割が65歳以上だそうです。第2、第3の壁が来ています。まだまだ支援が必要だと思います。」

話の最後に「今日はありがとうございました」と言い、場内も拍手で、まるで終わりみたい。
真二も「あれ?終わっちゃうみたい。僕の言い方が悪かったかな。あははは」

「2018年ももう桜が咲き始める気持ちのいい季節となりました。まだ発売はしてないけど、今日は急遽歌いたいなあと思って持って来た曲があります。手拍子をお願いします。早くレコーディングしたいなと思います」
おぉ〜久しぶりにあの曲が聴けるのかな
この季節になると歌ってくれる♪春(仮題)ね。

「恐らくはみなさんが知ってるであろう曲をやっちゃっていいですか?」とギターからキーボードに移動。
いつものように譜面台を片付けるのを忘れない。
「原田真二ってわかりますか?じゃあ、♪キャンディをやりますね」というと、場内から拍手と歓声が上がった。
でも歌ったのは♪キャンディキャンディ
「最近はキャンディキャンディを知らない世代もいて、わかってもらえないこともあります(笑)」
♪キャンディは最近のバージョンで。

「あ、もう時間がなくなって来たので、次の曲は2倍の速さで歌います!」
今日の♪タイムトラベルは2倍ではないけど、若干テンポが速かった感じ。
時間がない中、合唱タイムでは「確認しに行きますよ〜」とステージを下りて、客席へ。
今日もしっかり全員で合唱しました。
ステージを去る際には「真二〜」と声援があったけど、こんなのって真二だけかも?

ここで休憩時間。トイレ休憩をして、ロビーに行ってみると、真二がサイン会をしていたので、私も参加。
今日は『A面に恋をして』を買ってサインをもらいましたが、真二の本ではないのに大丈夫かなあと思いつつ、
「今日はこれにお願いしたいんですけど・・・」と恐る恐る本を出してみた。

「おぉ〜この表紙凄いよね」
「JKですよね」
「まるでJK本だよね。あははは」と言いながら、サインしてくれました。

1000円募金をしたら、『Vote for Peace』のピンバッチをもらいました
2018031809390000.jpg

2000円だと『Vote for Peace』のキーホルダーがもらえるらしいです。

3部では庄野真代が3曲とPANTAさんが4曲ぐらい歌ってました。
PANTAさんはかなり個性的だわ。

いよいよフィナーレ。
まずはわいわい合唱団が登場し、次にアーティストが呼ばれたけど、なかなか揃わず。
中川五郎さんは客席から出て来ました(笑)
みんな遠慮してあまり前に出たり、中央に立つのを避けたり・・・
真二とPANTAさんが肩組んで、仲良さそう何やらおしゃべりしてた。
この二人を見ると必ず思い出す。
『クリモパシン』
私は見に行っていないのだけど、『クリモパシン』というタイトルのコンサートが昔ありました。

クリエーション
んたよしのり
PANTA


出演者の名前をとったタイトルでした。

真二はどうしても中央に立とうとせず、PANTAさんに場所を譲ったりと、
2人がじゃれてると、司会者が「お相撲ですか?」

で、フィナーレですが、なんと歌わなかった!
スケジュールにも「フィナーレ」って書いてあったのに、アーティストたちは客席に手を振っただけで終わり。
それでもフィナーレというのかしら?
カーテンコールって感じ。
いつもはみんなで1曲歌うのに、なんで今年はなかったのかなあ。

今日もライブを楽しみ、板昆布を買って帰りました。

チラシに今まで開催されたSharingの記録が記載されてました。
呼びかけ人の庄野さんや田川さんは毎回参加されているのは別として、
他の出演者では真二が一番多いかも?
新宿でのSharingは今年で8回目。
真二は6回出演している。
4回・・・中川五郎、四角佳子など
3回・・・マイク真木、青木まり子、鈴木康博など

来年開催されたら、来年も参加してくれるかな。

2018031715570000.jpg


♪春(仮題) (ag)
♪キャンディ (p)
♪タイムトラベル (p)



真二@ライブ歌謡選抜Vol.3 (ライブ)
2018年02月24日 (土) | 編集 |
ライブ歌謡選抜 Vol.3 ライブ
東京・Space emo 池袋
2018年2月23日(金)20:30〜


ラジオ収録あと、一旦真二はステージを下がり、15分の休憩時間にセッティング。
20時35分ぐらいに長井さんと真二が出てきたけど、
「今、セッティング中なので、(真二のことは)見えないと思ってください。モザイクかけてます。準備をする姿を見るのもなかなかないですよね」
真二のセッティングが終わったら、「はい、いいです」
「それでは原田真二さんのライブをお楽しみください!」

「1時間のトークでも話し足りない感じで、まだ話したいので、ライブの時間もトークしたいぐらい」
それではトーク&ライブがトーク&トークになっちゃう。
「でも僕は音楽家で、ライブをするのが本分なので、ライブをします。短い時間ですが、おつきあいよろしくお願いします」

まずはアコギで♪Make it a Paradise
Yeah!の声がすごかったので、「さっきのですでに温まってますよね」

「よく来てくれてる人もいますが、今日初めて僕のライブを見ますって人はいますか?
何人か手が挙がりました。
「38年の空白があっても、これなら知ってるという曲をやります。♪キャンディです」
キーボードに移動して、♪キャンディキャンディ。
「早く止めて!イントロから手拍子をしちゃって、わざとらしいじゃん!(笑)」
よく♪キャンディキャンディと間違えられたというエピソードを話しながら、
「今では♪キャンディキャンディすら知らないって人もいますよね。アニメだから誰でも知ってると思いがちだけど、そうでもないかもしれない。最近だとキャンディポップだね」
ここで場内反応が薄く、「え?キャンディポップを知らないの?あれ〜TWICEだよ」
真二は最近の音楽シーンをちゃんとチェックしてるのね。
で、本物の♪キャンディです。
次は♪シャドーボクサー
♪真実も逃げるさ〜のところは真二がみんなに"歌ってね"みたいなアイコン
ト。
ちゃんと歌いましたよ〜

♪下柚木の丘はいつだっての前には、校歌のエピソードや平和への思いを語ってました。
そして「歌詞は稚拙ではあるけど、思いはとても込めてます」
もちろん曲は♪OUR SONGです。
いつもエンディングの盛り上がりがすごいなあと思っちゃう。

「皆さんにも歌ってもらいましょう!」
今日の♪タイムトラベルは♪ここは池袋ではなく、♪ここは"ブクロ"だったので、ウケてたよ。
ギターに移動して、「そろそろ時間になったので、最後となります。いつもはバンドでやってる曲です」
♪Modern Visionのアコギバージョンです。

そしてアンコールは「やはり僕の原点。ギターで作ったんですけど、デビューは違いましたね」
デビュー曲の♪てぃーんずぶるーすで締めでした。

♪Make it a Paradise (ag)
♪キャンディ (p)
♪シャドーボクサー (p)
♪下柚木の丘はいつだって (p)
♪OUR SONG (p)
♪タイムトラベル (p)
♪Modern Vision (ag)

〜アンコール〜
♪てぃーんずぶるーす (ag)